iClever 赤軸メカニカルキーボード G01 - 必要な機能が揃っていて超お買得!メカニカルキーボード・デビューにおすすめ!

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01
iCleverがメカニカルキーボード「G01」を発売しました。iCleverといえば、どちらかというと「折りたたみ式でコンパクトなキーボードの会社」というイメージがありましたが、今回ご紹介するG01は(コンパクトと言えないこともないですが)ゲーム用としてもビジネス用としても「本格的」なメカニカルキーボードです。さらに、最初に価格をお知らせしておくと「Amazonで3,999円、さらにクーポン割引あり」と、メカニカルキーボードとしては激安レベルになっています。

スポンサーリンク
iClever 赤軸メカニカルキーボード G01

クリックで拡大します

これがスペック表。押さえておきたいところとして

・USB有線接続
・テンキーレスの日本語配列
・赤軸(ただし、ブランド軸ではなさそう)
・Nキーロールオーバー対応
・設定アプリあり

というところでしょうか。接続方法と配列については(メカニカルということに限らず)キーボード購入の際には必ず確認しておくところです。有線接続で重量約700 gという時点で、モバイル用としてはあまり向かないと言えますね。まあ、ご自宅用、あるいは事務所用がメインということになると思います。また配列は「日本語」です。ここも過半数の読者には歓迎すべき部分と言えるでしょうね。

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01

クリックで拡大します

軸色は「赤」ですが、Cherry MXとかKailhとかのブランドものではないと思われます。というか、もしCherry赤軸のキーボードがこの値段なら、全員迷わず買うでしょうしw ということで、Cherry MXではなさそうなものの、「赤軸の特徴」はCherryを模したものになっているはずです。なお、軸色による使用感の違いについてはこちらのサイト(ダイヤテック)をご参照ください。

スポンサーリンク

私、数年間赤軸のメカニカルキーボードを使っていましたが、簡単に言うと「メカニカル初心者向け」だと思います。比較的軽い打鍵感で、打鍵音も小さめ(とは言え、一般的なキーボードよりはかなりうるさいです)ですから、「とっつきやすい」スイッチ(軸)です。低価格であることに加え、赤軸である、という点も個人的にこの製品をおすすめしたい理由になっています。

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01

クリックで拡大します

さらに、この製品は設定用のアプリも用意されていて、キーボードマクロの登録やバックライトのライディング調整などが可能です(ただし、バックライト色に関してはあまり複雑な調整はできないものと思われます)。特にゲーマーにはうれしい機能ですね。

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01

クリックで拡大します

普段使いでもうれしいのが「防滴設計」です。仕事に集中していて、うっかりジュースをこぼしてしまった!なんこともたまにありますしね。

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01はAmazonで販売中で、7月28日現在の価格は税込み3,999円ですが、製品ページに2種類のクーポン(8%OFFと10%OFF)があります。試しに両方とも適用してみたところ、10%OFFのほうのみが適用され、税込み3,599円になりました。クーポンの挙動についてはご購入のタイミング等で変わる可能性がありますが、「日本語配列のメカニカルキーボードが3,000円台半ば」というのは今のところ間違いありません。

これねー、私も買ってしまおうかな、と思ったり…。いやね、「いいキーボード」はすでにたくさん持ってるんですよ、私キーボード厨なんで…。なので、まさに「不要不急の買い物」になってしまうんですけど、この価格ならとりあえず買っていいのでは?と思ってしまいます。メカニカルキーボードに興味がある人はぜひお試しください。

関連リンク

iClever 赤軸メカニカルキーボード G01:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. Landious Travel より:

    素晴らしいキーボードです

  2. wintab より:

    こんにちは。ですかねー。価格が安いので、とりあえず買ってしまってもそんなに後悔はしないかも、とは思います。