CUBOT X18 Plus - 2万円を切る価格で購入できる、充実スペックの縦長スマホ

公開日: : 最終更新日:2018/03/22 Android , ,

Cubot X18 Plus
先日ライターのかのあゆさんに「CUBOT X18」というエントリークラスの縦長(アスペクト比18:9)スマホを紹介していただいたのですが、今回は「CUBOT X18 Plus」を紹介します。同じ製品名で「無印」と「Plus」なので、CPU違いかな、と思ったのですが、そうではなくて、スペックのほぼ全部が異なります。とはいえ、性能的にはミドルスペックくらいで、価格も低めなので、日本で人気が出るかも知れません。

スポンサーリンク

1.スペック

Cubot X18 Plus スペック表
記事の冒頭に書いたとおり、この「X18 Plus」の他に「X18」という製品が存在しますが、ディスプレイサイズからして全然違ってまして、同じなのはアスペクト比(18:9)だけ、と言っていいくらいに別物なので、X18といちいち比較することなく、普通の新製品として説明していきます。

OSは最新のAndroid 8.0です。CPUはMT6750Tなので、Antutuスコア(Wer.6)が4万点台なかばくらいになります。RAMは4GB、ストレージは64GBで、「RAMとストレージ容量にゆとりのあるミドルスペック・スマホ」くらいに考えておけばいいと思います。

ディスプレイは5.99インチで解像度2,160 × 1,080ですから、「FHDを縦に伸ばした」感じですね。100ドル台なかばくらいで購入できる製品なので、この解像度は高く評価していいと思います。また、カメラも画素数だけ見ればかなり高性能です。ウインタブではこれまでにCUBOTの製品をレビューしたことがありませんので、数値面では素晴らしいと思いますが、実際の画質についてはなんとも言えません。

2.筐体

CUBOT X18 Plus
製品ページを見る限り、流行の縦長スタイルで、とても美しい筐体に見えます。しかし、X18の紹介記事でかのあゆさんが「この画像は盛ってる(画像加工している)」という指摘をしていましたので、YouTubeで実機を撮影した動画を探してみました。ここから先、下記の2本の動画を引用元として説明していきます。


まず、「ベゼル幅」から見てみましょう。

Cubot X18 Plus
なんか、X18(無印)のほうは製品ページとはかなり違っていて、割とベゼル幅が太いと思ったのですが、X18 Plusはそんな感じではないですね。ベゼル幅は十分細いと思います。

スポンサーリンク

Cubot X18 Plus
画像左側は「Elephone U Pro」とのこと。Elephone U Proはこの製品と同じディスプレイサイズ、同じアスペクト比なのですが、ミッドハイ~ハイスペッククラスの製品で価格もずっと高価(X18 Plusの2倍以上)です。

こうして比較してみると、同じディスプレイサイズながら、X18 Plusのほうが筐体が大きく、前面ガラスの曲面処理も小さめ(Elephoneのほうが丸みが大きく、美しく見えます)です。なので、「Elephoneの勝ち」なんでしょうけど、価格が全然違いますので、むしろX18 Plusが健闘しているのだ、ということも出来ます。

Cubot X18 Plus
Cubot X18 Plus
上面と下面です。エッジ部分がきれいにラウンドしていて、なかなかカッコいいと思います。また、イヤフォンジャックは温存され、USBはType-CではなくmicroUSBですね。スピーカーは一見ステレオに見えますが、おそらくモノラルだと思います。

Cubot X18 Plus
側面です。この製品は厚さが8.5 mmなので、高級機のような薄さではないものの、170 g台の重量と合わせ、悪くないサイズ感だと思います。

Cubot X18 Plus
あと、カラバリですが、これまで掲載してきた「ブラック」の他に「ブルー」もあります。

3.価格など

CUBOT X18 Plusは中国の通販サイト各社で販売中で、TOMTOPでは169.99ドル(19,294円)、Gearbestでも169.99ドル(18,476円)でともにプレオーダー中となっています。出荷開始はTOMTOPが早く、3月29日以降の予定です。また、Banggoodにも製品ページがありますが、3月20日現在、まだ販売が開始されていません。

このスペックで2万円弱、というのはとても魅力的だと感じます。一方でX18(無印)のほうもエントリースペックながら1万3千円前後で購入できますので、これもまた素晴らしいコスパかと思います。どっちがいいかは人によりますけど、2万円というのが予算オーバーでなければX18 Plusのほうがあらゆる面でゆとりのあるスペックになっていますので、X18 Plusにしといたほうが長く愛用できるかも知れません。

4.関連リンク

CUBOT X18 Plus:TOMTOP
Cubot X18 Plus:Banggood
CUBOT X18 Plus:Gearbest
※TOMTOPからクーポンをもらいました。クーポンコード「DSCBX18P」で12ドルオフの157.99ドル(17,932円)になります。4月30日まで。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑