MSI S20 - 独特なスライド式 2 in 1、競合不在!価格に見合わない高スペックも魅力

MSI S20
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回紹介するMSIの「S20」は特に最新モデルということではありません。記事にいただいたコメントに「S20ってどうなんだろうね」というのがありまして、私自身この製品について全然理解していなかった、ということで改めて調べてみました。かなり面白い、というか価格の割に魅力のある製品だと思うので、改めて記事にします。コメントをいただいた方にこの場を借りて御礼申し上げます。

スポンサーリンク

1.スペック

MSI S20 スペック表

クリックで拡大します

スペック表に「S20 4M-033JP」という型番名がありますが、これは2014年夏にヨドバシ専用モデルとして発売されたものです。現在入手できるのは「20 4MSLIDER2-040JP」という型番名で、「Amazon限定モデル」となっています。つまり、S20は(多少の例外はあるかもしれませんが)現在Amazonでしか買えない、ということになります。

MSI S20 Amazon限定モデル
筐体は同じですが、Amazon限定モデルは色がブラックのみとなります。サイズ感とかポート類についてはこのスペック表で確認できますが、肝心のCPUが異なっています。スペック表では「Pentium 3558U」となっていますが、Amazon限定モデルでは「Celeron 2957U」に変更されています。両者の性能差の説明資料としてPassmarkのベンチマークテスト結果をのせておきます。

Pentium 3558U: 1,791
Atom Z3795: 1,678 ※参考(ThinkPad 8に搭載)
Celeron 2957U: 1,498
Celeron N2840: 1008 ※参考(低価格ノートPCに使われていることが多い)
Atom Z3735F: 887 ※参考(8インチタブレットで一般的)

※数値が大きいほうが高性能
※2015年6月12日現在のPassmark掲載数値

あくまでベンチマークテスト結果なので、参考程度に捉えてもらいたいのですが、8インチタブレットでよく使われるZ3735Fよりは高性能であるものの、特段ハイスペックということもなさそうですね。

スポンサーリンク

RAMは4GB、ストレージはSSDで128GB、OSは(スペック表上明記されていませんが)Amazonの情報を確認すると64ビットになっています。ディスプレイは11.6インチとタブレットとしては大きめで、解像度は1,920×1,080のワイド型です。

やはりタブレットとして考えてしまうとサイズはかなり大きく、(後述しますが)キーボードが分離できないタイプなので重量約1.16kgというのはかなり重くのしかかってきます。なので「タブレットとしても使えるノートPC」という考え方をしたほうがいいでしょう。

2.スライド式 2 in 1

MSI S20 白色
S20は2 in 1 PCですが、本体とキーボードを着脱するタイプではなく、筐体をスライドさせて変形させる形式になっています。変形のさせ方は文章で説明するのがかなり厳しいんで、参考動画をリンクしておきますね。

この動画を見て、独特な筐体ながらサイズ感としてはやはりノートPCと捉えたほうがいいと感じました。

MSI S20 タブレット形態
タブレットとして使う場合、パッと見た感じは普通のタブレットですが、

MSI S20 サイドビュー
やはり厚さ2センチ、というのは結構どっしり感がありますね。

3.かなりのお買い得品だがAmazonでしか買えない

S20は価格ドットコムでも出品情報を探すことができないので、普通に考えてAmazonで買うしかない、ということになりますが、価格の方はかなり割安になっていて、47,604円(税込み、送料無料、2015年6月12日現在)です。ノートPCとして使うということで割り切ってしまうと、ほかに選択肢がでてきますが、11.6インチの2 in 1ということであればこの価格帯で競合となる機種はほとんどなく、S20の独壇場といっていい感じになります。

Officeがバンドルされない、ということには注意が必要ですが、11.6インチというサイズはモバイルノートとしても十分に実用的ですし、OSも64ビット、RAMが4GBでストレージもSSD128GBと価格の割にかなり高いスペックになっているので、個人的には相当お買い得であると思います。アンチAmazonじゃなければ検討の価値はありますよ。

4.関連リンク

【Amazon.co.jp限定】 MSI Sシリーズ スライダーPC S20 ブラック: Amazon

Comment

  1. 匿名 より:

    昔エプソンダイレクトが出してたのと同型ですね。
    あちらはCorei7搭載で、タブレットモードはクロックが800MHz固定になる奴でした。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。MSIという会社は私にとってあまり馴染みがないのですが、それぞれの製品が高い価格競争力を持っている印象です。あとは日本でのサポートがどのくらいしっかりしているのかが気になります。今回のモデルはAmazon限定なので、間にAmazonが入っているという安心感はありますけどね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑