Binai G10Max - 10.1インチでHelio X20搭載!いまだ数少ない高性能なAndroidタブレット

公開日: : Android , ,

Binai G10Max
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。10インチクラスのAndroidタブレットに関してはドスパラが「Diginnos Tablet DG-A97QT」が税抜き14,980円という激安価格で販売を再開したことにより、中華タブの価格競争力がかなり揺らいでしまったと思います。しかし、今回紹介する「Binai G10Max」はタブレットとしては非常に高性能でコスパも高いので、十分に存在感のある製品だと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

Binai G10Max
OSは「ぼちぼち新しい」Android 7.1で、CPUはHelio X20を搭載します。このCPUは上位クラスのスマホにも使われていて、Antutu(Ver.6)のスコアは9万点オーバーとなる高性能なものです。RAMは4GB、ストレージは64GBありますので、タブレットとしてはトップクラスの性能を発揮すると思います。

ディスプレイは10.1インチで、FHDを上回る2,560 × 1,600という高精細なものが搭載されます。この解像度はTeclast T8/T10CHUWI Hi 9など、日本でも人気の中華タブレットにも採用されていますので、いまや200ドルオーバーの中華タブでは標準レベルと言えそうです。もちろん大歓迎です。

また、この製品はLTE対応します。通信バンドは少ないものの、一応バンド1にも対応していますね。SIMの仕様については不明です。

Binai G10Max
これは「Binai G10」という別製品の画像ですが、これを見ると「標準SIM × 2 + microSD」という構造になっており、G10Maxについても同様の仕様である可能性が高いと思われます(ただし、G10とG10Maxは別筐体なので、異なる仕様の可能性もあります)。

カメラについてもアウト側13MPというのはタブレット製品としてはかなり高い画素数です。ただ、撮影品質については何とも言えません。また、サイズも10.1インチとしては標準的で、Teclast T10と比較しても横幅(長辺)がやや大きく、若干厚みがある程度で、使用感はほぼ同等と思われます。

スポンサーリンク

2.筐体

Binai G10Max
展開図(背面を除く)です。割とオーソドックスなレイアウトで、デザインも特に奇抜なものではありません。また、スピーカーが左右側面にありますので、音質は未知数ながらステレオ感はしっかり出ると思います。

Binai G10Max
背面です。この製品には「ゴールド」と「ブラック」の2色があります。実際にはもう少し多くのカラーバリエーションがあるようなのですが、おそらく中国の通販サイトでは「売れそうな色」しか在庫を持たないでしょうね。

背面上部にカバーがついていますが、これは「VOYO Q101」に似た構造と言え、このカバーの中にSIMスロットとmicroSDスロットがあるはずです。

Binai G10Max
筐体カバーの素材は「メタル(おそらくアルミ合金)」とのことです。私の経験上、中国メーカーの製品は製品画像を都合よく加工するケースがありますが、筐体素材を偽るケースはほとんどないので、おそらく本当に金属製だと思います。

Binai G10Max
また、この製品にはBluetooth接続のキーボードとスタイラスペンが用意されます(別売り、3月25日現在製品ページなし)。キーボードについてはヒンジつきということもなく、接続もBluetoothなので、どうしても純正品でないとダメ、ということはないでしょう。スタイラスペンについても筆圧に対応するのか不明です。筆圧対応するのが確実なら非常に魅力的なんですけどね。

3.価格など

Binai G10Maxは中国の通販サイト「Banggood」に製品ページがあり、3月25日現在「欲しいものリストに入れる」「入荷お知らせ」というステイタスになっていて、販売は開始されていません。参考価格は203.99ドル(22,071円)ですが、実売期にはもう少し価格が下がる可能性があります。

タブレットにより高い性能を求める人も多く、そういう人にとってこの製品は非常に魅力的に映るのではないかと思います。現状の200ドル強という価格でも十分に割安感がありますが、実売期に円ベースで2万円を切るようなことになると、日本にいる私達にしても一気に購入のハードルが下がるんじゃないでしょうか?あとは「Binai」というブランドが少なくともAndroidタブレットとしては知名度が低く、その点は少し不安も感じますけどね。

4.関連リンク

Binai G10Max:Banggood

Comment

  1. 匿名 より:

    この性能で2万前半とか有り得ないほど安いですね……
    これは買うかもしれにあ

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。確かに安いと思います。あとはこのメーカー、どうなんだろう?って思ってます。

  2. なお より:

    あっちはandroid6.0ですしね
    これはこれでよさそうですが

    • wintab より:

      なおさん、こんにちは、コメントありがとうございます。「あっち」は次いつ買えるかわからんし、っていうのもありますね。

  3. 匿名 より:

    Banggoodの本製品のProductDetailを見ると、アクティブタッチペンが付属することを大々的にうたっていますが、この価格でデジタイザ方式対応は考えにくいですね…。
    恐らくですが、Ciscleタッチペンのような静電発生方式のものが付いてくるということではないでしょうか。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。確かにおっしゃるとおりですが、200ドルでワコムデジタイザーを搭載した変態Windowsタブレットというのも過去にありまして…。

  4. 匿名 より:

    昨日Geekbuying届いたのですがどうやらGoogleの認証を受けてないようでPlayストアその他Google系のアプリ使えませんでした・・・
    認証を受けていないという警告?がずっと出続けているので電源切ってしまいました。
    現在返品手続き中です。

  5. 匿名 より:

    8.0に更新済みとなってます。
    カスタムロムではなく純粋なアンドロイドみたいです。
    しかし相変わらず警告が出てgoogleが使えず使い物になりません…
    geekbuyingからも音沙汰なしです…

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑