Blackview BV9900 - 街なかでも使えるデザインのアウトドアスマホ。高いスペックとタフネスさを両立しています

Blackview BV9900
中国のスマホメーカー「Blackview」が同社にとってハイエンドとなるアウトドアスマホ「BV9900」を発売しました。以前、「Blackviewはほぼアウトドアスマホ専業」とウインタブで説明した直後に「A80 Pro」という、良スペックのアウトドア向けではない低価格スマホが発売されたりして、少し申し訳ないと思っています。今回紹介するBV9900は「機能としてはアウトドアスマホ」ですが、街中でも目立つことなく使えるような、抑えめのデザインになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

Blackview BV9900
少し前にリリースされ、まだ十分最新モデルと言っていい「BV9800/BV9800 Pro」と比較すると、ちょっと方向づけが変わっているように思われます。単純に型番だけ見て「BV9800が旧型、BV9900が新型」とは言えないところもあります。

OSはAndroid 9と比較的新しく、CPUはHelio P90です。Webで情報収集してみたらAntutu(Ver.7)のスコアが16万点強なので、P60とかP70(14万点くらい)よりはワンランク上の性能になっています。また、RAMとストレージは他社のハイエンド機並みで、8GB/256GBと大容量です。このへんはBV9800シリーズよりも確実にスペックアップしていると言えます(BV9800はHelio P70/6GB/128GB)。

一方でディスプレイは一回り小さくなりました。5.84インチで解像度はFHD+です(BV9800シリーズは6.3インチ)。

Blackview BV9900
しかし、ノッチは非常に小さくなりました。「水滴型」としてはギリギリの小ささと言えるでしょう。

通信バンドは「相変わらずグローバル対応」です。この点はBlackview製品の大きな魅力だと思います。また、カメラもスペックアップしています。

Blackview BV9900
イン側が16MPでアウト側はクアッドレンズになりました。BV9800 Proではサーマルカメラを採用していましたが、BV9900ではその設定はありません。カメラについてはハード側のスペックがどんどん良くなっていますけど、中華スマホの場合は依然として「実機でテストしないと不安」ではあります。これで画質が悪かったらかなりショックですけど。

バッテリーは4,380 mAhと、一般的なスマホとしては十分な容量ですが、BV9800シリーズが6,580 mAhなので、ここでも「小さくなった」と言えます。ということで、ディスプレイサイズが小さくなり、バッテリーの容量も減ったため、サイズはかなりコンパクトになりました。

BV9900:156.5 x 78.3 x 14.2 mm / 264 g
BV9800:168.5 x 81 x 14.8 mm / 322 g

コンパクト、と言っても一般的なスマホよりは厚くて重いです。ただBV9800との比較では完全に一回り小さくなったと言えます。アウトドアスマホとしてどちらがいいのかというのは一概には言えませんが、街中ではBV9900のほうが使いやすいと思います。

スポンサーリンク

2.筐体

Blackview BV9900
背面を見ると、「ずいぶんあっさりしたなあ」と感じられます。アウトドアスマホっぽいゴツさが感じられないですよね?

Blackview BV9900
ただし、左右の側面を見ると、かなりの厚みがあり、やや強めのデコレーションも見られます。

Blackview BV9900
指紋センサーは右側面。

Blackview BV9900
また、側面の下部には気圧計、大気(大気汚染)センサー(!)、湿度計があります。しかし、「大気センサー」ってすごいですよね。

Blackview BV9900
背面の下部には心拍数系と紫外線照度計があります。この製品メーターだらけですね…。あとはそれぞれのメーターの正確性がどのくらいなのか気になります。特に大気センサー。

Blackview BV9900
メーカー提供のイメージ画像です。BV9900はBV9800シリーズよりもゴツさがかなり薄れましたが、IP68レベルの防水・防塵性能とミルスペック(MIL-STD-810G)準拠の堅牢性を備えています。このデザイン、このサイズ感の製品としては非常に素晴らしいですよね。ただ、傷つきはそれなりにするはずなので、そこまで考慮すると「傷つき上等」なデザインのBV9800シリーズのほうがいいのかも知れません。

3.価格など

Blackview BV9900はAliexpress内のBLACKVIEW Official Storeで販売中で、12月7日現在の価格は499.99ドル(55,169円)ですが、12月23日と24日にセールが予定されていて、329.99ドル(およそ36,420円)で購入できます。定価はともかく、セール価格のほうは非常に安いと感じられます。

BV9800と比較して、よく言えば「洗練され、普段使いがしやすくなった」、悪く言えば「立ち位置がよくわからない、中途半端」ということになると思います。アウトドアスマホが好きな人は、いつものゴツいデザインのほうが歓迎できると思います。一方で街中でも必要以上に目立つことなく普通に使いたい、という人も多いでしょう。

アウトドアスマホということではく、普通のスマホとして見てもスペックがかなり上がっていますので、メイン機として不足のない製品だと思います。

4.関連リンク

Blackview BV9900:BLACKVIEW Official Store

スポンサーリンク