サンワサプライ 有線ゲーミングマウス 400-MA112 - マウスに精度と速度を求める人にピッタリ!

サンワサプライ 400-MA112
サンワサプライが税込み4,980円というお手ごろな価格で高性能なゲーミングマウス「400-MA112」を発売しました。「マウスで4,980円」をお手頃と言っていいのか微妙ですが、少なくともそれだけの価値はありそうですし、必ずしもゲーマーだけでなく、高精度で高速なマウスを探している人には向くと思います。

スポンサーリンク
サンワサプライ 400-MA112

クリックで拡大します

これがスペック表です。有線専用で特に小型サイズ、ということでもありません。ただ、ゲーマーではない人にしてみればスペック表に見慣れないものがいくつかあると思いますので、順に説明していきます。

サンワサプライ 400-MA112
まずはこれ。「DPI」と「レポートレート」です。DPIというのは「マウスを1インチ動かしたときにカーソルが何ピクセル動くか」という指標で、この数値が大きいと「マウスをちょっと動かしただけでカーソルがぶっ飛ぶ」ことになります。一般的なマウスだとこの数値は固定か、3段階くらいに調整できるようになっています。ちなみに私が使っている上海問屋のエルゴノミクスマウスだと800dpi、1,200dpi、1,600dpiの3段階に調整できるようになっていますが、私の使い方(テキストライティングや簡単な画像加工)だと800dpiでも大丈夫です。

400-MA112はこの数値を最大で12,000dpiまでに設定できます。12,000dpiというのは一般的な使い方では不要と思えますが、ゲームなど一部の用途では重宝します。また、最低にすると800dpiなので、この場合は誰でも違和感なく使えるくらいの速度(ウインタブでは便宜的に速度、と表現します)です。

次に「レポートレート」です。これって、一般的なマウスで意識することはまずないし、商品説明でも触れられることは少ないです。レポートレートというのは「1秒間にマウスの操作情報を何回パソコンへ報告するか」というもので、この数値が大きいほど短時間で多くの操作が可能です。「なんとか名人の連射」がしやすくなるということでしょうか。一般的には125~250Hzくらいで十分と言われているのですが、400-MA112は最大で1,000Hzです。

この機能を支えているのが「PixArt PMW3360」というセンサーです。すみません、ウインタブではマウスのセンサーについて触れたことがないので、詳しい説明ができませんが、ゲーミングマウスに多く採用されている高性能センサーである、とのことです。

なお、DPIとレポートレートについてもう少し詳しく知りたいという人は下記のページを参考にしてください。
ゲーミングマウスの基礎知識 ~スペック用語編~ え?今更!?:TSUKUMO

スポンサーリンク

次にマウスの機能として気になるのが「ボタンの数」です。

サンワサプライ 400-MA112
400-MA112は「7ボタン」です。一般的なマウスだと「左右クリックとホイール」の3ボタンというのが多いですが、最近は「進む」「戻る」を加えた5ボタンというのも目にします。また、この画像にある「カウント切り替えボタン」というのは、「DPI」の切り替え用です。

サンワサプライ 400-MA112
専用府ドライバーソフトがあり、これらのボタンは割り当てを変更することができます。ここも重要ですよね。7つのボタンをうまく使いこなせれば作業効率は大きくアップするんじゃないでしょうか。

また、「DPI」と「レポートレート」はこのソフトウェアで詳細設定ができます。

サンワサプライ 400-MA112
そして、ゲーミングマウスらしく、バックライトがついています。バックライト色や発行パターンもドライバーソフトで設定します。

サンワサプライ 400-MA112
もちろんマウスとしての基本機能もしっかりしています。「独自設計の光学スイッチ」を採用し、クリアなクリック感と高い耐久性を実現しているとのこと。

サンワサプライ 有線ゲーミングマウス 400-MA112はサンワダイレクトで販売中で、1月18日現在の価格は税込み4,980円(送料無料)です。マウスに求めるものは人それぞれですが、比較的低価格で購入でき、PCの使用感を大きく左右するものであることは間違いありません。マウスは「比較的低価格」といいつつ、下は1,000円以下から上は10,000円以上と、価格帯もかなり幅広いです。個人的には4,980円というのはマウスに支払うお金としては「そこそこ」くらいだと思いますが、400-MA112は非常に高性能かつ多機能なので、価格以上の価値はあると言えそうです。

関連リンク

ゲーミングマウス(有線・100~12000DPI・キー割り当て・IR 光学式・PMW3360センサー・エルゴノミクスデザイン):サンワダイレクト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    i-rocks M36のOEM品と言われてるやつですね。
    同じ型のモノは色々あるようですが、メインボタンがセパレート、センサーがPWM3360というタイプを選んだのは素晴らしい。
    PCゲーマー界隈でもおそらく話題になりますね。

    • wintab より:

      こんにちは。ゲーマーの人って動きが半端ないですからねえ。先日プロゲーマーの手元を見ていてびっくりしました。