テックウインド CLIDE W10A - え?背面にタッチパッドですか?な10.1インチWindowsタブレット

テックウインド CLIDE W10A
テックウインドのWindowsタブレットで思い浮かぶのが3G専用ながらSIMスロット付きの8.9インチ「CLIDE 9」ですが、11月17日、新しく10.1インチのWindowsタブレット「CLIDE W10A」が発表されました。CLIDE 9のときにも感じたのですが、テックウインドは他には見られない付加価値(CLIDE 9ではSIMスロット)をつけて製品開発をする会社で、今回紹介する「CLIDE W10A」にも「背面タッチパッド」という面白い機能がついています。

スポンサーリンク

1.スペック

テックウインド CLIDE W10A スペック表

クリックで拡大します

補足します。OSはWindows 10、ストレージは64GB、ディスプレイが1,920 × 1,200で、キーボードがついて想定価格32,800円(税抜き)というのはほとんど文句なしの内容だと思いますが、一点だけ残念なのはCPUがBayTrail世代のAtom Z3735Fだということです。いつも書いているようにZ3735Fというのは十分な実用性を備えたCPUなのですが、10インチのタブレットを購入すべく、いろいろと調べている人にとってはやはりCherryTrail世代のCPUのほうが受け入れやすいんじゃないか、ということですね。もちろんその分価格に跳ね返ってきているので、これが悪いということではないですが、若干「背中を押す」的な部分が弱い気がします。

しかし、それ以外の部分を見ると新型のWindowsタブレットとしては非常に低価格だし、キーボードがついているのでオプションで追加支払い、ということもないので、素晴らしいパッケージングだと思います。

また、サイズの方も重量が610 gと最新10インチとしてはやや重いものの、厚さがわずか7.5 mmというのは非常に立派、というか最薄クラスですね。高額品だと東芝の「dynaPad N72」とかがありますけど、この価格でこの薄さ、というのはすごいと思います。

2.筐体

テックウインド CLIDE W10A タブレット本体
タブレット本体のデザインはごくプレーンなものです。悪く言えば没個性ですが、余計な装飾がないことに好感を持つ人も多いんじゃないでしょうか。

テックウインド CLIDE W10 背面
こちらが筐体背面です。多少でもわかりやすくするために画像の明るさとコントラストを調製しています。背面のタッチパッド、見えるでしょうか?この位置だとタブレットを横持ちした時に右手の指先にタッチパッドがくる、ということになります。実機を触ってみないと操作感なんかは分かりませんけど、アイデアは面白いと思うし、タブレットから両手を離すことなく操作できるので、慣れれば便利な感じがしますね。

スポンサーリンク

テックウインド CLIDE W10A 専用キーボード
これが付属キーボードです。メーカーによっては「キーボード一体型保護ケース」なんて言い方もするであろう、保護カバーを兼ねた形状ですね。キー配列なども悪くなさそうですが、打鍵感などはこの記事を書いている段階では何とも言えません。コネクターが見えるので、タブレットとは物理接続ですね。

テックウインド CLIDE W10A キーボード接続
キーボードを装着するとこんな感じです。2014年くらいに見かけた、キーボードカバーを台座にして、そこにタブレット本体を立てかけるタイプですが、ちょっと「いま風」じゃないかもしれません。このタイプの長所はキーボードだけで本体を支える必要がないため、キーボードを薄型軽量設計にできること、短所は、台座部分の面積が大きいため、狭い場所では使いにくいことと、本体とキーボードの接続強度が弱いため、不安定な場所では使いにくいことです。

そのため、キーボードごと持ちあるくのは便利で、デスクやテーブルの上でも使いやすい一方、電車の中で膝の上に乗せて使うのとか、ファーストフード店の狭いテーブルの上などではちょっと厳しい、ということが言えます。

若干短所の指摘をしてしまいましたが、キーボード込みの価格も非常に安いですし、画像を見る限りキーボードとしての基本はしっかり押さえられているので、好感は持てますね。

3.価格と発売時期

CLIDE W10Aは11月17日から発売され、価格はオープン、想定売価は税抜き32,800円となっています。テックウインドは法人需要に強い会社のため、CLIDE W10Aも主に法人向けとなるかもしれませんが、おそらくNTT-Xストアだと販売すると思いますし、プレスリリースを読んでみても個人需要を意識しているように思われるので、ネット通販などでは比較的容易に入手できるのではないか、と思います。

個人的にはこの製品の構成と価格であれば、間違いなくお買い得だと思います。あとはあえてCPUをCherryTrail化しなかったことによる影響だけが未知数ですかね。CherryTrailをのせて4万円台にするのと、BayTrailのままこの価格で出すのと、どっちがよかったんでしょうか?コスパということで見ればBayTrailのままのほうがいいですし、新製品らしさ、ということならCherryTrailでしょうし。

4.関連リンク

テックウインド、Windows 10 搭載タブレット「CLIDE® W10A」を発売:テックウインド お知らせ
10.1インチ Windows10搭載タブレット CLIDE® W10A:テックウインド 製品ページ

スポンサーリンク

コメント

  1. kazu より:

    うっわ、この手があったか!

    タッチパッドを指一本タップで左クリック、指二本タップで右クリック。
    マウスのホイール操作も指二本以上でタッチパッドをなぞるで実現できるやん。

    しかしなんでこれを7~8インチのタブレットに実装しない?
    Windowsタブレットのデスクトップモードでのポインティングデバイスをどうするかの最終回答になりえるかもしれんのに。

  2. kazu より:

    連投、すみません。

    それにしても背面タッチパッドの革新性に反して付属キーボードの没個性。

    wintabさんもご指摘のように、それやったって使い勝手でノートPCに勝てない。
    狭い所と不安定な所がダメなら、給電以外のUSBポートを確保して、モバイル用のUSB接続のキーボードで十分なのに。

    Surfaceが植えつけたダメな固定観念やね。

    • wintab より:

      kazuさん、こんにちは、コメントありがとうございます。背面タッチパッドを高く評価されているので、こっちもその気になってきました。とりあえず実機で試してみたいところです。Windows 10はまだマウスカーソルがあったほうが使いやすい感じですしね。キーボードは確かにちょっと古い気がしますけど、コストがかなり抑えられているのでやむを得ないところもあるかな、と少し好意的には評価しています。

  3. あるえふ より:

    面白いけどちょっと買おうとは思えないかなぁ・・・どちらかというと左手操作なので(汗)
    (タッチパッドやスクリーンゼスチャーに関しては主に左手操作)

    まあ上下ひっくり返せば良いだけですけど、前面のWindowsロゴが上に来たり背面のIntelロゴやカメラ部が逆さまってのも見た目が・・・。

    なお、マウスで右手専用のエルゴノミックデザインは右手で、そうでない場合は空間的に空きがある方の手で操作してます(笑)

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ああそうか、マウスとかタッチパッドって利き手が関係してきますね。私は左利きなんですけど、マウスは右手、タッチパッドは使用頻度が低く、どっちで使うか決まってません。多分右手で操作しろと言われたらそれでもなんとかなるような…。ただ、このアイデアは高く評価していいですよね。

  4. kazu より:

    まぁ、ぶっちゃけ自分も買う気は無いですよ。
    キーボード付けて売ってたりコンセプトがブレブレで、恐らく作り込みも甘いでしょう。
    でも、操作方法のアイデアとしては素晴らしい。

    利き手も8インチの縦持ちなら無問題。
    タブレットへの固定方法がクリアされたら、後付のBluetooth機器でもいけそう。

    ユーザーがアレコレ騒いでメーカーの耳に届けばタブレットの新機軸になりうる。
    それこそスマホサイズにフルのWindowsまで。
    PC用OSをタブレットでというWindowsの不利が一気に覆るかも。

    • wintab より:

      kazuさん、こんにちは、コメントありがとうございます。価格がかなり安いので、品質については少し不安があるかもしれませんね。背面タッチパッドというのは海外製品でも見たことがないので、アイデアはすごい、というのは同感です。そういえばスマホだとあったような…

  5. あるえふ より:

    真っ赤なバリエーションモデルが(笑)
    一太郎発売記念 Windows Tablet Limited Edition II

    https://www.justmyshop.com/products/ichitaro/?m=jui3a01
    (一太郎2016のサイト・中段付近)

    ただ、前回の8インチと違って単独じゃなくて一太郎2016とのセット販売のみのようですが。

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。貴重な情報をいただき、感謝しております。記事にすべく、いろいろ調べてみます。

    • wintab より:

      あるえふさん、いただいた情報をもとに記事を書かせてもらいました。大変助かりました。ありがとうございます。