サンワサプライ SKB-BT31BK/32BK - 薄型コンパクトなパンタグラフ式キーボード、Bluetooth、USB無線、有線タイプがあります

サンワサプライ スリムキーボード
サンワサプライが薄型でコンパクトサイズのキーボード「SKB-BT31BK/32BK」など6機種を発売しました。記事タイトルにあるBT31BK/BT32BKというのはBluetooth接続タイプで、他にUSB無線タイプの「SKB-WL31BK/32BK」、USB有線タイプの「SKB-SL31BK/32BK」があり、「31」はテンキーつき、「32」はテンキーレスとなります。

スポンサーリンク

サンワサプライ スリムキーボード

クリックで拡大します


サンワサプライ スリムキーボード

クリックで拡大します

この記事ではBluetoothタイプの「SKB-BT31BK/32BK」について説明しますが、接続方法が異なるだけで、どれも基本的には同じ形状になっています。画像上がテンキーつきの「SKB-BT31BK」画像下がテンキーレスの「SKB-BT32BK」です。

もちろん日本語配列で、両タイプとも素直なキー配列になっていると思います。

サンワサプライ スリムキーボード
方式は「パンタグラフ」です。ノートPCでは一般的に使われているもので、あくまで好みの問題ではありますが低価格キーボードによくある「メンブレン方式」よりも打鍵感は優れていると思います(個人的な意見ですし、例外もあります)。

サンワサプライ スリムキーボード

クリックで拡大します


サンワサプライ スリムキーボード

クリックで拡大します

上がテンキーつき、下がテンキーレスのスペック表です。文字キーのキーピッチは18 mmですから、一般的なノートPCのキーボード(1.9 mmくらいのことが多いです)よりも若干狭いものの、私の経験上18 mmならそれほど窮屈さ、不自然さを感じることなくタイピングできると思います。またキーストロークの1.9 mm±0.2 mmというのはノートPCのキーストロークよりもほんの少し深めかと思います。

スポンサーリンク

Bluetoothタイプに関してはWindowsのほか、MacOSやiOS、Androidにも幅広く対応しますので、スマホやタブレットで使用することも可能です。USB有線タイプはWindowsとMacOSに対応(接続ポートがUSB Type-Aなので…)、USB無線タイプはWindowsのみに対応しますので、この点はご注意ください。

それと、筐体重量が少し異なります。USB有線タイプはテンキーつきが360 g、テンキーレスが290 g、USB無線タイプはテンキーつきが非公表(多分記載漏れ)、テンキーレスが270 gです。

サイズに関しては接続方式に関わらず同寸で、テンキーつきの横幅は15.6インチスタンダードノートと同じくらい、テンキーレスの横幅は13.3インチモバイルノートよりも2~3センチくらい小さいです。重量を考慮しても(テンキーつきタイプであっても)モバイル利用が十分可能な感じですね。

サンワサプライ スリムキーボード
こちらはテンキーレスタイプの底面。一般的な据え置き型キーボードと同様に「足」がついているので角度調整が可能です。

サンワサプライ スリムキーボード
下段から上段に行くに従って高さが変わる「ステップスカルプチャー構造」も採用されていますので、打鍵はしやすいと思います。

サンワサプライ スリムキーボード
使用していないときは立て掛けておけるので、省スペース性も高くなっています。

サンワサプライ スリムキーボード
USB有線タイプは電源不要ですが、BluetoothタイプとUSB無線タイプは「充電式」です。バッテリーは内蔵していますが、乾電池などを使わないので軽量化に寄与していると思いますし、USB充電なのでPCを使う環境であれば比較的容易に電源は確保できると思います。動作時間がかなり長いので、毎日充電する必要はないですが、逆に充電切れには注意したいところです。

サンワサプライのスリムキーボードはサンワダイレクトで販売中で、9月17日現在の価格は下記のとおりです。

SKB-BT31BK(BT、テンキー):4,010円
SKB-BT32BK(BT、テンキーなし):3,730円
SKB-WL31BK(USB無線、テンキー):3,730円
SKB-WL31BK(USB無線、テンキーなし):4,180円
SKB-SL31BK(有線、テンキー):3,680円
SKB-SL32BK(有線、テンキーなし):3,380円
※いずれも税込価格、送料無料

これ、いきなりセール価格になっています。「Bluetoothのテンキーあり」なんかは「モバイルで使えるテンキーつきキーボード」ということで重宝するんじゃないでしょうか?キーボードの場合、接続の安定性とか遅延の問題などで有線タイプを好む人も少なくありませんし、私のように「Bluetoothは嫌い」という人もいると思います。そのへんはお好み次第ですが、この製品に関してはBluetoothタイプにしてスマホやタブレットで使うと作業が楽しくなるかもしれませんね。

関連リンク(サンワダイレクト)

Bluetoothキーボード SKB-BT31BK
※すべてのタイプがこのページから選べるようになっています

スポンサーリンク

コメント

  1. m.os.ota より:

    これ、どこかで見たことあるなあ・・・と思っていましたら
    https://ascii.jp/elem/000/000/870/870493/index-3.html
    EPSONが販売してたタブレットのオプションのキーボードそっくりですね。
    このキーボード、一時期秋葉原で投げ売りしてて都合3台買って活用してますが
    キータッチも程よく使いやすかったのでこちらも扱いやすいのではと思います。
    テンキー付き欲しいかも。