POCO、ついに日本上陸!6月23日に新製品発表会を開催、Snapdragon 8 Gen 1を搭載するPOCO F4 GTを国内投入か

POCO ついに日本上陸!
こんにちは、かのあゆです。Xiaomiのサブブランド、POCOがついに日本上陸です!5月にグローバルモデルが発表されたPOCO F4 GTで技適の電磁表示が可能になっていることが報告され、同じタイミングでTwitterに「POCO Japan」公式アカウントが開設されていたことから、近い将来日本に進出することが噂されていましたが、ついに6月23日に日本向けの新製品発表イベントがオンライン開催されます。

スポンサーリンク

POCO Japanの該当ツイートはこちら

1.投入されるモデルは「POCO F4 GT」か

POCO F4 GT
POCOブランドのスマートフォンは低価格なエントリーモデルから高性能モデルまでラインナップされていますが、日本展開第一弾として投入されるモデルは「POCO F4 GT」になるようです。

スポンサーリンク

グローバルモデルがすでにAliExpressなどの海外サイトで販売中ですし、ウインタブでも製品紹介記事を掲載済みですが、POCOブランドのスマートフォンとしては珍しく技適の電磁表示に対応しており、国内主要4大キャリアの回線をフルサポートしています。

POCO F4 GTはXiaomiブランドで展開しているXiaomi 12/Xiaomi 12 Proと同じくハイエンドCPUのQualcomm Snapdragon 8 Gen 1とリフレッシュレート120Hz表示をサポートする6.67インチFHD AMOLEDディスプレイを搭載した高性能なスマートフォンです。RAM 8GB/ストレージ128GBモデルとRAM 12GB/ストレージ256GBモデルがあり、AliExpressでは現在469ドル(8GB/128GBモデルの場合)で販売中です。

ちなみにPOCO Japan公式アカウントが投稿しているティザー画像はグローバル版POCO F4 5Gのときに使われていたものと同じです。確かにPOCO F4 GTなら「フラッグシップキラー」と名乗るのにふさわしい端末かもしれません。

2.まとめ

Xiaomi Pocophone F1

Pocophone F1

POCOブランド最初の製品となるPocophone F1が登場したのは2018年のことです。当時はまだPOCOやRedmiはおろか、Xiaomiすら日本国内での正規販売をしていなかったので、まさかPOCOブランドのスマートフォンまで国内で購入できるようになるとは思ってもみませんでした。

ウインタブでもPOCOブランドのスマートフォンは何機種か実機レビューを行っていますが、どの機種も安価ながら満足度の高い端末となっています。円安の影響もありそうですし、国内価格がどのくらいになるのか予想できませんが、Redmiブランドのスマートフォンも購入しやすい価格帯になっていますので、POCOも購入しやすい価格帯に設定されそうな気がします。

今年発表されたSnapdragon 8 Gen 1搭載機は約11万円から20万円程度と、とても気軽に購入できるような値段ではなくなってしまったこともあり、「フラッグシップキラー」となることを謳っているPOCOブランドの価格がどのくらいになるのか(もっと言うと「どのくらい安いのか」)個人的にも楽しみにしています。

4.関連リンク

POCO Japan公式アカウント:Twitter
POCO F4 GT - 日本投入も期待できる?Snapdragon 8 Gen 1を搭載する最強のゲーミングPOCO

スポンサーリンク