HOMTOM ZOJI Z9 - 5.7インチでIP68レベルの防水・防塵性能を持つアウトドアスマホ、バンド19にも対応するよ!

公開日: : Android , ,

HOMTOM ZOJI Z9
「ZOJI」というのは中国メーカー「HOMTOM」のサブブランドで、主にアウトドア系のスマホに使われています。以前はかなり低スペックかつ低価格なのがZOJIブランドの特徴でした。ウインタブでは以前「ZOJI Z7」という低価格なアウトドアスマホの実機レビューをしています。そんな経験から、ZOJIというのはコスパに優れた製品である、という印象があります。

スポンサーリンク

しかし、今回紹介する「ZOJI Z9」は相対的には低価格ですが100ドルスマホではありませんし、スペックのほうもミドル~ミッドハイくらいになっています。

1.スペック

HOMTOM ZOJI Z9
OSはまだ「最新」と言っていいであろうAndroid 8.1で、CPUはHelio P23、RAMは6GBでストレージは64GBと、かなり余裕のある構成になっています。Helio P23というCPUはハイエンドのゲーム(この表現でわかりますか?鉄拳とかAsphalt 9とかの、大容量で凝ったグラフィックのものです)を動かすには厳しいものの、それ以外であればほぼ不満なく操作できるくらいの実力はあります。

ディスプレイは5.7インチでアスペクト比18:9の縦長タイプですが、解像度の方はやや低くHD+にとどまります。ディスプレイのガラスはゴリラガラスが使われていますね。

また、この製品は非常に多くの通信バンドに対応します。特にバンド19に対応するというのは大きいと思います。入出力ポートはUSB Type-Cでイヤホンジャックなしです。アウトドアスマホなんで「穴は少ないほうがいい」というのがあると思いますので、これは仕方ないかな…。

HOMTOM ZOJI Z9
ユニークな機能として、心拍センサーがあります。実際この機能がどのくらい役立つのかはちょっとわかりませんが、スマートウォッチなんかの定番機能ですよね。

HOMTOM ZOJI Z9
もはや中華スマホでも珍しくもなんともない「顔認証」にももちろん対応します。指紋センサーもついていますので、「2種類の生体認証が可能」ということになります。ただこれも最近の中華スマホだと「普通」になってます。

HOMTOM ZOJI Z9
バッテリーは5,500 mAh。10,000 mAh越えのバッテリー容量を誇る製品もありますので、数値としては目立たなくなっていますが、それでもスマホ用バッテリーとしては十分大容量だと思います。このくらいあれば常識的には終日大丈夫だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

カメラについては通販サイトごとに記述が違っていまして、「出来上がり」のイン13MP/アウト21MPという部分は同じなのですが、Banggoodなどでは「イン8MP/アウト16MP(ソフトウェア補間によりイン13MP/アウト21MP)」という記載になっていました。メーカーサイトにはソフトウェア補間についての記載がなかったので、この点について真相は不明です。

同様に、サイズについても通販サイトごとに相違があります。この製品はTOMTOPとタイアップしてプレオーダーセールをしているようなので、とりあえずTOMTOPの数値を記載しています。

2.筐体

HOMTOM ZOJI Z9
HOMTOM ZOJI Z9
カラーバリエーションは「グリーン」と「オレンジ」ですが、ご覧の通りブラック基調でアクセントカラーがそれぞれの筐体色となります。側面部分が目立つので、筐体の持つ雰囲気としては「いかにも」なアウトドアスマホですよね!背面は「鏡面仕上げ」になっています。IP68レベルの防水・防塵性能があるタフネスな製品ですから、筐体素材も耐衝撃性を優先にしていると思います。背面はおそらくプラスティック、側面はラバー系素材となっているはずです。また、上にも記載していますが、前面ガラスはゴリラガラスです。

HOMTOM ZOJI Z9
左側面のみ画像が取れなかったのですが、上下面と右側面の画像がありました。イヤホンジャックはなく、USB Type-Cポートはパッキンで覆われていますね。

HOMTOM ZOJI Z9
一応左側面もこの画像である程度わかります。左側面にはやはりパッキンで覆われたSIMスロット(microSDスロットも兼ねています)があるのみです。ひところ中国のアウトドアスマホには「PTT(トランシーバーのようにボタンを押しながら通話する機能)ボタン」や「SOS(長押しするとあらかじめ登録していたメールアドレスにGPS情報がメールされる機能)ボタン」などがありましたが、最新モデルにはこのようなボタンがついていないケースが多くなっていて、この製品にもそれらのボタンはありません。

3.価格など

HOMTOM ZOJI Z9は中国の通販サイト各社で販売中、あるいは「入荷お知らせ」のステイタスになっていて、8月10日現在で最も低価格なのはTOMTOPの229.99ドル(25,888円)です。TOMTOPはメーカーとタイアップしてのプレセールということなので、当面(8月24日まで)は最安値を維持するものと思われます。

この製品のあら捜しをするとしたら、ミドル~ミッドハイ機であるにもかかわらず、ディスプレイ解像度がHD+どまり、というくらいだと思います。それ以外は価格に見合う、いや価格以上の品質に仕上がっていると言えるでしょう。また、デザインもこのジャンルの製品が好きな人に向くといいますか、「王道のアウトドアスマホ」という感じがします。

4.関連リンク

HOMTOM ZOJI Z9:TOMTOP
HOMTOM ZOJI Z9:Banggood
ZOJI Z9:Gearbest

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑