HOTWAV Magic 13 - ちゃんとLTEも使えるしRAM2GB/ストレージ16GBの8,000円スマホ、実際にどうなのかはよく知らんがな

公開日: : Android , ,

HOTWAV Magic 13
「中華ガジェット」というと、どうしても安かろう、悪かろうのイメージを持ちがちになるのは私だけではないと思います。5年以上前に遡ると、iPadのパクリとしか思えないような超激安Androidタブレットを秋葉原でみつけて、「これは地雷なんだろうな」と思って買ったらやっぱりひどかった、という経験をされた方も少なくないと思います。一方で現代を見てみると、スマホに関してはXiaomiやOPPOなど、世界的に見ても大手企業が台頭していて、これらのメーカーが送り出す製品は「安かろう悪かろう」なんてとんでもない!という感じです。世界的に見て日本メーカーのスマホよりも大きな売上を誇っていますしね。

スポンサーリンク

しかし、そうは言っても次々に新興メーカーが登場し、さらなる激安製品を出してくるのが中国市場の面白いところです。今回紹介する「HOTWAV Magic 13」は中国の通販サイトでも一部でしか取り扱われておらず、どちらかと言うとアフリカとかのさらなる新興市場向けの製品のようです。また、HOTWAV製品を積極的にレビューしている海外のサイトからは「HOTWAVは絶対に買うな!」などとディスられていたりして、なかなか香ばしさの漂うメーカーさんだなあ、と思ったりもします。しかし、「昔の意味合いで言う中華ガジェットなのね」、と思うと記事を書かずにいられませんでした。

1.スペック

HOTWAV Magic 13
7月12日現在、この製品は中国の通販サイト「TOMTOP」で74.99ドル(8,339円)で販売されています。1万円スマホ以下の「8,000円スマホ」ですね。しかし、その前提でスペック表を見ると、大健闘していると思いませんか?

OSはAndroid 7.0で、最新じゃありませんけど全然許容範囲です。CPUはMT6737、RAMは2GB、ストレージは16GBですから典型的なエントリースペックとなりますが、RAMが1GBだったりストレージが8GBだったりということはないですし、この構成であればAndroidの基本操作(スクロールやセンサーボタンの反応、アプリの起動など)でカクカクするとかもありません。確かにゲームだと動作が厳しいものも出てきますが、非ゲームのアプリであればサクサク動くでしょう。

ディスプレイは5インチで流行の縦長スタイルではなく、一般的な形状(アスペクト比16:9)でHD解像度となります。アスペクト比18:9とか、流行のデザインにしたいというのはありますけど、この製品のディスプレイで使いにくいということもありません。普通に使えますね。

スポンサーリンク

HOTWAV Magic 13
カメラに至っては、そこらへんの1万円スマホよりも上等です。イン8MP、アウト13MPで、デュアルレンズじゃないものの、画素数に関してはかなり頑張っている印象があります。表示されている画素数なりの撮影品質であればインカメラでのセルフィーとか、アウトカメラでのスナップ写真とかがキレイに写せそうです。

サイズも、この製品の価格を考慮すれば文句のつけどころはありません。「もっと薄く、もっと軽く」という注文をつけられるような価格帯じゃないですよね。

2.筐体

HOTWAV Magic 13
はっきり言って個性的とは思えません。また背面を見ても指紋センサーは見当たりません。前面下部にはセンサーボタンを温存し、縦長スマホやベゼルレススマホが幅を利かせる2018年だとやや古臭い感じもしないではありません。

しかし、逆に言えば必要以上に安っぽく見えるとかもないですね。筐体素材はプラスティックだと思いますし、きっとあまり高級な感じはしないんでしょうけど、これで悪いということもないです。

HOTWAV Magic 13
筐体色はブラックとゴールドの2色です。

3.価格など

HOTWAV Magic 13は中国の通販サイトTOMTOP、Gearbestに製品ページがあり、7月12日現在だとTOMTOPが圧倒的に安く、なんと74.99ドル(8,339円)です。

Google検索で「HOTWAV」と入れてみると、ケニアやUAEの通販サイトが上位に表示されますので、その時点で何となく察するところはあります。しかし、スペック表を見る限り、この製品はLTEにも対応しますし、エントリークラスとして最低限快適に使えるくらいの実力はありそうです。そして8,000円台で買えてしまいます。

実現するのかどうかわかりませんが、できればウインタブで実機レビューをさせてもらいたい製品ではあります。記事中に引用した海外サイトのレビュー記事(HOTWAVの別の製品です)を見ると「2日に1回勝手にリブートする」みたいなことも書いてありますし、まあ総じて「発展途上なメーカー」であり「発展途上なスマホ」なんだろうと思います。

…で、みなさん好きでしょ?こういうの…。

4.関連リンク

HOTWAV Magic 13:TOMTOP
HOTWAV Magic 13:Gearbest

Comment

  1. 匿名 より:

    電池が燃えても文句言えない安さだ

  2. 匿名 より:

    そんな素性の怪しいウイルスバックドア入ってそうなブツにゃトキメキもしまてんwゴミ買って勝手にれびゅーしてればいいかとw

  3. なお より:

    自動再起動機能付きと思えば…

  4. 匿名 より:

    今は200ドルで十分良いスマホ買えるのに一か八か80ドルのスマホ買う必要あるのかね?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑