ASUS ZenFone Max Plus M1 - 5.7インチで縦長ディスプレイ採用、バランスの取れたミドルスペックのZenFoneが登場!

公開日: : Android , ,

ASUS ZenFone Max Plus M1
ASUSのZenFoneシリーズに新しいミドルスペック機が登場です。ZenFoneは高性能化が進んでいて、ZenFone 4なんかは税込みだと6万円越えになってしまってますが、今回発表された「ZenFone Max Plus」は税込みで3万円強で購入でき、トレンドの縦長ディスプレイを採用した製品です。ディスプレイだけでなく細部まで配慮が行き届いている、とても魅力的なスマホだと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS ZenFone Max Plus M1
CPUはウインタブでもおなじみのMT6750Tです。このCPUはAntutu(バージョン6)で4万点台半ばくらいのスコアになり、Snapdragon 626や660(ZenFone 4に使われています)などと比較すると性能面では劣りますが、もっぱらゲームをする、という人でなければ不満なく使えるくらいの実力はあります。

RAMは4GBと余裕があり、ストレージも32GBあります。最新の中華スマホだと低価格なものでもストレージ64GBというのが普通になってきていますが、32GBでも当面ストレージ不足を感じることはないだろうと思います。たくさんゲームをインストールしたり、写真撮影が趣味、という人には少し不足かもしれませんが、画像や動画をたくさん撮影する人はmicroSDカードを併用すれば大丈夫でしょう。

ディスプレイは流行のアスペクト比18:9となります。また解像度もHD(1,280 × 720)ベースではなく、FHD(1,920 × 1,080)ベースの「FHD+(2,160 × 1,080)」となっています。

カメラはしっかりアウト側がデュアルレンズです。ZenFoneシリーズはカメラには並々ならぬこだわりが感じられますので、この製品のカメラ品質も期待していいと思います。それと、この製品のインカメラは顔認証にも対応します。この「顔認証」というのも2018年のスマホではトレンドになっていますね。

ASUS ZenFone Max Plus M1
バッテリーは4,130mAhと大容量です。3Gであれば連続待受28日を実現していますし、「モバイルバッテリー」としても使えます。つまり、この製品を使って他のスマホなどのガジェットを充電することができます。4,130mAhなので、他のスマホを満充電するのは難しいと思いますが、「応急処置」くらいはできますね。

スポンサーリンク

サイズのほう、厚みがややありますが、横幅は73 mmですし、重量も160 gということなので、5.7インチサイズのスマホとしては十分にコンパクトだと言えるでしょう。ちなみに中華スマホでも縦長スタイルのものが増えていますが、概して重量は重く、ものによっては200 gを越えてしまうものもありますので、それらの製品と比べてしまうと、このデザインで160 gというのはかなり軽く感じます。

2.筐体

ASUS ZenFone Max Plus M1
筐体デザインはシンプルです。筐体素材は不明ですが、ZenFoneシリーズによく使われる「スピンメタル加工(同心円状の模様)」が入っていないこともあり、プラスティック製かも、と思いますが、もちろん安っぽさは感じられないです。

前面には物理ボタンやセンサーボタンは見当たりません。上下にベゼルが残されていますので、縦長タイプとは言え、ややトラディショナルなデザインと感じられます。また、背面には中央に指紋センサーが装備されていますね。

ASUS ZenFone Max Plus M1
カラーバリエーションは「ディープシーブラック」「サンライトゴールド」「アズールシルバー」の3色展開です。いずれのカラーも前面ベゼル部分はブラックになっていますので、前から見ると見分けがつきません。

3.価格など

ASUS ZenFone Max Plus M1は2月17日の発売予定で、ASUSの直販サイト「ASUS ZenFone Shop」では予約注文を受け付けています。価格はいずれのカラーも税抜き29,800円(税込み32,184円)となっています。

この製品はZenFone 4と比較してしまうとスペック面で劣りますが、十分に実用的な性能を確保しており、カメラやバッテリーについてもミドルスペックとしては充実した内容になっていると思います。実際のところ、ほとんどの用途であればこのくらいの性能で十分快適に使えるだろうと思います。SIMフリー機の場合、どうしても購入時にしかるべきお金を支払わなくてはならないので、そう簡単にはハイスペック機を買えるもんでもないと思います。その点この製品の価格はリーズナブルに感じられますし、使い勝手も良さそうなので、人気が出るのでは?と思います。

4.関連リンク(ASUS ZenFone Shop)

ZenFone Max Plus M1

Comment

  1. 匿名 より:

    縦に長すぎ

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。最近の新製品は「続々とこの形」です。なので、こうせざるを得なかった、というのはあるかもしれません。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑