Teclast T10 - Teclastが誇る「マスター」な10.1インチAndroid タブレット、かなり高品質よ!

公開日: : Android , ,

Teclast T10
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中華メーカーのTeclastが「マスター」なAndroid タブレットを発売しました。日本向けのAndroid タブレットで最も高性能なのは「ASUS ZenPad 3S 10」あるいは「ASUS ZenPad 3 8.0」だと思います。以前はさらにハイスペックな製品もありましたが、Wi-Fiモデル、SIMフリーモデルであればこの2機種が思い浮かびます。

スポンサーリンク

今回紹介する「Teclast T10」はこの2機種に勝るとも劣らない高性能な製品で、単にCPU性能が高いというだけでなく、ディスプレイ品質などにもこだわりを見せており、それでいて価格は3万円弱と、かなりお手頃になっています。

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek MT8176
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(2,560 × 1,600)
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth
カメラ: イン8MP / アウト13MP
入出力: microUSB、microHDMI、microSD、オーディオジャック
バッテリー: 8,100 mAh
サイズ: 238 x 170 x 7.5 mm / 550 g

OSはもはや最新とは言えないまでも、納得できるくらいに新しいAndroid 7.0です。CPUのMT8176はZenPad 3S 10に搭載されているものと同じで、Webで調べてみるとAntutuスコアが7万点台前半から半ばくらいのようです。このスコアは最新鋭のハイスペックなAndroidスマホには及ばないものの、十分ハイスペック機と呼んでいいレベルです(ヘビーゲーマーの方はお好きに評価してください)。

RAMは4GBで、最近中華スマホで流行りの6GBじゃありませんが、個人的には4GBで困ることはまずないと思います。ストレージも64GBあり、microSDカードも使えますので、アプリ、画像データとも十分な量を保存できると思います。また、カメラですが、タブレット機としては珍しく、アウト側が13MPあります。画素数だけではなんとも言えませんが、このくらいであれば「カメラ」として使えそうですね。

入出力ですが、USB Type-Cではなく、従来のmicroUSBポートとなります。しかし、手持ちのモバイルバッテリーなんかを使う場合はType-CよりもむしろmicroUSBのほうがいいかもしれません。あと、この製品には指紋センサーがついています。これもまあ、中位クラス以上のAndroid機では珍しくなくなりましたね。

また、バッテリーも8,100mAhとかなり大型になっていて、「ビデオ再生で8時間」使えるとのこと。ただ中華はバッテリーの容量を盛ることがありますからねえ。特にTeclastは前科がありますし、実際8,100mAhもあれば10時間以上使えそうな気もしますけど。

スポンサーリンク

Teclast T10 特徴
中華製品にしばしば見られる、製品特長の一覧です。見れば大体わかりますが、「oleophobic(表のoleophopbicというのはスペルミスです)」というのは「撥油性」、つまり手脂を弾き、指紋がつきにくい、という意味です。

Teclast T10 スクリーン
また、ディスプレイですが、SHARP製の超高精細なものが搭載され、上の画像のように「光量の自動調整」「ナイトモード」「読書モード」の切り替えが可能です。また、ZenPadのようにアスペクト比4:3ではなく、16:10というのも地味にうれしいところで、Android用のアプリの多くはアスペクト比4:3に最適化された作りではないので、「4:3はiPadに任せたらいい」と思います。

2.筐体

Teclast T10 展開図
展開図です。これがあればだいたいのことはわかると思います。指紋センサーは筐体背面に、スマホみたいな感じでついてますし、スピーカーはステレオですね。スピーカーについてはZenPadほどの強いこだわりはないようなので、なんとも言えませんが、配置としては悪くない感じ。

筐体素材はCNC加工のアルミ合金製で、厚さもわずか7.5 mmとスリムです。ただ、ポート類の配置や各種数値は正しいと思いますが、私は個人的にTeclastが提供する画像は信用していません。「ベゼル幅を細く見せる」常習犯ですから。「こんなことをやってるからいつまでも信用されないのだ」と常々思っていますが、この製品は正しい画像が使われていることを期待しています。

3.価格など

Teclast T10は中国の通販サイト「geekbuying」でプレオーダー(予約販売)中で、価格は249.99ドル(28,358円)です。この価格は中華のAndroidタブレットとしては結構な高額品と言えます。一方で性能のほうはかなり期待ができますし、ディスプレイ品質もかなり高そうなので、実質的な価格としては決して割高ではない、むしろ中華らしい低価格だと思います。

スマホのほうも高性能化が進んでいますが、やはり10.1インチという大型サイズのAndroidタブレットというのは依然として魅力ある存在だと思います。

4.関連リンク

Teclast T10:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑