X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT - 伝説のパソコン「X68000」をコンパクトなサイズに再現、当時のソフトもそのまま利用できます!

X68000 Z
株式会社瑞起がKibidangoにて「X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT」のクラウドファンディングを開始します(12月3日19時開始予定)。シャープが1987年に発売した「X68000」の筐体やキーボードのフォルムを忠実にリメイクした製品で、当時のソフトウェア資産をそのまま活用できるなど、X68000を知っている方には「刺さる」製品だと思います。

スポンサーリンク

1.X68000とは

X68000シリーズは1987年から1993年にかけてシャープが販売していたPCです。当時はNECのPC-9800シリーズが「国民標準機」として普及していましたが、X68000では当時のアーケード基板やAppleのMacintoshシリーズでも採用されていた高性能CPU、モトローラ68000を採用したことにより、コナミの「グラディウス」やカプコンの「ストリートファイターII」といった作品が移植されたほか、同人ソフトも多数登場するなど趣味や娯楽などを楽しむための「ホビーパソコン」としての一角を担っていました。

OSは独自OSの「Human68K」を採用しており、ウィンドウ環境として「SX-Window」を利用することができました。最終モデルとして搭載CPUをモトローラ68030にアップグレードしたX68030が1993年に発売されています。

2.コンパクトなサイズで初代X68000を忠実再現

左手前が実機。ほぼそのままコンパクト化したデザイン
瑞起から発売されるX68000 Zは初代X68000をダウンサイジングしつつ再現した製品です。過去に他社からNECの「PC-8001」や「MZ-80C」といった古いPCを再現した製品が販売されていましたが、これらの製品がワンボードコンピューターのRhaspberry Piをそのまま組み込んでいたのに対し、X68000 Zでは瑞記自身が開発を行っている「ZUIKI Z7213」を採用しています。

クラウドファンディングで販売される「EARLY ACCESS KIT」ではベータ2という扱いですがX68000のエミュレーターが搭載されており、プリインストールされているソフト(現時点でまだ収録タイトルは明らかになっていません)のほか、SDカードスロットを介して当時所有していたX68000シリーズ用ソフトをそのまま動作させることも可能です。

スポンサーリンク

ポート類は近代化
筐体も「SHARP」ロゴが「ZUIKI」ロゴに変更されている点を除けば当時の実機がほぼそのままコンパクトな筐体に再現されています。搭載ポート類は現代化されており、5インチフロッピードライブはSDカードスロットに変更されているほか、シリアル通信を行うためのUART端子、USB-Aポート(× 4)、HDMIポート、電源用のUSB-Cポートが装備されています。

キーボード
X68000Zそのものはクラウドファンディング終了後、一般販売も行われる予定ですが、EARLY ACCRSS KITではオプションのキーボード、マウスも同梱されます。

マウスは特に記載がないもののWindowsでもUSBマウスとして利用できるかも
こちらもX68000のものを忠実再現していますが、キーボードには長寿命化を目指して新たに開発されたメカニカルスイッチを採用し、「CTRL」キーを新たに追加しているか、トラックボールマウスもサイドボタンが一つから二つに変更され、新たに光学式センサーを採用するなど時代に合わせる形で進化しています。キーボードはWindows用のキーボードとしても使えます。

3.X68000Z EARLY ACCESSS KIT まとめ

X68000Z EARLY ACCESS KITはKibidangoにて12月3日午後19時よりクラウドファンディングを開始し、価格は49,500円(税込)です。この記事執筆時点で複数のプランがあるのかどうかは不明です。

X68000シリーズ自体は2000年代よりシャープから公式でOS、BIOSイメージを配布しているため、Windowsでエミュレーター環境を構築すること自体はできるのですが、今見ても完成されている筐体デザインもX68000シリーズの魅力の一つだと個人的には感じているので、当時を知っているファンにはたまらない製品になっていると思います。プリインストールされているアプリだけでなく、所有している実機用ソフトをそのまま使えるのもうれしい限りです。もちろん当時を知らない方でも今のWindowsやmacOS、Chrome OSなどのパソコン用OSとはまた違った世界観となっているので新鮮な気持ちで楽しむことができると思います。

4.関連リンク

X68000 Z EARLY ACCESS KIT:Kibidango

スポンサーリンク