キーボードの掃除には獣毛ブラシが最適、安く手に入れるならコーヒーグラインダー用のものがお勧めです

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
こんにちは、natsukiです。パソコンを使う者にとって、日々、ヘビーに使うキーボード。日常的に使うだけに、ホコリなどがたまるのが気になりませんか? キーのスキマからゴミがのぞいていたりすると、気になって作業に集中できませんよね。そんなときのために、お手入れ用としていつでも手元に置いておきたいのが、獣毛ブラシです。

スポンサーリンク

1.獣毛ブラシの利点

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
キーボードといっても、さまざまな形状があります。Surface付属キーボードのように、薄っぺらいタイプは、あまりホコリなどがたまることはないと思います。が、ノートパソコンでも、パンタグラフタイプのものなどは案外ホコリがたまってくるものです。ましてや、独立したキーボードを使っている場合は、作りがしっかりしたものほど、スキマが多く、汚れがたまりやすいものです。

もちろん、キーを外して分解掃除するのが完全ですが、それだと手間がかかりますし、あんまり頻繁にやると、破損や摩耗も心配です。あるいは、掃除ツールとして、スライムを流し込んで汚れごとひっぺがすものや、空気圧で汚れを吹っ飛ばすエアダスターもありますね。ただ、スライムタイプは、あまり細かいところまでは入り込みにくいですし、空気圧タイプは、電源が必要な上、周囲のものも吹っ飛ばしたり、ホコリが舞い上がったりといった影響もあります。

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
そこでお勧めなのが、獣毛ブラシです。

獣毛ブラシの利点は、何といっても手軽なこと。動力も何も要りません。気づいたときに、シャカシャカッと掃けばいいだけです。そして、これはブラシの選択によるところもありますが、かなり強力に隙間のホコリやゴミなどを掻き出してくれます。必要以上にホコリが舞ったり、周りのものを吹き飛ばす心配もありません。

2.獣毛ブラシの選び方

意外と奥が深い、毛へのこだわり

さて、ひとくちに獣毛ブラシといっても、Amazonでざっと検索かけただけでも、いろんな種類と形状があります。材料としては、豚(イノシシ)や馬が多いですかね。ブラシの性質を誤ると、うまく掃除ができません。キーボード掃除にお勧めなのは、次のようなタイプです。

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
大切なのは、「根元は硬く毛先はソフト」になっていること、そのためには、合成繊維ではなく獣毛であること、そして、毛の長さがそれなりにあること、です。硬い部分で切りそろえているブラシだと、毛先が細部に入っていってくれません。毛先があえてボサボサで、ソフトになっていることで、細かい隙間にもブラシが入り込んで、ホコリを掻き出してくれるんです。獣毛でない、除電などをうたうタイプの「ふわふわ」ブラシでは、対象の隙間が大きかったり浅ければいいのですが、深い隙間には毛の弾力が足りずに入ってくれません。

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
先ほどから映っている、大きめの方のこのブラシは、10年以上使っているもので、どこで買ったのか覚えていないのですが、豚毛で、理想的な耐久性と毛先のソフトさを誇ります。キーボードだけでなく、細かいところの掃除にオールマイティに活躍を続けている、お気に入りの逸品です。愛用のNiZキーボードは、ご覧のようにスキマがかなり深いのですが、余裕でホコリを掻き出してくれます。このブラシ、最高なんですが、お勧めするにはもはや入手方法が分かりません。

スポンサーリンク

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
Aamzonで手に入るもので、良さそうのは、RealforceやHHKBで知られるPFUブランドのもの。高級キーボードには高級お手入れ道具ということで、PFUブランドは掃除用ブラシも販売しています。ただしもちろん、約3,000円とかなりいいお値段します。

安くていいのが欲しいなら、「コヒーグラインダー用ブラシ」を狙え

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
比較的安価で、ちゃんと根元は硬く毛先はソフトになっていて、かつ毛が長いちょうどよいブラシは、実は、コーヒーグラインダー用のものを探すとあります。画像のブラシは、Aliexpressで約400円弱で買ったものです。こういうシンプルなものは、Aliexpressで買うと笑えるくらい安い。Amazonだと、同等品が1,000~2,000円しますね。Amazonでも、安いもので十分使えそうなものは、1,000円前後からあります。清掃能力では、先ほどのサイズのでかいものにやや劣るものの、スティック状になっているので、ペン立てに突っ込んでおけるのが利点です。

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
コーヒーグラインダー用ブラシを買うときは、なんでもいいのではなく、2点、注意があります。まず、サイズをよく見てください。小さいのもありますので。写真のは、間違って買ってしまったミニサイズのものです。ドローンの手入れに大活躍しているので、結果オーライですが(笑)

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
それから、毛の長さが長いこと。毛が短いと、スキマに入り込むだけの十分な弾力を得られません。ご覧のように、私が使っているブラシは、毛長が約6cm~8cmあります。

キーボードの掃除には獣毛ブラシ
6cmあれば十分ですが、これより短いと、スキマ清掃能力は落ちます。コーヒーグラインダー用ブラシだと、毛長3cm~4cmくらいのも多いので、商品情報をよく見てください。

その他には、化粧用ブラシなんかも、バリエーションが非常に豊富なので、よさそうなものがあるかもしれません。

3.まとめ

道具は清潔に保ってこそ、作業に集中できるというものです。快適な作業環境の維持のため、日々のキーボードのお手入れを手軽にできる獣毛ブラシを、手元に1本いかがでしょうか。特に、メカニカルキーボードや静電容量無接点方式のキーボードを使っているなら、必須アイテムですよ!

4.関連リンク

コーヒーグラインダー用ブラシは、同等品や類似品が大量にあります。Aliexpressのも、Amazonのも、一例です。

キーボードブラシ PZ-KBHAKE:PFUダイレクト
赤田刷毛工業 キーボードブラシ(赤) PZ-KBHAKERD:Amazon
Coffee Grinder Powder Cleaning Brush:Aliexpress(私が購入したものです。購入時は、送料込みで400円切ってました。)
レデッカー コーヒー・エスプレッソ マシーンブラシ:Amazon(Aliexpressで購入したものと、おそらく同等品)

スポンサーリンク

コメント

  1. kai より:

    はじめまして。
    お教えいただきたく。
    Aliexpressあまりに安くてかえって怖いのですが、なぜこんなに安く買えてしまうのでしょうか。

    • natsuki より:

      要因はいろいろあると思います。
      検品やアフターサービスにかける人件費は削っているだろうし(ちょうど今日も、Aliexpressで注文して届いたドローンの部品が不良品だったので、いましがた返金か再送を交渉するメッセージを送ったところです)、商品情報(特に画像)は不正確だし、梱包もビニル袋やポチポチで包んだだけだったり、箱に直にテープをベタベタに貼っている場合もあるし、輸送も、送料無料なら時間もかかるし、その過程で箱があってもボコボコに潰れているなんてザラだし。もし、日本のしかるべきところでこれと同じブラシを買えば、きちんと箱が付いていて、箱もゆがみやつぶれの無いものでしょうが、そんなふうに箱が潰れないように輸送するだけで、そこに相応のお金がかかるのは想像に難くありません。それから、おそらく、工場や大元の製造委託メーカーの倉庫などからの直送だろうから、出品者は在庫を抱える必要もないし。実際、注文した後、ゴメン在庫切れだから返金するね、という展開は日常茶飯事です。
      ぱっとおもいつくところで、そんなところでしょうか。他にも、いろいろあると思います。
      要するに、日本はサービス品質が過剰と言えるぐらい高いので(不良品率が低く、在庫管理はきちんとしていて、美しい包装、速い輸送に、アフターサービスも充実……)、それがあたりまえである社会ということ自体は誇るべきことかも知れませんが、当然、商品価格にも反映されるわけです。それらを削るとこの価格、ということでしょう。
      実際、日本での購入に比べて上記のサービス品質は低いので、日頃、Aliexpressは「リスクを楽しむ心構えが必要」と言っているのはそういうわけです。
      そういうことを分かった上で、でもやっぱり安いから多用しています。