iEC USBソーラーチャージャー - モバイルデバイスを充電できるソーラー充電器(実機レビュー)

EC Technology USBソーラーチャージャー
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。周辺機器メーカー「EC Technology」の新製品「USB ソーラーチャージャー」の実機レビューです。「太陽電池」ですね。なんだかとっても楽しそうな製品に思われます。通常のモバイルバッテリー以上の使い勝手を期待しちゃいけないんでしょうけど、太陽の光というのはタダですし、天候さえ良ければバッテリー切れを気にしなくていいわけで、いやがうえにも期待感が高まりますよね。この製品はEC TechnologyがAmazonに出品していて、価格は税込みで4,999円です。
iEC ソーラー充電器 USBソーラーチャージャー:Amazon

スポンサーリンク

1.外観

EC Technology USBソーラーチャージャー
本体と同梱物です。本体のサイズは約26 × 16 × 3 cmくらいです。重量は実測値で451 gでした。ナイロンキャンパス製のものを手採寸したので若干誤差があることをご了承ください。簡単な取扱説明書と充電に使うUSB‐microUSBケーブルが付属していました。
EC Technology USBソーラーチャージャー ThinkPad 8と
サイズを書くだけだとわかりにくいので、8インチタブレット「ThinkPad 8」と並べてみました。なんだか専用のポーチみたいに見えますね。ただし、これはポーチではないので中にタブレットを入れることはできません。
EC Technology USBソーラーチャージャー 展開
畳んだままだとソーラーパネルが見えません。なので、充電時には広げて使うことになります。広げると一気にサイズが大きくなります。横の長さは約67 cmくらいに広がります。しかし、ソーラーパネルも見えますし、これで充電できそうですね。
EC Technology USBソーラーチャージャー ポート
ひとつ上の画像のロゴマークのある部分が袋状になっていて、中に電源部分というかUSBポートが2つついています。つまり、2台の機器を同時に充電できる、ということですね。また、画像だと見えませんが、赤いLEDインジケーターがついていて、太陽光を検知すると光ります。

EC Technology USBソーラーチャージャー ポケット
これはAmazonの製品ページにあった画像ですが、こんな形状になっていて、USBケーブルの収納は可能です。ただし、画像のようにスマホやタブレットを収納して持ち歩く、というのは難しいと思います。中に電源部分がありますから。

スポンサーリンク

3.使ってみた

EC Technology USBソーラーチャージャー 屋外で充電
まずは王道、晴天時の屋外で直射日光に当てて充電です。マンションのベランダでやってみました。状況を正確に書くと「2016年2月21日午後1時~2時の1時間、晴天時の東京郊外」です。充電した機器はマウスのWindowsスマホ「MADOSMA」で、充電開始時のバッテリー残量は68%、充電後(1時間後)のバッテリー残量は90%でした。これなら十分実用的な性能だと思います。

EC Technology USBソーラーチャージャー 屋内
次に屋内で試してみました。画像のように窓越しに日光がちょこっと当たるくらいです。また状況を正確に書くと「2016年2月21日午後2時、晴天時の東京郊外」です。でもこれは残念ながら無理でした。太陽光をキャッチしていることを示すLEDインジケーターは点灯しましたが、タブレットに通電されません。

2016年2月21日午後1時~2時の1時間、晴天時の東京郊外 屋内窓際
最後に同じ状況で窓側に置いてみました。薄手(レース)のカーテン越しの室内です。またまた状況を書くと「2016年2月21日午後2時~3時の1時間、晴天時の東京郊外」で、使用機器は中国タブレット「Chuwi Hi8」です。これだと何とか充電できますが、1時間で10%に満たない程度、正確には充電開始前に18%のバッテリー残量だったものが、1時間後に26%に変わっていました。

ソーラーチャージャーという性質上、季節とか場所(北海道か沖縄かなど)、もちろん天候によっても性能は左右されると思いますので、この程度のテストだと正確なところはわからないと思いますが、私が感じたのは、

・晴天の屋外ならかなり満足のいく結果
・日光が当たらない場合は厳しい
・屋内でも窓際で直接日光が当たるのであればそこそこの性能

ということです。おそらく電灯の下とか曇天で日が差さないような状況だと充電できないか、できてもごくわずか、という結果になると思います。

4.まとめ

EC Technology USBソーラーチャージャー 利用イメージ
この手の製品の利用シーンとしては、まず「災害など非常時の電源確保」というのが挙げられると思います。この場合は自宅の押し入れなどにしまっておいて、いざというときに使う、という感じになると思いますが、この用途なら十二分に性能を発揮してくれると思います。天候さえ良ければチャージャーとしての性能は満足のいくものです。

次に自宅に常備しておいて、天候がいい日だけ使う、というパターンが考えられますが、これももちろん合格です。小さくたためるので、本棚にでも置いておけばすぐに取り出せるし、日中に何台かスマホやタブレットを満充電できるでしょう。

最後に外出時に携帯するパターンですが、これは事前に天気予報を確認し、かつ日中に充電できるような場所を確保できるか確認しておく必要があると思います。例えば晴天の予報で、野外でバーベキューの予定、なんて場合は抜群の性能を発揮してくれるでしょう。自分の分だけでなく友人のスマホもしっかり充電してあげられます。しかし、天候に恵まれなかったりすると、(多少は充電できるかもしれませんが)まったく満足できないはずです。

この製品は特に最初のパターン「非常時の電源確保」という理由だけでも手元に置いておく価値はあると思います。2番目、3番目のパターンはオマケ、くらいに考えることができるのなら、購入しておいて損はないし、安心できると思いますよ。

5.関連リンク

iEC ソーラー充電器 USBソーラーチャージャー:Amazon
※EC Technologyは日本で直販サイトの運営をしておらず、Amazonのみに出品しています。 

スポンサーリンク

コメント

  1. じぃ より:

    ソーラー充電器は欲しいと思っているんだけど
    基本インドア派だから非常時にしか使い道がなくて
    なかなか手が出ないですね

    • wintab より:

      じぃさん、こんにちは、コメントありがとうございます。私も同じですが、非常用に置いておいてもじゃまにならないサイズなんで、持っておいてもいいんじゃないか、と。

  2. 匿名 より:

    楽しく参考にさせていただいてます。
    この商品は車内ダッシュボードとかに置いても使用出来るのでしょうか?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。日光が当たれば大丈夫だと思います。あと、異常な高温は故障の原因になるかもしれません。