FRONTIER ZN(2021)- GeForce RTX3070を搭載する高性能なゲーミングノート。注文時の構成カスタマイズにも対応

FRONTIER ZN(2021)
FRONTIERが15.6インチゲーミングノート「ZNシリーズ」をリニューアルしました。ZNシリーズはFRONTIERのゲーミングノートでは最上位のモデルで、外部CPUにGeForce RTX3070を搭載しつつもリーズナブルな価格を実現しています。

スポンサーリンク

1.FRONTIER ZN スペック

スペック表

  FRONTIER ZN
OS Windows 10 Home/Pro
CPU Intel  Core i7-10870H
GPU NVIDIA GeForce RTX3070
RAM 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ 512GB/1TB/2TB M.2 NVMe SSD
(M.2 NVMe SSD空きスロット1)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ(1,920 × 1,080)144Hz
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 3)、USB 3.2 Gen1 × 3、HDMI、Mini Display Port、イヤホンジャック、マイクジャック、microSDカードリーダー、LAN(RJ45)
カメラ Webカメラ(100万画素)
バッテリー 11.4V/6220mAh/73Wh
サイズ 357.5 x 238 x 19.8 mm
重量 2 kg

ベースモデル

・8GB/512GB
・16GB/1TB
・32GB/1TB
※左からRAM/ストレージの順
※CPUはCore i7-10870H、GPUはGeForce RTX3070

コメント

FRONTIERはBTOパソコンメーカーなので、注文時に構成のカスタマイズが可能です。ZNシリーズでは主要構成のうちOSのバージョン、RAM容量、ストレージ容量を変更できます。

CPUには第10世代ながら8コア16スレッドの高性能版、Core i7-10870Hを搭載します。GPUもGeForceの上位モデル、RTX3070なので、ゲーミングノートとしては上位クラスの構成といえます。

RAMは8GBから選択可能ですが、この製品はゲーミングノートでCPUとGPUの性能も非常に高いことから、少なくとも16GB以上にしておくのがいいと思います。ストレージは最低でも512GB(ゲーミングノートで256GBとかは無理ゲーですもんね)で最大2TBまで増設可能なほか、M.2 スロットの空きが1つありますので、最大で2TB+2TBまで搭載可能です。

スポンサーリンク

ディスプレイは一般的な15.6インチ、FHD解像度で、リフレッシュレートは(これもゲーミングノートしては標準的な)144 Hzです。この仕様であればFPSゲームやレースゲームなどもなめらかな描画が楽しめるでしょう。

入出力ポートはUSBが従来モデルから1つ減って合計で4つとなりましたが、Type-CポートはThunderbolt 3と高規格です。また、映像系でもHDMI、MiniDP(さらにUSB Type-Cが映像出力対応)と十分な数が装備されています。

サイズは従来モデルよりもかなり小さくなりました。

ニューモデル:357.5 x 238 x 19.8 mm / 2.0 kg
従来モデル:359 x 258 x 29.9 mm / 2.4 kg

2.FRONTIER ZN 筐体

FRONTIER ZN(2021)
写真の撮り方なのかもしれませんが、かなり「メタリック」な印象ですね。ベゼル幅については2021年のニューモデルとしては普通くらいですが、従来モデルよりも下部ベゼルがかなり細くなっています。

FRONTIER ZN(2021)
天板です。シルバー無地にヘアライン加工と、やっぱりメタリックな感じ(カッコいいと思います)。筐体素材は不明ですが、おそらくアルミ合金などの金属製でしょう。

FRONTIER ZN(2021)
キーボードです。15.6インチノートとしてはオーソドックスにテンキー付き。メーカー開示では「107キー日本語キーボード、キーピッチ約18.2mm、キーストローク約1.8 mm ± 0.2 mm)とのこと。キーピッチは少し狭めですね(「標準」の範疇には入ると思います)。

また、このキーボードは付属のソフトウェアでバックライトを15色から選べます。ただし、Per-Key(個々のキーを任意のバックライト色に設定できる)かどうかは不明で、たぶんPer-Keyではないと思います。

FRONTIER ZN(2021)

クリックで拡大します

上から前面、背面、右側面、左側面です。この製品は背面にもポートがあります。背面にあるのはMiniDP、HDMI、DC-INなので、配置としては悪くないと思います。有線LANポートも背面で良かったかな…。

3.FRONTIER ZN 価格など

FRONTIER ZNはFRONTIER公式サイトで販売中で、5月27日現在の価格は8GB/512GB版が税込み209,800円、16GB/1TB版が税込み214,800円です。RTX3070搭載機なのでさすがに20万円は越えてしまいますが、RAMとストレージに余裕をもたせてもあまり価格が大きく変わりませんので、長く使えるハイスペックマシンを探している人にはいい選択肢なのではないかと思います。

4.関連リンク

ZNシリーズ(10th/RTX3070):FRONTIER

スポンサーリンク