上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850 - 今度の上海問屋オリジナルキーボードは Gateron青軸!もちろん日本語配列!

上海問屋  日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
ドスパラが運営する上海問屋は、私の理解だと「IT輸入雑貨屋さん」という感じです。中国などからちょっとおもしろい周辺機器を輸入販売しているイメージですね。しかし、オリジナル(上海問屋が商品企画した独自製品)もありまして、今回紹介する「DN-915850」もオリジナルのキーボードです。なお、この製品は以前ウインタブでも実機レビューした「DN-915598」のバリエーションモデルとなります。

スポンサーリンク

上海問屋  日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
これがスペック表。メカニカルキーボードの中には「60%(普通のキーボードの60%のサイズ、という意味)」と呼ばれる超コンパクトサイズのものもありますが、概して他の方式のキーボードよりも大きく、厚く、重いです。構造上これはやむを得ないんですけどね。「厚さ37 mmもあるの?」とか「コンパクトキーボードで546 gじゃ重すぎる!」というご意見もあろうかと思いますが、これもまた快適な打鍵感を得るためと割り切るしかありません。

メカニカルキーボードの打鍵感を左右するのが「スイッチ(軸)」です。この製品は「Gateronの青軸」が採用されています。メカニカルキーボードのスイッチは有力なブランドがいろいろとありまして、Cherry MXが日本では有名だと思いますが、Gateronというのも有名ブランドです。ただし、どのブランドの軸が一番いいのか、というのは人それぞれなので、ここではコメントを控えます。メカニカルキーボードをお使いになった経験のない人は、とりあえず「いい軸」だと思っていただいて結構です。

また、「青軸」というのは確実なクリック感が得られ、非常に気持ちのいいタッチなのですが、一方で「うるさい」です。職場で使うのがはばかられるレベル。ちなみに先行して販売されている「DN-915598」のほうは「Gateronの赤軸」になっていまして、こちらのほうが割と普通の打鍵感となり、打鍵音も青軸よりは静かです。ただし、静かな場所で周囲を気にせずにタイピングできるか、というと、それも疑問ですね。

私、ちょうどいま、「Cherry MXの赤軸」のキーボードでこの記事を書いているところなのですが、やっぱ打鍵音は「普通より大きい」です。なお、軸色ごとの特徴については下記のリンクに詳しい説明があります。Cherry MXの軸についての説明ですが、基本的にGateronの赤とか青でも同じような説明になるはずです。

CHERRY MXスイッチとはダイヤテック株式会社(FILCO)

上海問屋  日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
キー配列です。ごらんのように日本語配列になっています。安価なメカニカルキーボードはAmazonなどでも購入ができますが、それらは中国から輸入してそのままの状態で販売されるケースが多いので、英語配列のものも割と見受けられます。あえて英語配列を、という人もいると思いますが、日本語配列を歓迎する人のほうが多数派でしょうね。それと、「かな刻印」がありません。かな入力の人はご注意下さい。

上海問屋  日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
ただし、この製品はキー数が73と少ないため、どうしても配列に無理が出てしまいます。例えば左側にFnキーがありません。そのため、「Fnキーとの同時押し」でいくつかの機能を実現しているほか、底面に「DIPスイッチ」が設けられ、WindowsキーとFnキーやALTキーを入れ替えたりすることができます。

スポンサーリンク

上海問屋 メカニカルキーボード DN-915598
この画像は以前ウインタブで実機レビューをした「DN-915598」の底面です。DIPスイッチはここにあります。

上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
上海問屋→ドスパラ→ゲーミング、という順で連想していくとわかりますが、この製品はゲームプレイでも快適です。Nキーロールオーバーやアンチゴースト機能もついていますので、高速タイピングでも安心です。

上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850
筐体品質にも配慮がなされています。この製品はイエローのバックライトを装備していて、筐体のエッジ部分はダイヤモンドカット加工が施されます。もちろんフルサイズのキートップはデスクトップ用キーボードと同じように中央部が凹んだ立体的な造形です。

上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード DN-915850はドスパラ公式サイト内の上海問屋コーナーで販売中で、8月17日現在の価格は4,780円(税込み5,162円、8月20日までは送料無料)です。また、先行して販売されているGateron 赤軸を採用するDN-915598のほうも同価格になっています。

この製品、ゲーミングPCにノウハウのある上海問屋(というかドスパラ)が企画した製品ということもあり、信頼性は非常に高いと言えます。また、サイズが小さいというのも魅力で、テンキーが必要ない、という人のデスクを広く見せてくれるだろうと思います。購入にあたっては、ウインタブの実機レビューを参考になさって下さい。メカニカルキーボード初心者の人にもおすすめできる製品だと思いますが、「赤軸にするか青軸にするか」というのはメカニカル初心者の人には結構悩みどころで、「打鍵音が大きくてもいいのなら、青軸のほうがよりメカニカルらしいですよ」とは言っておきます。また、打鍵音を少しでも抑えたいのなら赤軸ですね。

関連リンク

上海問屋 日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード レビュー - ゲームもいける!低価格で高品質な赤軸メカニカルキーボード(実機レビュー:takumi)
日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron青軸 DN-915850 [かな刻印なし・ゲーミング・DIPスイッチ付き]:上海問屋
日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron赤軸 DN-915598 [かな刻印なし・ゲーミング・高速タイプ・DIPスイッチ付き]:上海問屋

スポンサーリンク