X-BOWS - エルゴノミクスタイプのメカニカルキーボード。これを使えば長時間のタイピングもラクラク?

公開日: : アクセサリ ,

X-BOWS
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。私は個人的に「キーボード」を見るのが好きで、家電量販店にフラッと立ち寄った際も、キーボードコーナーでいろんなキーボードに触ってみたりします。また、私物でもずいぶんとキーボードを持っています。常用するキーボードって、せいぜい2台くらいなので、ほとんどの私物は箱に入れてしまっています。にもかかわらず、面白いキーボードを見かけたらさらに買ってしまうので、自宅には使いもしないキーボードがたくさん眠っています。

スポンサーリンク

今回もまた、非常に気になるメカニカルキーボードを見つけてしまいました。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に出品中の「X-BOWS」という製品です。

X-BOWS
こんな形状です。「エルゴノミクス」といいますか、キーボードを打鍵する際の手の角度に配慮した配列になっています。また、それだけでなく、配列も一風変わってますよね?

なお、この製品はUSB有線接続のみで無線接続には対応していません。それと、残念ながら日本語配列の設定はなく、サイズや重量については情報がありませんでした。

X-BOWS
これがキー配列です。手のイラストは「この指でこのキーを押せ」ということだと思います。中央にあるENTERキーとかSHIFTキーは親指で押したくなるレイアウトですし、便利に使えそうな気がします。

X-BOWS
もちろんスイッチは「メカニカル」です。CAMPFIREではなくKICKSTARTERの製品ページには「Gateron」という記載がありました(ただし、KICKSTARTERの製品ページとCAMPFIREの製品ページの内容は少し異なります。CAMPFIREの製品ページを「正」と考えるべきでしょう)。

軸色は「赤、青、茶、黒」の4タイプを選べます。ゲーマーなら青、メカニカルキーボードを初めて使う人なら赤か茶がいいと思います。ちなみに私は4種類を選べるのなら赤にします。軸色による打鍵感の違いは製品ページにしっかり説明がありますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

X-BOWS
また、ちょっと注意したいのが、この製品には「LEDファンクションモデル」と「ノンLEDファンクションモデル」が存在する、ということです。これまで掲載してきた画像を見ていただくとわかりますが、この製品にはカラフルなバックライトが装備されていて、LEDファンクションモデルはバックライトの配色や発光パターンを変更できますが、ノンLEDファンクションモデルは変更ができません。

この製品の付属ソフトウェアでは、上記のLEDファンクションのほか、キーマッピングの変更やマクロキーの割当が可能ですが、ノンLEDファンクションモデルがこれらの機能に対応するのかしないのかは不明です(確証はありませんが、おそらくLED以外の部分は対応すると思います)。

X-BOWS
さらに、付属品も充実しています。この製品は有線接続オンリーなので、PC接続用のケーブルは当然としても、リストレスト(パームレスト)や収納ケースまでついてきます。

X-BOWS
リストレストを使っているところです。この画像を見ると、手の角度がすごく自然に見えますよね?長時間の打鍵では手の疲れがかなり軽減されそうに思われます。

X=BOWはクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に出品中で、5月1日現在最安のプランは、LEDファンクションモデルが21,900円(税込み、8月発送)、ノンLEDファンクションモデルが18,900円(税込み、7月発送)となっています。

高いですね、ええ。キーボードに払うお金としては決して安くはないです。メカニカルキーボードのしっかりしたものは国内でも1万円を越えますし、中華製品でもあまり割安感はないです。そして、この製品は2万円クラスなので、国産の有名ブランド品よりもさらに高価と言えます。

しかし、メカニカルキーボードの打鍵感の素晴らしさ、というのは余計にお金を払う価値があると思いますし、独特の形状、そしてキー配列には強く惹かれてしまいます。この個性、自分にピッタリとハマるのなら2万円でも安いと感じられるでしょうし、使ってみて「無理」と感じる可能性もあります。そういう怖さはあるんですけど、キーボード好きとしては「やっぱ欲しい」って思っちゃいます。

最後に、YouTubeで公開されているレビュー動画にリンクしておきます(英語です)。

関連リンク

Kickstarterで2500万円を達成したメカニカルキーボードX-BOWS:CAMPFIRE

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑