ASUS ZenBook Duo UX481FL - 超個性的な2画面ノートPC、使いやすいサイズの14インチ版が登場!購入しやすい価格です!

ASUS ZenBook Duo UX481FL
ASUSが14インチサイズの2画面ノート「ZenBook Duo UX481FL」を発売します。2019年に「ZenBook Pro Duo UX581GV」というハイエンドな2画面ノートPCが発売され、ウインタブでも実機レビューをさせてもらったのですが、今回発売されるUX481FLは一回り小さく、価格もかなり低めに設定されていますので、パーソナルユースにぴったりな製品だと思います。うまく使いこなせるかな?

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS ZenBook Duo UX481FL
UX481FLには2つのバリエーションモデルがあります。

●Core i5/GeForce MX250/RAM8GB/Optane+512GB SSD
●Core i7/GeForce MX250/RAM16GB/1TB SSD

製品特性上、クリエイター向けのとしても向くと思います。Core i5-10210U(第10世代)モデルでもGeForce MX250を積んでますので処理性能面で不満は感じられないように思われますが、クリエイターであればRAM容量とストレージ容量も重要になってくる(容量を使う)と思いますので、ここは悩みどころでしょうね。ビジネス系とか一般家庭用であればCore i5モデルでいいのでは?と思います。

この製品の「ひと目でわかる」セールスポイントはやはりディスプレイでしょう。メインに14インチ・FHD解像度のものが使われているほか、キーボード面に12.61インチのサブディスプレイがセットされています。サブの方は横幅が1,920ピクセルと、メインディスプレイと同じになっていて、縦がメインディスプレイの半分、という形状です。昨年レビューした15.6インチモデルのUX581GVでの経験上、この2つのディスプレイは非常に使い勝手が良いです。どちらもタッチ対応するので、サブディスプレイに表示させたウインドウを「手で引っ張って」メインディスプレイの方に移動させたりも出来ますし、キーボードにあるボタン一つでメインとサブの表示を入れ替えたりできます。あとは「どう使うか」でしょうね。

Wi-FiではもちろんWi-Fi6(ax規格)に対応し、入出力ポートは14インチサイズとしては「普通」くらいですね。USBポートが合計で3つにHDMIもありますので、さしあたりポートに困ることもないでしょう。

サイズは14インチノートとしては普通~やや大きめくらいです。少し厚みがあるかな、という感じ。重量は1.66 kgですから、モバイル利用は少し大変かもしれません。ただ、サブディスプレイを備えているため、と考えればここはやむを得ないでしょうね。15.6インチ版のUX581GVが2.5 kgという重さであったことを考慮すれば、これでもかなりの軽量化と言えなくもないです。

2.筐体

ASUS ZenBook Duo UX481FL
正面から見たところです。キーボード面に目が行かなければ普通のナローベゼルなノートPCという感じですが、「目は行きますよね?」

スポンサーリンク

ASUS ZenBook Duo UX481FL
これがキーボード面。上部にサブディスプレイがあります。また、サブディスプレイの存在により、パームレストがなく、タッチパッドは右側に配置されています。14インチサイズでこのレイアウトだとキーピッチが心配になりますが、18 mmほどは確保されているとのことでした。それと、私はほとんどタッチパッドを使わないのであまり気にしませんが、「いつもタッチパッドを左手で操作している人はどうしたらいいんですか?」という疑問はわきます。

ただ、いろいろな意味で、このキーボード面とどうやって折り合っていくか、というのがこの製品の「最大の活用法」でもあり、「ハードル」でもあると思います。

ASUS ZenBook Duo UX481FL
天板です。筐体素材はおそらくアルミ(アルミ合金)と思われ、ZenBookブランドなのでスピンメタル加工(同心円状の模様)が施されています。

ASUS ZenBook Duo UX481FL
トップ画像を再掲します。このように、ASUSお得意の「エルゴリフトヒンジ」構造になっています。しかも天板が「ガッツリ」底面に潜り込んでいますので、キーボード面にも大きめの角度がつけられます。打鍵がしやすくなるのと同時に、サブディスプレイの視認性向上にも寄与していると思います。

3.価格など

ASUS ZenBook Duo UX481FLは5月中旬の発売予定で、ASUS Storeではすでに予約販売がスタートしています。5月7日現在の価格はCore i5モデルが149,819円(税込み164,800円)、Core i7モデルが179,819円(税込み197,800円)です。非常に独創的な製品なので、高いとか安いとかの評価が難しいですが、個人的にはスペック面やサブディスプレイの装備などを考慮すれば割安なのではないか、と思います。というか、「普通の人が買える値段」ですよね。15.6インチのUX581GVは(この製品よりも圧倒的にハイスペックですが)税込みで50万円を越えてしまっていますし。

UX581GVのレビューをした際、間違いなく面白い製品だと感じましたし、筐体品質も素晴らしいと思いました。しかし、長く活用していくためには、製品の特殊な機能に自分がやりたい作業をどう落とし込んでいくか、という点で探究心・好奇心が必要かとも感じましたね。まあ、価格が異常に高いというわけでもないので、普通のノートPCとして使ってもいいんでしょうけど。

我と思わん人は挑戦してみてください!

4.関連リンク(ASUS Store)

ASUS ZenBook Duo UX481FL (UX481FL-HJ118T)(Core i5)icon
ASUS ZenBook Duo UX481FL (UX481FL-HJ122T)(Core i7)icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    サブディスプレイ何に使うの?

    • wintab より:

      こんにちは。「ロマン用です」というのは冗談ですが、なにも考えずに使っていると、結局使いみちがない、というのはあると思います。なので、好奇心をお持ちの方がいろいろ探ってみるとか、日頃から2枚ディスプレイを使っている人がこのレイアウトでその環境が活かせるかどうかを検討する、ということになると思います。