SPECTER Workspace - 展開すれば秘密基地の完成!?周囲の視線をシャットアウトできるPCバッグ(ケース)

SPECTER Workspace
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。クラウドファンディングサイトのMakuakeで面白いPCケース(バッグ)を見つけました。「SPECTER Workspace」という、いかつい名前ですが価格は4,880円(8月2日現在の最低支援金額)と、割とお手頃です。

スポンサーリンク

SPECTER Workspace
PCケースとして使うときはこんな感じ。普通のバッグにしか見えません。

サイズ:縦27×横28.5×厚さ3cm
重量:0.96kg
素材:ポリエステル
生産国:中国

と開示されています。ノートPCだと16インチサイズまで対応ということですが、16インチという時点でMacをイメージしていると思われるので、ASUSとかMSIの15.6インチゲーミングノートがうまく収まるのかは定かではありません。というか、このサイズ表記間違ってますね。Macの16インチって横幅が28.5センチより小さいんでしょうか?Windowsならこのサイズだと13.3インチでも入りません。

まあ、些細なミスなんでしょうからディスっても仕方ないです。製品ページに画像や動画がありますんで、要は16インチまでは入る、と理解しておきましょう。

SPECTER Workspace
このケース(バッグ)、展開するとこうなります。左右にペン入れやポケットがありますので、少量ながらPC以外の収納スペースも確保されています。

SPECTER Workspace
で、こうやって使います。カフェとかコワーキングスペースなどで作業をする際に、プライバシーを確保しつつ作業ができる、ということになります。私は(ここ数カ月ご無沙汰ですが)カフェで作業することが結構多いので、利用イメージが湧きますね。

スポンサーリンク

SPECTER Workspace
あと、PC作業以外でもプライバシー確保には役立ちます。

SPECTER Workspace
底面にはマジックテープで角度調整できるスタンドがあり、これも便利そうです。

SPECTER Workspace
手前側には滑り止めゴムも。

新幹線での移動中にも使えるような説明がありましたが、確か新幹線のテーブルってサイズがかなり小さく、このケース(バッグ)を設置するのは難しいんじゃないか、という気はします。設置できても左右のフラップがブラブラしちゃいそうです。なので、事務所のデスクはもちろん、カフェのテーブルとかコワーキングスペースのテーブルなどでの利用になるのかな、と思います。

この製品、私の経験上「ビジネスバッグ」としての実用性はかなり低くなるはずです。2年ほど前に「Under-The-Jack Pack」という超薄型のバックパックを購入し、ウインタブでも実機レビューを掲載しました。これ、かなり気に入っていて、外出時には必ず背負っていくのですが、とにかくモノが入りません。

具体的にはノートPC、ACアダプター、マウス、Wi-Fiルーターくらいを入れるのが精一杯で、それ以上にモノは入りますが、バッグが変形してしまいます。例えばPCメーカーの製品発表会に出席する際に「カメラにノート」も持っていくのですが、これだけ追加するのにさえひと苦労します。仕事帰りにコンビニでスナック菓子を買うときは、最初からバッグに入れるなんてことは考えません。

SPECTER WorkspaceはMakuakeでクラウドファンディング中で、8月2日現在の最低価格(超超早割価格)は4,880円です。「PCバッグ」という打ち出しになっていますが、実質的には「スリーブケース」と理解しておくほうがいいです。つまり、まともな仕事人ならこのケース(バッグ)に仕事道具一式を入れるのは不可能だと思います。その認識を前提としても、この製品は興味ありますね。ちょっと使ってみたいです。

関連リンク

【広げれば仕事部屋の完成】外でも周囲をシャットアウト。人目を遮る目隠しPCバッグ:Makuake

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    授業中に弁当を食うのに重宝しそうですね

  2. 匿名 より:

    そこまでして隠すならオープンスペースのカフェでがっつり仕事するなよと思うけど

    • wintab より:

      こんにちは。反論ありませんw むしろ自宅でミニ隠れ家として使うのがいいかと。