inateck 超薄型スリーブケース LC1201 - 低価格ながらかなりの高品質、ただしサイズ小さめ(実機レビュー)

inateck スリーブケース LC1201
今回は実機レビューですが、PCとかタブレットとかキーボードとかではなく、スリーブケースが題材です。inateckの「LC1201」という製品なのですが、低価格な割にかなりしっかりしたものだったので、実機レビューをしてみたいと思います。なお、この製品にはサイズバリエーションがあり、「11インチ用のLC1101」と「13インチ用のLC1301」もラインナップされています。後述しますが、サイズ感はMacBookを念頭に入れているようなので、Windowsマシンで使う場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

1.製品概要

inateck スリーブケースLC1201 同梱物
LC1201はスリーブケース本体のほか、小型のポーチとクリーニングクロス(メガネ拭きと同じものです)が付属します。価格が2,099円なので、ちょっとお得感がありますね。

サイズは23.4 × 31.3 cmとなっており、マチがないので、クロス(生地)の厚さのみ、となります。私がLC1201に入れようと思っている10.1インチの2 in 1、acer Aspire Switch 10のサイズが17.7 × 26.2 × 2.0 cmなので、楽勝で入るはずです。

inateck スリーブケース LC1201 素材感
アップで見るとこんな感じです。主要部分はフェルト地で底部はPUレザー(合成皮革)で補強されています。質感はかなり高いと思います。縫製部分もしっかりしていて安心感がありますね。
inateck スリーブケース LC1201 フラップ
フラップ(蓋)部分は表地がチェック柄のオックスフォード(inateckの説明による)ですが、開くとPUレザーで補強されています。中にマグネットが入っていて、フラップの固定はマグネットで行います。それほど強力に固定されるわけではありませんが、実用上は十分な強さだと思いますし、丈夫そうな作りだと感じました。

inateck スリーブケース LC1201 内部
中はこんな感じで、フェルト地なのでPCやタブレットを傷つけません。また厚みは皆無なので、何も入っていないと非常に薄いです。

inateck スリーブケース LC1201 付属品
付属品の小型ポーチとクリーニングクロスです。ポーチの方はスリーブケース本体とデザインの一貫性があります。クロスの方はごく普通のメガネ拭きなんですけど、inateckのロゴがエンボス加工されていて、悪くないです。というかこんなクロスがついてくるなんて一言も説明がなかったので得した気分ですね。

inateck スリーブケース LC1201 ポーチの開閉
ポーチにはマグネットが入っていなくて、フラップの開閉はゴムバンドで行います。

スポンサーリンク

2.サイズは小さめ!

inateck スリーブケース LC1201 タブレットを入れる
まずはタブレット(Teclast X98 Pro、iPadとほぼ同じサイズで9.7インチディスプレイ)を入れてみました。10インチタブレットであればラクラク入りますし、余裕ありました。

inateck スリーブケース LC1201に2 in 1
次に10.1インチ2 in 1のacer Aspire Switch 10を入れてみました。「12インチ用のケースに10.1インチのPCを入れるんだからスカスカでしょ?」と思っていたのですが、そうでもありませんでした。

inateck スリーブケース LC1201に2 in 1その2
左右方向はやや余裕があります。ただし、スカスカというほどではなく、むしろ「ピッタリ」という感じ。

inateck スリーブケース LC1201に2 in 1その3
前後方向にはほとんど余裕がありません。フラップを閉じられないとか、閉じるのに苦労する、というわけではありませんが、しっかり奥まで押し込まないと入らない感じです。「マチがない」構造なので、デバイスの厚みを吸収するために前後左右のサイズに余裕が必要になるんですね。

もし12インチクラスのノートPCをLC1201に入れるとしたら相当小型のもの、あるいは薄型のものである必要があります。LC1201のいう「12インチ」とは新型MacBookのことを指しています。新型MacBookはかなりの薄型(厚さ13.1 mm)なので、Windowsの2 in 1やモバイルノートよりも格段にスリムです。なので、Windows PCや2 in 1用にこのケースを使う場合、ワンサイズ大きめを購入する必要があるでしょう。

inateck スリーブケース LC1201 ポーチに電源アダプター
付属の小型ポーチに電源アダプターを入れてみました。モバイルマシンのアダプターは比較的小型なので問題なく入りましたが、そんなに余裕はありません。一緒にモバイルマウスを入れましたが、「パンパン」になってしまいました。

LC1201(恐らく他のサイズバリエーションも)は製品の質感は文句なしで、さすがドイツのメーカー(製品は中国製ですけど)だな、と感心してしまいました。これで2,099円というのはかなりのバーゲンプライスだと思います。唯一注意したいのはサイズ感で、MacBookよりも厚みのあるWindowsデバイスではワンサイズ大きめを選択すべきですね。

3.関連リンク

Inateck 12インチ超薄型スリーブケース:Amazon
inateckは日本で直販サイトを運営しておらず、Amazonのみに出品しています。また、11月26日まで「サンクスギビングキャンペーン」を開催中で、LC1201もキャンペーン対象になっています(LC1101と1301は対象ではありません)。クーポンコード「J3KEH37M」を使用すればさらに20%割引となります。「サンクスギビングキャンペーン」については下記の記事をご確認下さい。
セール情報 - PCアクセサリーのinateckが「サンクスギビングキャンペーン」を開催!

スポンサーリンク