DOOGEE S50 - DOOGEEのタフネスシリーズに最新のトレンドを取り入れたモデルが登場!(壁)

公開日: : Android , , ,

DOOGEE S60
こんにちは、壁です。先日、CAT S41をご紹介しましたが、今度は中華のタフネスモデルを紹介したいと思います。DOOGEEの最新タフネススマホ、S50です。DOOGEEのラインナップではSシリーズがタフネス系モデルとなっており、その中ではアッパーミドルという位置付けのようです。しかし、細かいスペックを見ていくとフラッグシップモデルよりも上というところがいくつかあります。

スポンサーリンク

1.スペック

DOOGEE S60 スペック表
DOOGEE S60と比べると、ディスプレイサイズが18:9になっていることと、カメラがフロント、リアともにデュアルセンサーになっているのが大きな違いです。

OSはAndroid 7.1。特にカスタマイズされていない素のAndroidと思われます。SoC周りはMedia-Tek Helio P23 オクタコア2.5GHz、RAMは6GB、ストレージは64GBもしくは128GBとなっています。128GBというのはフラッグシップモデルより大幅増になってますね。バッテリーは5,180mAhと大容量です。ただし、S60よりは400mAh少なくなってます。また、S60はワイヤレス充電に対応していましたが、S50では対応していません。

LTEバンドを見ると、Band19をサポートして驚かせたS60でしたが、S50は中華スマホとしてはごく標準的な対応バンドに戻りました。SIMスロットはnano SIMサイズの2つで4G+3Gの待ち受けに対応。片方はmicroSDと排他となってます。microSDは256GBまで対応。

DOOGEE S60
ディスプレイサイズは5.7インチと拡大しましたが、解像度はHD+となっています。カメラはリアが16MPと13MP、フロントが16MPと8MPの構成です。カタログスペックは立派でこれだけ見るといい感じに撮れそうな期待を抱きますが、そうはいかないのが中華スマホだったりします(笑)。でも、それなりには撮れると思います。

DOOGEE S60
そして、このフロントカメラを利用しての顔認証システムを新たに追加しています。指紋認証もサポートし、センサーは背面にあります。防水防塵にもちろん対応し、最高グレードのIP68の性能を確保。公式ホームページには「水深1.5mの水の中に24時間入れててもちゃんと動くよ」という記述があり、その性能をアピールしています。特にMILスペックの認証を受けているわけではないようですが、外装に衝撃吸収性に優れたTPU素材を採用し耐衝撃性能も備えています。

スポンサーリンク

ところで、公式のスペック表を見てみると対応言語に日本語がありません。実機ではどうなっているの確認のしようがないですが、気になるところです。ちなみに、S60もスペック表には日本語対応の記述がありませんが、セットアップを進めていくと、日本語も選べるようです。

2.デザイン

DOOGEE S60
S60のメカニカルなデザインからうって変わって、今度は黒基調のカラーリングとなりました。カラーバリエーションはFire OrengeとMineral Blackの2つです。個人的にはFire Orengeの方がアクセントが効いててカッコいいと思いますね。

外装の素材は先に述べたように耐衝撃性能に優れたTPU樹脂とポリカーボネート樹脂という構成です。この素材であれば握った時の滑りにくさも実現しているかと思います。

3.5mmオーディオジャックとUSBはキャップで開閉する構造になっています。SIMトレイへのアクセスはカバーを外して、付属のSIMピンでアクセスします。側面を見てて「あれ?」と思ったのが、DOOGEE S60には装備されていた「SOSボタン」のようなものが見当たりません。なるほど、だからシンプルに見えるのですね。

あと、ちょっと細かいところですが、ナビゲーションキーがディスプレイ外にあります。恐らく、ZTE AXON 7などと同様にナビゲーションキーの配置を変更できるものと思われます。大画面を楽しむならナビゲーションキーはディスプレイ外にあった方がいいんじゃないかなと個人的には思います。

3.まとめ

DOOGEE S60
こうして見てみると、確かに最新トレンドを取り入れていますが、ディスプレイ解像度やバッテリー容量、ワイヤレス充電の有無などでフラッグシップモデルとなるS60に差を設けていることが分かります。

DOOGEE S50は64GB版が中国の通販サイト「Banngood」でプレオーダー中で、3月23日現在の価格は219.99ドル(23,990円、プレオーダー特価)となっています(128GB版はまだ販売がスタートしていません)。一方で、S60は29,442円となっているので、やはりS60の方が上位モデルという位置付けなのでしょう。しかしながら、SoCなどの基本スペックはほぼ同等となっており選択に悩ましいところですね。洗練されたデザインのS50か、武骨でメカニカルなデザインのS60か、スペックよりはデザインで判断するのもいいと思います。もしかすると、これからの中華タフネススマホは、こういったデザインがトレンドになるのかもしれません。そういう意味ではこのS50は一つの指標になりそうです。

4.関連リンク

DOOGEE S50(64GB):Banggood
DOOGEE S50(128GB):Banggood

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑