USBメモリはもう古い!?USBメモリサイズの超小型ポータブルSSD「Buffalo SSD-PUTAシリーズ」と「エレコム ESD-EMNシリーズ」

buffalo ssd-puta_elecom esd-emn
こんにちは、natsukiです。できるだけ小さなポータブルSSDが欲しいッ! 物理的な外部ストレージを運用することの是非はさておき、欲しいんです。私は、比較的高性能なUSBメモリとして、SanDiskのExtremeシリーズを使っていますが、これがだんだん手狭になってきまして。で、数百GBくらいの大容量なら、もう外付けSSDでもよかろうと。ただし、かさばるのは嫌だな……と思って探してみると、あるじゃありませんか。しかもBuffaloとエレコムという大手メーカーから。これは大いに気になる。

スポンサーリンク

1.Buffalo SSD-PUTAシリーズ

buffalo ssd-puta
まずは、Buffaloから、「SSD-PUTAシリーズ」です。

Buffalo SSD-PUTAシリーズ
容量
250GB / 500GB / 1TB
速度
読み出し最大430MB/s
サイズ
幅23 × 長さ68.2 × 厚さ11 mm
重量
17g
その他
MIL-STD準拠 耐衝撃 & 耐振動
ストラップホール付き

buffalo ssd-puta_size
幅は23mm、長さ68.2mm。まさにUSBメモリサイズ。それでいて、容量は最大1TBまでのラインナップがあります。
buffalo ssd-puta_speed
読み出し速度は、最大430MB/s。SATA接続クラスですね。
buffalo ssd-puta_mil
このサイズながら、MILスペックの堅牢さを誇るのも魅力です。ただ、デザイン的にはあんまりスタイリッシュな感じではありません。

価格は、実売で、250GBで約5,000円、500GBで約7,500円、1TBで約12,000円といったところ。SSDとしても、おおむね相場通りで、小さいから高いというほどでもありません。

スポンサーリンク

2.エレコム ESD-EMNシリーズ

elecom esd-emn
ライバルとなる製品は、こちら。エレコムの「ESD-EMNシリーズ」です。

エレコム ESD-EMNシリーズ
容量
128GB / 250GB / 500GB / 1TB
速度
読み出し最大400MB/s
書き込み250MB/s
サイズ
幅21 × 長さ64 × 厚さ9 mm
重量
10g
その他
ストラップホール付き

elecom esd-emn_size
幅21mm、長さ64mmと、Buffaloよりもさらにスリム。より小さいためかどうか、MILスペックなどはなく、堅牢性ではBuffaloに軍配が上がります。容量は、128GB、250GB、500GB、1TBをラインナップ。
elecom esd-emn_speed
速度は、読み出し400MB/sの他に、書き込みも250MB/sとも公表されていて良心的です。Buffaloよりやや劣りますが、このくらいは誤差の範囲内でしょう。

価格は、実売で、128GBで約3,500円、250GBで約5,000円、500GBで約8,000円、1TBで約13,500円といったところ。Buffaloより、ちょっとだけ高いですが、おおむね同価格帯です。やっぱり、たった2mmでも、スリムさは大きな魅力ですね。重量も大幅に軽いし、デザインもスマート。

3.まとめ

ケーブルを使わないUSB直差しタイプのメリットは、なんといってもそのサイズと取り回しのよさにあります。一般的なUSB直差しタイプのSSDは、汎用の幅22mmサイズのSSDを内蔵しているため、どうしても本体幅は30mmくらいにはなってしまいます。一方、パソコンのUSBポートは、隣同士の間隔が非常近いことも多く、あまり幅の広いデバイスを接続すると他のポートの干渉してしまうこともしばしば。幅30mmは、かなり邪魔。

今回の2製品は、その部分がかなり改善されていて、実質的に今までのUSBメモリと同じような感覚で使えるサイズになっています。もちろん、通常のUSBメモリと同様に何かにぶつけて「バキッ」といく危険性はあるので、どちらかというと、差しっぱなしの運用よりは一時的に接続する使い方の方が向いているかもしれません。まあ、この辺はそれぞれのニーズ次第で。ともかく、これはもう、USBメモリは過去のもの?と思うくらいの省サイズ化です。

SSDとしてみた場合は、速度はSATA接続の低い方止まり。また、レビューを見ると、数十GBレベルの大容量のデータの転送や長時間つなぎっぱなしの状態では、速度低下も見られる模様。やっぱり排熱とか無理してるのかな? 内蔵SSDと同レベルの性能を期待するのは、やはり酷。そうは言っても、従来のUSBメモリとは一線を画す速さ。特にUSBメモリをはじめとする、従来の外部ストレージが苦手としていたランダムアクセス速度に優れるのは、用途の可能性を広げてくれます。もちろん、このサイズで500GBや1TBといった大容量も魅力。こういった特性を分かった上で使うなら、大いに活用できそうです。

あとは、頑丈さのBuffaloか、スマートさのエレコムか、これまた迷いどころですね。うーむ、欲しい。

4.関連リンク

Buffalo SSD-PUTAシリーズ

バッファロー SSD 外付け USB3.2Gen1 ブラック SSD-PUT:Amazon
SSD-PUTAシリーズ:Buffalo

エレコム ESD-EMNシリーズ

エレコム 外付け ポータブルSSD ESD-EMN:Amazon
ESD-EMNシリーズ:エレコム

スポンサーリンク