KEIAN KBM14HD - KEIANのWiZシリーズ、今度は14.1インチのモバイルノート!

KEIAN KBM14HD
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。低価格帯のタブレットでは人気のKEIAN(恵安)、Windows製品には「WiZ」という製品ブランドを冠し、スタイリッシュな製品を販売しています。デザインが洗練されても、やはり非常に買いやすい価格で販売されているので、私達ユーザーにとってはありがたいメーカーだと思います。その「WiZ」シリーズから新製品が登場しました。14.1インチのモバイルノート「KBM14HD」です。タブレットじゃなくて、本格的なノートPCっすね。

スポンサーリンク

1.スペック

KEIAN KBM14HD スペック表

クリックで拡大します

CPUがAtom Z8350ですから、エントリースペックの製品と理解していいですね。でもOSは64ビットですしRAMは4GBありますから、ノートPCとしてはCPUのパワー不足は否めないものの、ある程度快適には使えそうな感じです。というか、私もう1年くらい中華タブでこのスペックのものを試用し続けているので、性能のほどは十分予想がつきます。オンラインゲーム(ブラウザゲーム含む)なんかは厳しいですが、テキストライティング、Officeソフト、Microsoftストアアプリ(ほとんどのゲームも含む)、動画視聴、Webブラウジングなどの用途なら特に不満なく使えます。

ちょっと残念なのがストレージで、最近よく記事に書いてるんですけど、Windows 10の大型アップデート(年に2回くらいあります)はストレージの空き容量を10GB以上要求するようになったので、32GBだとちょっと厳しいんですよね。アップデートできないことはないんですけど、その都度ストレージの大掃除をしなくちゃいけません。このクラスの製品は本来初めてパソコンを購入するような人におすすめしたいんですけど、ストレージ32GBという時点で少し躊躇してしまいます。KEIANだけでなく、他のメーカーも含め、ストレージ32GBの製品って見直して欲しいなあ、と思います。

しかし、それ以外のスペックもかなり優秀です。ディスプレイはFHD(1,920 × 1,080)ですし、Wi-Fiは5GHz帯に対応してます。またポートもフルサイズ(Type-A)のUSBポートが2つにmicroUSBポートが1つ、さらにMini HDMIもありますね。ただし、給電がmicroUSBなのかDC-INなのかはよくわかりません。後述しますが製品画像にオーディオジャックのような丸いポートが2つあるので、DC-INのような気もしますけどね。

また、サイズもいいですね。厚さ20 mmで重量も1.2 kgなので、モバイル利用も十分可能です。というかCPUとストレージをもう少しランクアップしたらミドルクラスのモバイルノートPCになりそうです。

スポンサーリンク

それと、この製品にはOffice互換ソフト「WPS Office(旧KINGSOFT OFFICE)」が付属します。WPS Officeについては私は長期間使用したことがないので、詳しくコメントできませんが、少なくともないよりはあったほうが便利だとは思います。特に初めてパソコンを購入するような人には役立つかもしれませんね。

2.筺体

KEIAN KBM14HD 側面
今のところ公開されている筺体画像はトップ画像を含め3枚しかありません。この画像は斜め後ろからのものですが、完全に真っ黒で、どこかのプロトタイプ(試作機)みたいな雰囲気です。筺体素材は不明ですが、価格から考えてプラスティック製なのではないか、と思います。メーカーによれば「高級感のあるラバー調のマットブラック」ということです。

KEIAN KBM14HD 天板
天板です。ロゴマークすらない、本当に漆黒という感じ。また、このアングルから見ると筺体の薄さも感じられ、全体的にかなりまとまりのある美しいデザインであることがわかります。

で、トップ画像を含めた3枚の画像、わかりにくいですが両側面のポート類が見れますよね。左側面にはUSB × 2とオーディオジャック、右側面にはUSB × 1、microSDスロット、オーディオジャックがついているように見えます。ただ、スペック表を見ると、「USB × 2、mini HDMI、オーディオジャック」とあるので、USBポートに見えるもののひとつがmini HDMIで、オーディオジャックに見えるものの1つがDC-INなのかな、と思います。なお、microUSBポートは画像で見る限り、どこにあるのかわかりません。

3.価格など

KEIAN KBM14HDは3月15日の発売予定で、Amazonではすでに販売が開始されていました。3月9日現在の価格は税込み35,000円となっています。おそらく3月15日以降に多くの通販サイトなどで販売が開始されると思われますので、実売価格はもう少し下がるのかもしれません。

この製品は私がよく試用している中華製品にスペックが良く似ており、個人的には「わりとイメージできる」製品です。唯一残念なのがストレージ32GBという点で、中華と違って技適マークもついていますし、国内メーカー製品なので万一の際にも安心できます。KEIANらしくコスパもいいですし、セカンドマシンとしても、ライトユースのメインマシンとしても十分使えるものに仕上がっている、と思いました。

4.関連リンク

KBM14HD:KEIAN公式サイト 製品ページ
恵安株式会社 WiZシリーズ 14インチノートパソコン「KBM14HD」を発売:KEIAN お知らせ
KEIAN KBM14HD:Amazon

Comment

  1. PYU (@PYU224) より:

    実際に使うとなると本当にストレージ32GBが足を引っ張りそうですね。コスト減の為とはいえ、これだと購入に躊躇します。

  2. 23.8mm Hirame より:

    どこ探しても他の画像がないですね…画像通りなら凄く欲しいのですが…

  3. 青い国のぽんこつ より:

    実機を入手しました。
    まだ立ち上げておりません。
    USB micro-Bポートはありませんでした。
    誤記載だと思われます。
    天板はマット調です。(Thinkpadほどはしっとりしていません)
    天板の下の方にWizの黒文字があります。(近くで見ないとわかりづらいです。)
    レッツノートLX3より確実に軽いです。
    キーボードは、多少たわみますがキー間隔が広いので打ち間違いは少なそうです。

    外観からの個人的な感想です。

  4. 青い国のぽんこつ より:

    追記
    画面の縁が小さめな気がします(1.5cm前後ぐらい)
    カメラは画面左下でした。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑