OPPO AX7 - 3万円ちょっとで購入できる、バランスの取れたスペックの6.2インチ「みんなが使いやすいスマホ」

公開日: : Android , ,

OPPO AX7
日本でも積極的に新製品をリリースしている中国の大手メーカー「OPPO」がまたまたニューモデル「R17 Pro」と「AX7」の日本発売を発表しました。この記事ではまず、税込みで3万円強というリーズナブルなミッドレンジモデル「AX7」を紹介します。全体的に余裕のあるスペックですし、カメラ性能も十分なものとなっています。OPPOのキャッチフレーズは「みんなが使いやすいスマホ」です。

スポンサーリンク

1.スペック

OPPO AX7
OSはAndroid 8.1ベースのOPPO独自UI「ColorOS 5.2」が搭載され、お気に入りのアプリがすぐに呼び出せる「スマートサイドバー」などの機能があります。ウインタブでは中華スマホ(日本に正規代理店や日本法人をもたない、新興メーカーの製品)を紹介することが多く「素のAndroidが一番」という趣旨のことをよく書いていますが、それはあくまで「日本語化」に不安があるからで、この製品のように販売時点で完全に日本仕様になっているものについては独自UIも魅力的だと思っています。

OPPO AX7
これがColorOSです。真ん中の画像が「スマートサイドバー」ですね。

CPUはSnapdragon 450です。400番台というと、「大したことない」と考えがちですが、Antutuベンチマーク(Ver.7)のスコアは7万点台半ばくらいなので、MediaTek Helio P23(8万点台前半くらい)やSnapdragon 625(7万点台後半くらい)よりも若干劣り、MediaTek MT6750T(5万点台後半くらい)よりもずっと高性能、という感じになります。なので、低スペック機が好きなウインタブ的には「全然性能いいでしょ?」というくらいです。

RAMは4GB、ストレージは64GBと上位モデルに匹敵する余裕があります。また、ディスプレイは

OPPO AX7
6.2インチの「水滴型ノッチディスプレイ」です。画像のように、ノッチ部分が非常に小さくなっています。世の中もはや単に「ノッチ」というだけでは十分ではなく、「いかにノッチを小さくするか」という方向に関心が向いているように思われます。

ただし、解像度は1,520 × 720なので、「HD+」ということになります。上位モデルだとFHD+という、さらに高解像なものが一般的になっていますが、価格帯を考えればこの点は「さすがに仕方ないね」と思います。

また、この製品はnanoSIMを2枚とmicroSDカードを1枚同時に使用できます。多くの場合、SIM2枚もしくはSIM1枚+microSDという組み合わせでしか使えませんので、この点は大きなメリットと言えそうです。

スポンサーリンク

また、カメラも高性能です。特にインカメラが16MPと高画素数になっていて、セルフィー(自撮り)に向きます。

OPPO AX7
「ARステッカー」という機能も搭載していて、より楽しい写真撮影が可能です。ま、私のようなおっさんにはあんまり関係ないかもしれないですけど…。

バッテリー容量は4,230 mAhと大きく、AIによるバッテリー管理システムも搭載していて、長時間稼働が可能です(稼働時間は公表されていません)。

2.筐体

OPPO AX7
日本向けのSIMフリースマホとしては決して高価ではない製品ですが、前面の水滴型ノッチによりワンランク上の外観になっていると思います。筐体色はゴールドとブルーの2色。

OPPO AX7
「バックミラーテクスチャの3Dヒートカーブシート&グレーティングパターン」というのが背面の説明なのですが、カタカナが多すぎてよくわからん、というのが正直なところ。ただ、この画像を見ると背面には細かい縦縞(ストライプ)が入っていて、表面は鏡面仕上げになっているようです。

実機を手にとっていないのでなんとも言えませんが、おそらく筐体の質感は非常に高いものと思われます。

3.価格など

OPPO AX7は12月中旬以降の発売予定で、Amazonなどの通販サイトや家電量販店、MVNOキャリアなどで販売されます。11月26日現在、Amazonでは予約注文を受け付けていて、価格は税込み32,270円となっています。

SIMフリースマホはキャリアモデルとは異なり、余計な契約の縛りがないぶん、販売価格はどうしても高くなってしまいます。実際ハイスペック機だと10万円くらいしますもんね。それを考えるとこの製品は比較的購入しやすい価格になっている上、ゲーマーでなければ十分使えるくらいの性能は確保していますし、RAMやストレージ容量にも余裕があります。そして、カメラ性能にも期待できそうです。なんかOPPOが短期間で世界有数のスマホメーカーに成長したのもわかるような気がしますね。

4.関連リンク

AX7:OPPO
OPPO AX7(ブルー):Amazon
OPPO AX7(ゴールド):Amazon

スポンサーリンク

Comment

  1. かぜ より:

    背面カメラの縁取りとかカッコいいですね

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは。なんだかんだ言ってOPPOの製品はカッコいいと私も思います。また、価格競争力がかなり強いと感じますね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑