OUKITEL C22 - Helio A22搭載のエントリースマホ。このデザインは「ちょっとやりすぎ」では?

OUKITEL C22
OUKITELがエントリースマホ「C22」を発売します。つい先日ライターのこうせつさんが「C21」の実機レビューをしたばかりなのですが、「もう後継機種?」と思ったら、どうやらそうではないようです。C21よりも全体的にスペックが低くなっていますし、デザインも「いろいろすごい」んですよね…。

スポンサーリンク

1.スペック

  OUKITEL C22
OS Android 10
CPU MediaTek Helio A22
RAM 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 5.86インチ(1,520 x 720)
LTEバンド B1/3/5/7/8/19/20/38/40/41
SIM Nano SIM ×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0(ウインタブ推定)
入出力 microUSB、microSDカードリーダー
カメラ イン8MP / アウト13MP+2MP+2MP
バッテリー 4,000mAh
サイズ 不明(厚さ8.9 mm)
重量 178.6 g

OSは最新のAndroid 11ではありませんが、中華のエントリースマホとしては十分新しいと言えるAndroid 10が搭載されています。おそらくカスタマイズが少ない「素のAndroid」に近いUIになっていると思います。

CPUはHelio A22。C21に搭載されているHelio P60よりも性能は低いです。Antutu(Ver.8)のスコアが7万点台ということなので、2020年の水準だと「エントリークラス」ですね。ただ、ゲーム向けの性能ではないものの、Androidの基本操作をする上では十分サクサク動いてくれると思います。

RAMは4GB、ストレージは128GBです。RAMはCPU性能から見て妥当、ストレージは十分な余裕があり、たくさんの写真や動画も保存できると思います。また、この製品はmicroSDカードによるストレージ拡張も可能です。

スポンサーリンク

ディスプレイは5.86インチのHD+解像度で、エントリークラスらしい仕様と言えます。また、C21がパンチホール型カメラ(ノッチ)を採用しているのに対し、こちらはずいぶんと大きなノッチが残されています。まあ、ここは「何かを狙っている」ということなんでしょうけど(後述します)。

OUKITEL C22
見えますね、「Androidスマホとしては」いまどき大きなノッチ。また、通信バンドですが、OUKITELは最近日本の技適を取得するケースが多いので、この製品も技適マークがつく可能性はありますね。

OUKITEL C22
カメラはイン側が8MP、アウト側は13MP+2MP+2MPのトリプルカメラです。見たことあるでしょ?このデザイン…。

2.筐体

OUKITEL C22
OUKITEL C22
へんに伏せ字を使っても仕方ないので、はっきり書きますが、「もろiPhone」ですねこれ。わざわざ前面のノッチを大きくしているのは「そういうこと」なんでしょう。筐体色は「Mint Green」と「Midnight Black」の2色がAliexpressの製品ページにありました。

OUKITEL C22
エッジ部分は2.5D曲面になっていて、見た目に美しい、という感じです。筐体素材はおそらくプラスティックと思われます。C21の実機レビューでは「高級感はありませんが、強い主張もない、持っていてちょうどよいと感じました」という評価になっていましたので、C22も「価格なり以上」の仕上げになっていると思います。

3.価格など

OUKITEL C22はAliexpress内のOUKITEL Official Storeに製品ページがあり、一応「販売中」のステイタスになっていますが、配送が12月4日と結構先です。また、表示価格も191.98ドル(20,485円)と、よりスペックの高いC21と比較しても高価なことから、近日中に発売記念セールが開催されるものと思われます。非常に無責任に予想すると「100ドル前後」くらいまでは行くんじゃないか、と思いますね(あくまで無責任な予想)。

筐体のところでご説明したとおり、「iPhoneそっくり」なデザインのエントリースマホです。これがAndroidユーザーに受け入れられるのかはよくわかりませんが、ネタ的には面白いんじゃないか、と。また、実売価格次第ではウインタブ読者の2台目、3台目のスマホとしても悪くないと思います。

4.関連リンク

OUKITEL C22:OUKITEL Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク