MADOSMAにOTAが!自分でWindows 10にアップグレードできるよ!

MADOSMAをOTAでアップグレード
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。私は2台のWindowsスマホを持っていて、マウスの「MADOSMA」とドスパラの「Diginnos Mobile DG-W10M」です。DiginnosのほうはWindows 10 Mobileがリリースされた後に発売されたものなので、OSはWindows 10 Mobileです。しかしMADOSMAは2015年6月、発売日に購入したためOSはWindowsphone 8.1のままです。MADOSMAは現在新品を購入するとWindows 10 Mobileがプリインストールされていますし、Windowsphone 8.1が搭載されているMADOSMAをマウスの直営店に持ち込むとWindows 10 Mobileにアップグレードしてくれるの(自分でクリーンインストールする方法も案内されています)ですが、私としてはDiginnosも持っているので「急がなくていいや」と思っていました。

スポンサーリンク

なぜなら、マウスはMADOSMAのOSについて「OTAによるアップグレード」に対応するということを昨年末から発表していたためです。OTA(Over The Air)というのは文字通り「無線通信による更新」を意味していて、これなら通常のWindowsUpdateと同じように簡単に更新できます。「まあ、ウインタブの運営上もWindowsPhone 8.1での検証ができたほうがいいだろう」というのもありました。でも考えてみれば、日本でWindowsPhone 8.1ってMADOSMAしかないし、しかも対象となる販売期間は半年ほどしかないし、さらにMADOSMA買うような人はとっくにマウスの直営店に持ち込むか、自分でクリーンインストールしちゃってると思うので、はっきり言って一般人にはもはやあまりニーズはない、ということも言えます。

で、おおもとのMicrosoftの対応が遅れに遅れていた、というのが要因なのですが、ついにMADOSMAのOTAアップグレードが可能になりました!

[ MADOSMA ] MADOSMA Q501 Windows 10 Mobile OTA 開始のお知らせ:マウス公式サイトFAQ

手順は上のリンクを見てもらえればわかるのですが、これを見ると、やっぱり「マウスが」ということではなく「マイクロソフトが」対応したのだ、ということですね。

Windowsphoneアップグレード用アプリ
最初にWindowsPhoneストアでMicrosoft製の専用のアプリ「Upgrade Advisor」をインストールします。

WindowsPhoneアップグレード確認アプリ 画面1
次にこのアプリを起動して、「アップグレード可能かどうか」チェックしてもらいます。ユーザーとして使っていると意識する必要はありませんが、チェックと同時になんらかの準備作業もしてくれているようです。

スポンサーリンク

WindowsPhoneアップグレード用アプリ 画面2
私のMADOSMAでも無事に上の画像のようなメッセージが出ましたが、この画面で「Windows 10アップグレードを有効にする」のところにチェックを入れたらこのアプリの仕事はおしまいです。ここから先はWindowsPhone 8.1の「設定」→「電話の更新」の機能を使ってアップグレードします。

MADOSMAの容量確認
さて、ここからです。私のMADOSMAではすんなり行かないところがありました。というのもアップグレードに2GB以上(すいません、スクリーンショットをとっていなかったのですが、たしか2.5GBくらいだったと思います)のストレージの空きが必要、ということで、「内蔵ストレージの空きを作れ!」と言われてしまいました。もともと私はアプリや画像などのデータは可能な限りmicroSDのほうに保存するようにしていたので、MADOSMAの内蔵ストレージなんてほとんど使っていないつもりだったんですけどね。

仕方ないので「ニュース」とか「スポーツ」とか「天気」とか、OSにプリインストールされているアプリを可能な限り全部microSDに移動しました。おそらく内蔵ストレージにアプリとかたくさんの画像とか動画を入れていた人はかなり面倒なことになると思います。はっきり言ってシステム領域以外のほとんどのデータを除去(SDに移す)しないと容量を確保できないでしょう。なので、microSD(MADOSMAは無料でmicroSDをセットしてくれていた)がないとアップグレードは無理です。

アップグレード後のスタート画面
なんとか無事にアップグレードできました。でも、かなり時間がかかりましたよ。途中で一度エラー(上に書いたストレージのところです)が出てしまった、というのもありますが、それにしても軽く2時間以上を費やしました。スタート画面を見ると、WindowsPhone 8.1で使っていた設定がほぼ完全に残っていて、この画像を見ただけだとOSがアップグレードされたことが分からないくらいです。

アップグレード後のストレージ
容量不足を指摘された内蔵ストレージもアップグレードが終わると空き容量が増えて(戻って)いました。いやむしろ増えてますね。システムの使用領域が減ったんでしょう。

ともあれ、OTAによるアップグレードはストレージの空きを確保する、ということと結構な長時間を要する、ということ以外はそれほど苦労することなく、あっさり終了しました。あとは新しいOSとMADOSMAの組み合わせがどのくらい快適なのか、ドスパラのDiginnosと比べてどうか、なんてことを数日以内にレビューしたいと思います。

関連リンク

[ MADOSMA ] MADOSMA Q501 Windows 10 Mobile OTA 開始のお知らせ:マウス公式サイトFAQ

スポンサーリンク

コメント

  1. Mr.Apple/Fruit より:

    自分のなんか消せるものを片っ端から消したんですが、まだ600mb足りなくてできませんでした。
    携帯をリセットしてもう一回やってみようかなと思っているのですが、windows10にアップグレード出来るかな…