eMeet NOVA ウェブカメラの実機レビュー - ノートPC標準のWebカメラからのステップアップに最適!1080p対応で価格と機能がちょうどいいバランス!

eMeet NOVAアイキャッチ画像
こんにちは、ゆないとです。今回はWebカメラ「eMeet NOVA」をレビューします。昨年12月初旬にAmazonで低価格なWebカメラを探していたところ、この製品を見つけましたので購入していました。最近、プライベートでもZoomやSkypeを使用する機会が増えてスマホを使っていたのですが、画面共有時にはスマホのディスプレイだと見づらいと感じることが多く、Webカメラのない私の愛用PCで使いたかったからです。

スポンサーリンク

プライベートで使い倒すつもりでしたが、ウインタブでは既にeMeet製品2機種の実機レビューをお届けしており、私のモデルもご覧頂きたいと思い実機レビューをすることにしました。ウインタブに掲載済みの実機レビューについては、下記のリンクからご覧くださいませ。ひとまずWebカメラを用意したいけど、十分なスペックのものがほしいというニーズに応えてくれる製品です。

eMeet C960 ウェブカメラの実機レビュー - 高画質でマイクつき、ドライバー不要で「めんどくさくないWebカメラ」です。低価格なのもいい!
eMeet C980pro ウェブカメラの実機レビュー - スピーカー搭載で1080p/30fps対応のWEBカメラ。必要な機能が揃っている優等生です

1. スペック

対応OS:Windows10/8/7, Mac OS X
最大解像度:1080p(フルHD画質)
有効画素数:200万画素
フレームレート:30fps
フォーカス:オートフォーカス対応, 20cm以上の範囲
視野角:96°
マイク:高音質デュアルビルトイン全方向マイク
コネクタ:USB Type-A
サイズ:100mm × 58.5mm × 54.9mm
ケーブル長:1.8m
その他機能:自動低照度調整機能, ノイズ・エコーキャンセリング機能

ノートPCでは標準的な720pではなく、1080pの表示が可能なWebカメラです。30fpsなので滑らかな表示とは言えませんが、ビデオ通話ではあまり必要ない点ではありますので問題ありません。オートフォーカスに対応しているため、20cm以上の距離であれば自動でフォーカスしてくれます。

マイクは左右に1つずつのデュアルマイクですが、360°の方向に対応したマイクを搭載しているため、しっかりと声を拾ってくれることに期待ができそうです。ケーブル長は1.8mと長めなので、少し離れたところに設置するのも簡単でしょう。

その他、低照度のときに明るさを自動調整してくれる機能や、ビデオ通話時に起こりやすいエコーやノイズのキャンセリング機能が付いています。WindowsとMac両対応で、プラグアンドプレイという仕組みのため、手動でドライバをインストールする必要がないのもポイントですね。

2. 外観

取扱説明書類
取扱説明書が3種類あるのみで、後は本体だけというシンプルな構成です。

カメラユニット1
カメラ部分です。大きめのレンズが目立ちます。メーカーロゴやAUTO FOCUS、HD 1080Pと印字されています。ロゴの隣には穴が空いており、ここがマイク穴になっています。こちら側の側面は光沢がありやや周囲の景色が映り込みます。

カメラユニット2
背面側です。USBケーブルが備え付けられており抜いたりはできません。ケーブルには元からまとめるための結束バンドのようなものが付属しています。

カメラユニット3
脚に当たる部分はこのように折りたたんでコンパクトにすることができます。この部分でディスプレイなどに固定することになります。

カメラユニット4
脚を折りたたむと三脚へ固定するためのネジ穴があります。必ずしもディスプレイ部分に取り付ける必要があるのではなく、三脚を使ってより柔軟に利用することができます。

スポンサーリンク

カメラ固定
ディスプレイにはこのように固定します。先端が飛び出ているところをディスプレイ前面側のベゼルに引っ掛けて、ディスプレイ背面で押さえるという仕組みです。脚の角度を調整することでカメラの向きを変更することもできます。私の場合、カメラよりも低い位置に顔が来るので、やや下へ向くように設置しました。

角度調節
さらに、カメラユニット自体もある程度角度調節が可能です。設置時の向きと組み合わせると、y軸方向に広い範囲で視点を変えることができますね。

3. 使用感

ZOOM

ZOOM_未設定
まずは、ZOOMを特に設定を変えず移した場合です。普段仕事で使っている720pのカメラと変わらない程度の画質だと感じています。これは設定を有効にしていないため1080pでの表示にはなっていないからだと思われます。

ZOOM_設定済
ZOOMの設定で、”オリジナル”と”HD”を有効にしてみました。先程よりも視野角が広がり、画質も良くなったように感じます。輪郭のぼやけが少なくなり顔の細部の判別がしやすくなったかなという印象です。少なくとも720pよりははっきりとした表示だと思います。

私の部屋ではシーリングライトを使っておらず、夕方になると結構暗い室内になります。この画像の時間は16時頃なのですが、ライトが無いと着ている衣服などは暗く見づらくなってしまいますが、低照度でも調整してくれる機能が有効になっており、ある程度暗いところでも安心だと思います。

Skype

Skype
続いて、Skypeでも試してみました。SkypeではHD画質のON/OFF設定がなく、そのままでもきれいな表示になっています。Skypeの場合は明るさやコントラストなど細かくスライダーで調節ができるので、より好みの映りにすることができますが、これでも十分きれいで見やすいと感じます。

マイク

マイクについてはサンプルを用意していません。購入当時はビデオ通話でも問題なく相手側に声が届いていたのですが、年明けにPCを初期化したところマイク音量が最大に設定されていたとしても、口元にマイクを近づけないと相手側に非常に小さい音量でしか届かなくなってしまっています。

購入当時の聞こえ方としては、カメラ付属のマイクとしては十分クリアで、ノイズ・エコーキャンセリング機能のおかげか余計な雑音も無く相手側に聞こえており、違和感を感じさせず通話ができていました。

その他

上位モデルだとレンズカバーなども付属しているようですが、この製品には特に付属していません。使わないときはケーブルをPCから抜くか、Windowsの設定でカメラのアクセス権を特定のアプリのみにするかといった対応が必要で、少し手間かもしれません。私は使用が終わればケーブルを外しています。

また、カメラユニットはx軸方向に360°回転させることができますので、向きを変えて顔が映らないようにすることは可能です。

4. まとめ

eMeet NOVAはAmazonで販売中で、1月11日現在3,503円で購入できます(セール価格なので、後日変更される可能性があります)。

正直なところノートPC標準搭載の720p Webカメラでもビデオ通話には支障がありませんが、私のようにWebカメラ未搭載の製品を使っていたりする場合、せっかく購入するならきれいに映る1080p対応のWebカメラが良いでしょう。もう少し価格が抑えめな製品が多くありますが、低価格でそれなりのクオリティとなるとこの製品は丁度よいバランスだと感じています。別途マイクを購入しなくて良いのもおすすめポイントですね。是非チェックしてみてください。

5. 関連リンク

eMeet NOVA:Amazon
eMeet C960 ウェブカメラの実機レビュー - 高画質でマイクつき、ドライバー不要で「めんどくさくないWebカメラ」です。低価格なのもいい!
eMeet C980pro ウェブカメラの実機レビュー - スピーカー搭載で1080p/30fps対応のWEBカメラ。必要な機能が揃っている優等生です

スポンサーリンク