FREETEL KATANA01 -Windows 10 Mobile搭載デバイス一番乗りはここ!

FREETEL KATANA 01
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Windows 10 Mobileを搭載したWindowsPhone(ってもう言わないんですかね?)、日本発売の一番乗りはFREETELでした。正直なところ、FREETELが最初、というのは全く想像してもいませんでしたが、単に一番乗り、ということだけでなく、かなり魅力的な内容で(すでに概要を発表済みの)「KATANA 01」の発売を決めています。

スポンサーリンク

1.スペック

FREETEL KATANA 01 スペック表
KATANA 01についてはすでにスペックが公表されていますが、正式発売に伴い、詳細なスペックが明らかになっています。KATANA 01は同じFREETELのAndroidスマホ「Priori 2」と同じ筐体が使われていますが、CPUは異なるようです。ただし、CPUの型番は明らかではありません。

RAM1GB、ストレージ8GBというのはMADOSMAと同じですが、ディスプレイ解像度は854 × 480と低く、エントリーレベルの製品であると言えるでしょう。このスペックだと「確実にContinuumには非対応」のはずです。また、ディスプレイサイズが4.5インチと比較的小ぶりになっています。MADOSMAと差別化ができている方が私達ユーザーにとっては選択肢が広がる、ということになるので、個人的には歓迎です。

あと、KATANA 01はデュアルSIMです。日本ではひとつのSIMしか使えませんが、海外出張などの際には便利でしょうね。ちなみにドスパラがリリースを予定している「Diginnos Mobile DG-W10M」もデュアルSIM機です。ドメスティックな私にはあんまり関係ないのでさらっとご紹介だけ…。

スポンサーリンク

2.筐体

FREETEL KATANA 01
これが筐体画像です。同じ筐体のpriori 2はAndroidスマホながら、なぜかウインタブで実機レビューしたことがあります。
priori2とLumia636の大きさ比較
サイズ感はLumia 636と同じような感じで、スイッチ類(向かって右側に電源ボタンと音量上下ボタンがあり左側には何もない)の配置もLumiaと同じでした。おそらく筐体に関してはこの実機レビュー記事が参考になると思いますので、ちょっと古い記事ですが、ご確認頂ければ、と思います。
freetel priori 2 - 見せてもらおうか、格安スマホとやらの実力を(実機レビュー)

3.価格と発売時期

FREETEL KATANA 01は11月25日先行販売開始(おそらく予約注文開始という意味だと思います)、11月30日販売開始、となっています。価格はなんと税抜き12,800円(税込み13,824円)です。エントリーレベルではありますが、かなり思い切った安値をつけたなあ、と感じます。また、FREETELはMVNO(仮想移動体通信事業者=大手通信キャリアから回線を借りて通信事業を行う会社)なので、SIMとセットで購入するとさらに3,000円引きになるキャンペーンも用意されています(2016年1月7日まで)。FREETELのSIM契約はもともと底値クラス(月額299円から)なので、SIM契約も一緒に、という場合はかなりお買い得になりますね。
FREETEL KATANA 02
なお、FREETELにはもう一機種「KATANA 02」というミドル~ハイスペックの製品の発売も予定されています。KATANA 02のほうはRAM2GBなので、CPUのスペック次第ではContinuumにも対応するかもしれない、という期待があるのですが、こちらは近日発売ということで詳細情報は明らかではありません。

4.ごめんなさい、FREETELさん

ウインタブでは過去、「FREETELは2015年夏までにWindowsPhoneを発売するといったのにそれを守らなかった。Windows 10 Mobile搭載デバイスも発売するというが、本当にそうするのか?ちゃんと言ったことをやってほしい」という趣旨のことを書いたことがあります。

ごめんなさい、FREETELさん、「本当に出す」どころか、一番乗りでしたね。ここに謹んでお詫びいたします。

5.関連リンク

FREETEL KATANA01:FREETEL公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. F より:

    生産量が少ないせいか、いつも売り切れのイメージです。フリーテルは。
    12800円は、良心的価格なので、また、売り切れそうですね。

    • wintab より:

      Fさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ともあれ、FREETELは今回ちゃんと言ったことをやったと思うので、ケジメはつけないとイカン、と思いました。

  2. 匿名 より:

    残念ながらContinuum for phonesの最低要件はスナドラ808なので、KATANA 02はクアッドコアと書かれている以上可能性はゼロですね
    https://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/hardware/mt608594(v=vs.85).aspx

    現状ではLumia 950とLumia 950 XLくらいしか満たせる端末ないです。
    まだ日本への投入は確定していませんが、AcerのJade PrimoがContinuum対応の有力な選択肢となりそうです。

    ・・・ヤマダェ

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。CPUの要件、requirementって書いてたので、スナドラ808か810じゃないとダメっぽいですね。実装もさせてもらえないのかなあ。ちなみにヤマダのスマホは海外のニュースサイトでも取り上げられていて、「最薄」らしいです。