COUMI M10 BT-350の実機レビュー - Bluetooth / 有線両対応のヘッドホン、低価格ながらクリアで迫力ある音質!

COUMI M10
こんにちは、かのあゆです。COUMIの最新ヘッドホン「M10 BT-350」の実機レビューをします。かのあゆ個人としても初めて使うオーバーイヤータイプのヘッドホンですが、Amazonでの販売価格が5,000円以下という低価格モデルながら、音質は非常に満足できるものでした。

スポンサーリンク

なお、レビュー機はCOUMIよりサンプル提供いただいております。COUMIにはこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

1.スペック

  COUMI M10 BT-350
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0
搭載チップ QCC3034
オーディオコーデック apt-X HD、apt-x、AAC、SBC
ドライバー 40 mmダイナミックドライバー
再生時間 50時間
本体充電時間 2時間
サイズ 200 × 166 × 50 mm
重量 300 g

COUMI M10はQualcommのBluetoothチップセットである「QCC3034」を搭載しています。対応コーデックはハイレゾ音源相当の音質を実現するapt-X HDのほか、 apt-X、AAC、SBCをサポートしています。

またノイズキャンセリング技術として「Qualcomm CVC 8.0」に対応しているため、騒音が多い場所でも余計なノイズをカットしてクリアな音質で音楽を楽しめます。Bluetooth 5.0もサポートしているため、端末側もサポートしていればより安定した通信と長時間再生が可能です。

バッテリー稼働は最大約50時間というロングライフを実現しており、付属するオーディオケーブルを使用することで有線でも利用可能です。

AndroidとiOSでは専用アプリとして「COUMI」が用意されており、プリセットされている5つのイコライザー設定から最適なものを選択できるほか、自分の耳に合わせたプロファイルの作成も可能です。

Coumi:Google Play
COUMI:App Store

2.筐体

付属品
付属品は専用ケース、AUXケーブル、USB-Cケーブル、マニュアル類です。マニュアルの表記は英語のみでした。

イヤホン本体
イヤホン本体はスタンダードなオーバーイヤータイプそのものといった印象で、特にデザイン面で目立ったところはない印象です。低価格モデルですが、質感に関しては安っぽさを感じさせるようなことはなく、「1万円以上する機種だ!」と言われても納得してしまいそうなレベルです。

スポンサーリンク

ポート、ボタン類
ポートや操作ボタンは右側で、充電用のUSB-Cポート、有線接続用のAUXポート、ボリューム下ボタン、電源ボタン、ボリュームボタンが配置されています。

主な操作に関しては以下の通りとなっています。

再生・一時停止:電源ボタン一回押し
Googleアシスタント、Amazon Alexa、SiriなどのAIアシスタント呼び出し:電源ボタンを1秒間長押し
曲戻し:ボリューム下キー長押し
曲送り:ボリューム↑キー長押し

3.使用感

装着感

装着感
このタイプのヘッドホンは初めて使ったのですが、耳に密封される形で装着できる(つまり、密閉型)ので音漏れなども少ない上に外部の雑音も入りづらくなっており、好きな音楽に集中できます。またイヤーパッド部も柔らかくなっており、長時間装着していても疲れることはありません。

専用ソフトについて

専用アプリ「COUMI」
COUMI M10 BT-350はもちろん単体でも利用できますが、専用アプリ「COUMI」を導入することでより自分の耳にあったイコライザー設定で音楽を楽しむことができます。

プリセットされている設定としては「Classic」「Pop」「Jazz」「Rock「Folk」の5種類が用意されており、聴く音楽のジャンルに合わせて最適なイコライザー設定に切り替えることが可能です。

聴力に合わせたイコライザー設定も可能
またプリセットされている設定だけでなく、ユーザーの聴力に合わせたイコライザー設定も作成可能です。自分の耳にあった設定に最適化できるのでよりクリアな音質で音楽を楽しむことができます。

音質

今回かのあゆはメイン端末として使用しているGalaxy Fold SCV44と組み合わせて実機レビューを行っています。接続コーデックはapt-Xです。Galaxy Fold SCV44は残念ながらapt-X HDには対応していませんが、apt-X接続でも遅延はそこまで気にならないので、動画再生や操作がシビアでないゲームのプレイについては快適に楽しめています。

音質に関しては低音が強調されている印象で、価格に見合わないクリアな音を実現しています。特にかのあゆがよく聞く洋楽ロックとは相性が良く、まるでライブハウスにいるような迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

4.まとめ

COUMI M10 BT-350は4月11日現在、Amazonにて4,799円(税込)で販売中です。このタイプのヘッドホンは高価なものが多い、というイメージを持っていましたが、この価格であればヘッドホンを初めて購入する方にも手を出しやすいと思います。

また「価格は安いけれど、音も安っぽい」ということもなく、音質に関しても満足できるものになっています。低価格ながらapt-X HDにも対応しており、コストパフォーマンスに優れたヘッドホンに仕上がっていると感じました。これからもメインとして活用していきたいと思います。

5関連リンク

COUMI M10 ワイヤレス ヘッドホン BT-350

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    CVCは通話の音声を明瞭化するもので周囲の雑音をカットするANCとは別だと思いますけど。