acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)- 14インチで重さ970 gのモバイルノートにWhiskey Lakeが搭載されました

公開日: : acer , ,

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
acerが3月5日に発表したモバイルノート3機種のうち、最後にこの「Swift 5(14インチ)」をご紹介します。なぜ最後になったのか、といいますと「既存モデルからの変更点が少ないから」です。「同じSwift 5でも15.6インチで1 kg切りのニューモデル」のほうがなにかと気になりますしねえ…。

スポンサーリンク

しかし、ある意味14インチサイズのほうがモバイルノートとしては需要があるんでしょうし、同時にリリースされたSwift 3(これも14インチです)との比較をしながら進めていきたいと思います。

1.スペック

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
「3と5なら、5のほうが上だろ?」と思ってしまいますが、少なくとも価格という点ではそのとおりです。しかし、Swift 5とSwift 3は少し製品特性が異なります。CPUはWhiskey LakeのCore i5、RAMは8GB、ストレージは512GBで、ここまでは15.6インチ版のSwift 5と同じ、そしてSwift 3のCore i5モデルとはストレージ容量が異なります(Swift 3は256GB)。

ディスプレイは14インチのIPS液晶、FHD解像度でタッチ対応します。15.6インチ版のSwift 5もタッチ対応しますが、Swift 3はタッチ対応ではありません。また、acerが積極的に採用している「Acer BluelightShield(ブルーライトカット機能)」も搭載します。

入出力ポートは14インチモバイルノートとしては少ないとは言えないものの、SDカードリーダーも内蔵しておらず、若干不満は残ります。一方でSwift 3のほうはSwift 5と比べ、USBポートが1つ多く、さらにSDカードリーダーも備えています。

そしてサイズです。Swift 5の重量970 gというのは極めて軽量ですし、これがSwift 5の最大のセールスポイントになるわけですが、とりあえずSwift 3とサイズ比較してみましょう。

Swift 5(14):329 × 228 × 14.9 mm / 970 g
Swift 3:323 × 228 × 17.95 mm / 1.45 kg

意外なことにタテ・ヨコに関してはSwift 3のほうが若干ですが小さいです。しかし、厚さに顕著な差があるのと、何より重量が全然違います。入出力ポートの数と種類、という点ではSwift 3のほうが上ですが、その代償といいますか、サイズという点ではSwift 5のほうが数段魅力的に見えます。

2.筐体

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
筐体はおそらく既存モデルと同一です。この製品はとにかく軽いですが、横幅に関しては他社の上位モデルよりも少し大きめで、左右のベゼル幅も9.2 mmと、2019年現在ではナローベゼルとは言いにくい感じです。

スポンサーリンク

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
天板です。筐体色は「チャコールブルー」のみで、15.6インチ版と共通、Swift 3とは明確に異なります。また、筐体素材もマグネシウム合金となっていて、アルミ製のSwift 3とは異なります。

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
キーボードです。この画像は指紋センサーの説明用なので、余計な点線が入っていますがご了承ください。また、画像では英語配列になっていますが、「日本向けには87キー日本語・バックライト付き」となります。キーピッチは余裕がありそうです。しかし、87キーというのは少し少なめかなあ、という気はします。

acer Swift 5(SF514-53T-H58Y/BF、SF514-53T-H58Y/B)
側面と入出力ポートの配置です。これは独特ですねえ。左側面にはオーディオジャックしかありません。使い勝手を考えるとポート類(特にUSB)は左右に振り分けられていたほうが使いやすいと思いますので、ここは賛否両論ありそうです。

3.価格など

acer Swift 5(14インチ)は3月7日に発売され、Office Home & Businessが付属する「SF514-53T-H58Y/BF」が税込み177,584円、Officeが付属しない「SF514-53T-H58Y/B」が税込み156,384円です。この価格はAmazonおよびビックカメラのものですが、どっちにせよ販売者はビックカメラです。Swift 3のOfficeなしの価格が税込み107,784円ですから、やはりSwift 3よりも高価ではあります。

Swift 5(14インチ)はCPUもWhiskey LakeのCore i5と高性能ですし、RAM/ストレージ容量にも十分な余裕があります。またディスプレイもタッチパネルなので、スマホ世代の人が初めて購入するノートPCとしても使いやすいでしょう。そして「1キロ切り」です。15万円でも安いかもしれないですね。

4.関連リンク

SF514-53T-H58Y/BF(Officeあり):acer公式サイト
SF514-53T-H58Y/B(Officeなし):acer公式サイト
Swift5 SF514-53T-H58Y/BF(Officeあり):Amazon
Swift5 SF514-53T-H58Y/B(Officeなし):Amazon
SF514-53T-H58Y/BF(Officeあり):ビックカメラ
icon
SF514-53T-H58Y/B(Officeなし):ビックカメラ
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    うーむ、左側面の平面っぷりを見るにmicroSDスロットと有線LANポート(アダプターは必要でしょうが)ぐらい付けられなかったんでしょうかねぇ
    右側面にUSBポートを集中させたレイアウトも使い勝手に影響が有りそう
    特に、TYPE-CポートがUSB3.0よりも手前に有るので、TYPE-Cポートに何か接続した状態でUSB有線接続のマウスを繋いだら、使っている最中に手やマウスのケーブルがTYPE-Cポートに接続した機器にぶち当たってデータ転送や機器の作動に悪影響が出そうな気がします…考え過ぎかも知れませんが

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑