Trig Key Green G2 - 新世代CPU Intel Celeron N5095搭載の手頃なミニPCがBanggoodに登場!

trig key green g2
こんにちは、natsukiです。パソコンのひとつのジャンルとして、ずいぶん普及してきた感のあるミニPCですが、また、なかなかよさそうな製品が発売されました。注目どころは、CPUに新世代のCeleron N5095を搭載しているというところ。手ごろな価格で、構成もミニPCとして欲しい機能をきっちり押さえた製品になっています。

スポンサーリンク

1.スペック

Trig Key Green G2
OS
Windows 10 (11へのアップデート対象)
CPU
Intel Celeron N5095 (4コア)
外部GPU
なし
RAM
8GB / 16GB
ストレージ
SSD 256GB / 512GB (M.2 2280 SATA3)
2.5インチSATA SSD増設可能
光学ドライブ
なし
ディスプレイ
なし
ネットワーク
802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力
USB Type-C、USB 3.0×4、
HDMI×2、LAN、3.5mmイヤホンジャック、DC-IN
カメラ
なし
バッテリー
なし
サイズ
124 × 113 × 41 mm
重量
295g

spec
スペックは、ミニPCとしてオーソドックスな構成となります。一番の注目どころは、CPUにCeleron N5095を搭載しているところ。このN5095は開発コードネームJasper Lakeの4コアCPUで、Celeronとしては高い処理性能になっていることが期待されます。とはいえ、あくまでCeleronなので、用途はオフィスワークや基本的な画像編集機能でしょう。動画編集や3Dゲームは荷が重い一方、イラスト作成は、クリスタで線画なら十分いける能力があります。

Banggoodの製品ページの説明によれば、Windows 11へのアップデートも可能とのことです。また、HomeかProかは記載がありませんので、おそらくHomeだと思われます。

RAMとストレージは連動していて、「RAM 8GB – ストレージ 256GB」「RAM 16GB – ストレージ 512GB」の2つのバリエーションがあります。RAMのスロットは2つ。16GBのときは8GB×2となるそうですが、8GBのときはどうなのかは分かりません。デフォルトのストレージは、M.2 2280スロットのSATA3で、ミニPCなので換装は可能と思われます。また、2.5インチSATAスロットが空いているので、増設はこちらに行うのが手軽です。接続はNVMeではなくSATAなわけですが、CPUがCeleronであることを考えると、パフォーマンス上からは十分だと思います。

スポンサーリンク

ネットワークをみると、Bluetoothは5.0。Wi-FiがWi-Fi6に対応していないのは惜しいところですが、ここは価格帯を考えれば、やむを得ないでしょう。

2.筐体

overview
筐体も、ミニPCとして比較的オーソドックスな作りです。

size
サイズ感は、十分に「ミニ」です。なお、冷却ファンはしっかり付いています。

port
ポート類はこちら。USB3.0は前後に振り分けられているので、比較的使いやすい配置かと思います。HDMIは2つあって、デュアルディスプレイが可能です。なお、USB Type-Cについて、映像出力ができるかなどの細かいスペックは分かりません。不満があるとすれば、(micro)SDカードスロットがないことくらいですかね。

exploded view
内部構造はこのようになっています。SSDなど、内部へのアクセスは底板を外して行うようです。また、素材は、基本的にプラスチック。通気口と底板は金属素材ということのようです。

3.まとめと価格

この「Trig Key Green G2」は、Banggoodで発売プレオーダーセール中です。プレオーダーお約束の、早い者勝ちで価格が上がっていくスタイルで、すいません、ちょっと情報が遅くなってしまって、「RAM 8GB – ストレージ 256GB」の構成は、最安のロットは売り切れてしまいました。記事執筆現在のプレオーダー価格は、以下の通りです。

RAM 8GB – ストレージ 256GB : 209.99ドル(24,351円)、送料無料
RAM 16GB – ストレージ 512GB : 259.99ドル(30,149円)、送料2.79ドル(324円)
いずれも、このスペックであれば十分にお買い得な価格かと思います。

この製品の魅力は、なんといっても最新世代のCeleron N5095を積んでいるというところ。その実力のほどが気になります。また、ストレージ512GBのラインアップがあるのも嬉しい。一方気になるのは、「Trig Key」がほとんど知名度のないメーカーだということですね。いちおう、ミニPCをいろいろとラインナップしているメーカーではあるようですが、全体的な品質や、最近はあまり聞かなくなったものの、Windowsのライセンスが大丈夫かなど一抹の不安はあります。そういう意味では、まだ「いろいろと分かった人向け」の製品です。それでもやはり、この価格でこの構成はなかなか魅力的なんじゃないでしょうか。

4.関連リンク

Trig Key Green G2(ストレージ256GB、RAM 8GB):Banggood
Trig Key Green G2(ストレージ512GB、RAM16GB):Banggood

スポンサーリンク