バッファロー NEO FIT - 握りやすさを追求!「握り心地」から「一体感」へ、新デザインのマウスシリーズが登場!

公開日: : アクセサリ ,

BUFFALO NEO FIT
キーボードと並び、マウスは比較的低価格で購入でき、それでいてパソコンの使用感を大きく左右する重要な周辺機器です。マウスが使いやすいと作業がはかどり、逆に使いにくいと作業効率が落ちるだけでなく、パソコンに向かうモチベーションまで下がってしまいますよね。確実に使いやすいマウスがあるのなら、少しくらい奮発して買ってもいいよ、という人も少なくないと思います。しかし、マウスの価格って本当にピンキリで、下は1,000円以下から、上は10,000円を越えるものまであり、「奮発すると言っても限度がある」と思います。実際、私ならマウスに10,000円は払えません。

スポンサーリンク

今回紹介するバッファローの「NEO FIT」は握りやすさを追求した新設計のマウスシリーズで、有線・無線、Sサイズ・Mサイズがあり、価格は2,000円強から3,000円強です(接続方式やサイズによって多少価格が変わります)。価格勝負の低価格品ではありませんが、一般人の感覚でもそれほど高価とは感じられませんので、価格面では十分「その気にさせてくれる」製品です。

BUFFALO NEO FIT
バッファローによれば、マウスの握り方には、主要なものとして「かぶせ持ち」「つめたて持ち」「つまみ持ち」の3種類がある、とのことですが、NEO FITはこれら3種類の握り方すべてを考慮したものです。ちなみに、従来のマウスは「かぶせ持ち」を意識して作られているんだそうです。

BUFFALO NEO FIT
この画像の「側面形状①」は薬指を「乗せる」「ひっかける」「握り込む」に対応したサイドデザイン、「側面形状②」はグリップ位置の自由度を高めたゆるやかなカーブ、「背骨形状」は安定感・フィット感を高める「バックボーンフォルム」、そして「斜め形状」は外側に傾けた形状が手首への負担を軽減、という説明がありますが、正直なところ文章だとよくわかりませんね…。

BUFFALO NEO FIT
ただ、このマウスの造形は確かに個性的、といいますか、複雑な形をしています。親指側のくぼみは深めですし、一つ上の画像の「側面形状②」にあるように複雑な曲面で構成されています。また、薬指・小指側も微妙な深さの凹みがあります。

そして、一つ上の画像の「斜め形状」というのはエルゴノミクスマウスと同じ概念で、斜めにする角度が浅いので見た目は普通のマウスに近いだけ、ということでしょう。

スポンサーリンク

上海問屋 スリム型 エルゴノミクスワイヤレスマウス レビュー
ちなみにこれが私の使っているエルゴノミクスマウスです。ここまで極端な形状にはなっていないけれど、この「NEO FIT」は一種のエルゴノミクスマウスなのだ、ということが言えると思います。

BUFFALO NEO FIT
BUFFALO NEO FIT
形状の方ばかり説明してしまいましたが、このマウスは機能性も高くなっています。まず、「多ボタン」です。ホイール下にあるのはDPI(マウスカーソルの反応速度)切り替えボタン(1000/1600dpi)で、そのほかに親指側に2つのボタンがついています。専用の設定アプリ(Windows対応)を使えば左右クリックボタンも含め、任意の動作を割り当てることができます。

次に、この製品は「静音マウス」です。左右クリックボタン、DPI切り替えボタン、親指側にあるサイドボタンのいずれも静音スイッチが採用されています。そのため、図書館など静かな場所での利用も可能です。

さらに、無線タイプの製品に関しては「単三電池1本で寿命3年」となっており、めちゃめちゃ長持ちします。実際3年持つのかどうかは使い方によると思いますが、無線マウスの泣き所は電池切れだと思いますので、これはとってもありがたいです。

最後にサイズを。

無線タイプ・Mサイズ: 80 × 41 × 106 mm / 74 g(電池含まず)
無線タイプ・Sサイズ: 76 × 38 × 95 mm / 60 g(電池含まず)
 ※レシーバー: 15 × 6 × 19 mm / 2 g
有線タイプ・Mサイズ: 80 × 41 × 106 mm / 98 g
有線タイプ・Sサイズ: 76 × 38 × 95 mm / 89 g
 ※ケーブル長 1.5 m

有線・無線タイプともブラック・レッド・ホワイトの3色を揃えています。なにげにワイドバリエーションですね。

バッファロー NEO FITは3月上旬に発売される予定で、バッファローの直販サイト「バッファローダイレクト」では予約注文を受け付けています。2月16日現在の価格は下記のとおりです。

無線タイプ・Mサイズ: 3,218円
無線タイプ・Sサイズ: 3,110円
有線タイプ・Mサイズ: 2,138円
有線タイプ・Sサイズ: 2,030円
※税込価格

凝った形状で、マウスとしての基本機能もしっかりした製品なので、この価格は決して高くはないと思います。というか安いと思います。「エルゴノミクスマウスの極端な形状はちょっとなあ」と思う人にはいいんじゃないでしょうか?

関連リンク

「握り心地」から「一体感」へ NEO FITマウス:バッファロー公式サイト

Comment

  1. 匿名 より:

    静音マウスは静音軸を使う人なら必須のマウス
    片手落ちでは効果は薄いのだ……

    ちなみに水牛公式の電池寿命3年は、一日8時間の使用時間の内、マウスの使用時間5%(24分)とか言うクソ数値に基づいた理論値なので、そこから逆算して実際の使用可能時間を求めると大体438時間
    一日4時間マウスポチポチする様なヘビーユーザーでも109日、最低でも3ヶ月程は持つ計算なんやな

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。わかりやすくて面白い解説ありがとうございます。マウスのバッテリー稼働時間って、結構甘々な数字なんですね。勉強になりました。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑