ZIGSOWがCore m搭載スティックPC 「Intel Compute Stick STK2M3W64CC」のレビュアーを募集してるよ!

ZIGSOW プレミアムレビュー
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。大手のレビューサイト「ZIGSOW」が注目の製品「Intel Compute Stick STK2M3W64CC」のレビュアーを募集しています。プレミアムレビューなので、当選すれば製品を送ってもらい、レビュー終了後にそのまま製品をもらえます。

スポンサーリンク

ウインタブがやってる「読者レビュー」はもともとZIGSOWのプレミアムレビューをヒントにしたものなのですが、ZIGSOWの場合はメーカーとコラボしているので新品が手に入りますし、募集人員も多めです。大手のサイトなので応募者が多く、狭き門になると思いますが、応募に伴う手間以外にリスクもないので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

実はこの企画、8月10日から募集を開始していて、締め切りが8月28日と、もう間近なんです。気づくのが遅れてすみませんでした。

1.対象製品

Intel Compute Stick Core mモデル
スティックPCの「Intel Compute Stick STK2M3W64CC」です。スペックはこんな感じ。

OS: Windows 10
CPU: Intel Core m3-6Y30
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ネットワーク: 802.11ac、Bluetooth 4.2
入出力: USB 3.0、HDMI、microSD(128GBまでサポート)、電源
サイズ: 114 × 38 × 12 mm
※USB3.0ポートが2つついた電源アダプターが付属

スティックPCですが、Core m機です。この製品はウインタブ読者の中でも注目度は高く、コメントなども多数いただいています。しかし、Core m機だけに価格も高く、価格ドットコムで調べてみたら8月28日現在の最安値が45,499円(税込み)なので、そうそう気軽に買えるシロモノでもないですね。

スポンサーリンク

2.応募要領

インテル Compute Stick STK2M3W64CC をハードに使い倒し、あなたならではのギリギリ限界検証を実施してくださるレビュアーを7名募集!応募時にどんなギリギリ限界検証を実施するかを提案し、その提案内容に沿ってわかりやすくレビューをしていただきます。
引用元:ZIGSOW

だそうです。スティックPCでギリギリって言われてもねえ…と思っちゃいけません。そこを説得するのがポイントですね。しかし、ZIGSOWのプレミアムレビューはやたらとハードルが高くて、PC操作があまり得意でない人には応募しにくいものがあります。大手サイトなんだからもう少し万人向けの構成のほうがいいと思うんですけどね。

応募締め切り: 8月28日(日)
募集人員: 7名
レビュー完成期限: 
 一次公開期限 2016年9月19日(月・祝)23:59
 最終期限 検証内容に応じてレビュアーが設定(遅くとも2016年10月31日(月)23:59まで)

なんか、2回レビューするみたいなんですが、一次公開というのは自分が決めた「ギリギリ限界チャレンジ」の経過報告、それに加え自分で決めた期限までに最終レビューを提出する、ということのようです。

あと、ZIGSOWでは非常にしっかりとレビュー要領を定めていますので、必ず目を通しておくようにしましょう。
インテル® Compute Stick STK2M3W64CC ~ギリギリ限界チャレンジ 第8弾~

3.読者レビューで鍛えられた人ならいけるかも!

ウインタブが2016年に入ってから実施している読者レビュー企画ですが、おかげさまで毎回たくさんの方からご応募いただいています。ですが、用意できる実機は1台だけなので、せっかく力の入った応募動機を送っていただいても、ほとんどの方のご要望に沿うことができず、申し訳なく思っています。

しかし、ZIGSOWのこの企画を見て思うんですけど、何度も読者レビューに応募してくれている人というのは、応募のツボみたいなのがわかってるんじゃないか、と。なので、力の入った「ギリギリチャレンジ」のプランが思い浮かぶようなら、チャンスはあるような気がします。せっかくなのでチャレンジしてみてはいかがですか?陰ながら応援しております。

4.関連リンク

ZIGSOW プレミアムレビュー 特設ページ

スポンサーリンク