ROMOSS BP01 レビュー - USBポートのついたリュック。落ち着いたデザインなのでビジネス用にも使えそう(実機レビュー)


こんにちは、輪他です。今回は、ROMOSSのUSB充電ポート付き3Wayバッグ、BP01をご紹介します。Amazonにて3000円以下で購入できる格安バッグですが、USB充電ポート付きということで、気になっている人もおられるかと思いますので、使用感も含めてご紹介していきます。なお、本製品はROMOSSよりサンプル提供いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

スポンサーリンク

1.外観・サイズ


前面にはROMOSSのメーカーロゴと小ポケットがあります。



背面には、ショルダーベルトがありますが、上部のポケットに収納して縦持ちor横持ちのバッグとして使用することも可能です。背中に当たる部分には厚めのクッションが入っており、背中への負担を抑えています。


サイズは縦およそ40cm、横およそ20cmほどです(ハンドルなどは除く)。若干大きめのバッグといった印象です。iPhone 8、iPad Pro 9.7と比較するとこのサイズ感です。


右側面にはハンドルとUSB充電ポートがあります。

なお、全体に防水加工がなされており、少々の雨なら問題ないと思います。

2.ポケットなど

ファスナーで開閉できるポケットが二つあります。

メインポケット


背面側にはPC用ポケットとタブレット用ポケットがあります。


14インチのPCとiPadをいれるとこんな感じです。


PCケースに入れるとぴったりでした。

スポンサーリンク


前面側です。上部にファスナー付きのポケット、その下、右から小ポケット、ペンポケット×2、そして後述しますが、モバイルバッテリー用のポケットがあります。マチ(奥行き)自体はそこまで広くないので、大量の書類や本を運ぶのには向いていないかもしれません。

サブポケット


こちらは全体を開くことができます。出張の時などに衣服などを収納できますね。

3.USB充電機能

このバックの目玉機能であるUSB充電機能です。


バック底面から生えているUSB-Type Aのコードをモバイルバッテリーに接続します。


USB-Type Aのメス側がバッグ右側に固定されているので、そこに充電ケーブルを刺して使用します。


急速充電の表示が出ている通り、モバイルバッテリー直差しで充電している場合に比べて充電速度が落ちるといったことはありませんでした。実際に使用してみた限り、モバイルバッテリーを取り出すことなく、ケーブルだけを取り出してすぐに充電できるのはかなり楽です。ただ、最近増えている、ケーブルを刺したうえで、本体のボタンを押さないと充電が始まらないタイプのモバイルバッテリーを使用する場合は、あまりメリットはないかもしれません。

充電ポートはかなり頑丈に作られており、軽く引っ張っただけで抜けるようなことはなさそうです。充電しながらスマホをポケットに入れて歩いてみたりもしましたが、ケーブルが抜けるなどといったことはありませんでした。

4.価格など

6月8日現在、Amazonにて2,999円で販売されています。個人的な話なのですが、私には、数十キロ先の駅などをゴールとして設定して、そこまでスマホのマップを見ながら歩くという趣味?というか習性のようなものがありまして、いつも歩きながらの充電に難儀していたのですが、これを使えば楽に充電できるのでは?と考えています。地図アプリってかなり電池使うんですよね…。

手頃な価格で購入できるバッグですが、作りもしっかりしており、デザインもシンプルですので、リュックとしてのカジュアルな用途に加え、横持ちバッグとしてビジネスシーンにも使えそうですし、おすすめできるバッグだと思います。

5.関連リンク

ROMOSS リュック USB充電ポート付き BP01 Black:Amazon

スポンサーリンク