MSI P65 Creator - 第9世代のCore i7とGeForce RTX2060、そして4Kディスプレイを搭載する15.6インチのクリエイターノート

公開日: : MSI , ,

MSI P65 Creator
MSIが15.6インチのクリエイター向けノート「P65 Creator」をリニューアルしました。従来モデルと同一筐体をそのまま使っていますが、CPUとGPUが最新のものに切り替わっています。高性能なゲーミングノートを多く手がけるMSIなので、クリエイター向けPCも非常に高いスペックになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

MSI P65 Creator
OSはPro版のみとなります。従来モデルはHome版のみでしたが、先日ライターのかのあゆさんが紹介してくれた「Windows サンドボックス」がPro版以上のみで使えるというのもありますし、この先はクリエイター向けならPro版のほうがいいのかもしれませんね。

CPUは第9世代のCore i7-9750Hが、外部GPUにはGeForce RTX2060が搭載されます。ここだけ見れば、P65 Creatorはゲーミングノートとしても上位クラスの実力がある、ということになります。また、本来の目的であるクリエイティブ用途に関しても、ありとあらゆる制作業務ができるわけではないでしょうが、「ノートPCに期待すること」はすべてこなせると思います。

この製品には「P65-9SE-472JP」と「P65-9SE-473JP」という2つのバリエーションがあり、RAMとディスプレイの構成が異なります。

・472JP:RAM16GB/FHDディスプレイ
・473JP:RAM32GB/4Kディスプレイ

RAMはMSI指定販売店でのみ最大64GBまでの増設注文が可能、ストレージは2モデル共通で、512GB NVMe M.2 SSDとなります。ストレージに関しても空きのNVMe M.2スロットがありますので、MSI指定販売店で増設注文できます。

ディスプレイに関してはFHDと4Kが選べますが、ゲーミングノートのようにリフレッシュレートは開示されていませんので、おそらく普通(60 Hz)のものになっていると思われます。この製品はクリエイターノートなので、リフレッシュレートよりも解像度とか画質が重視されているということだと思います。

入出力ポートに関してもゲーミングノートに全く引けをとらないくらいに充実しています。USBポートは合計で4つ、映像出力でもHDMI、miniDPに加え、Thunderbolt 3もありますので、最大で3つの外部ディスプレイに出力可能です。有線LANポートも装備されますが、有線・無線ともKILLERは採用されていません。

サイズのほう、つい先日紹介記事を掲載した「PS63 Modern」とは異なります。ともにMSIの中では「Prestageシリーズ(ビジネス&クリエイター向け)」というジャンルになりますが、筐体は別物で、サイズはP65 Creatorのほうが大きく、そして重くなっています。ただ、それはあくまで「PS63 Modernよりは」ということで、非常に高いスペックの15.6インチノートで重量2 kgを切っているのは立派だと思いますし、横幅357.7 mmというのも15.6インチとしては最小クラスではあります。

2.筐体

MSI P65 Creator
横幅が小さくなっていることもあり、ベゼルはかなり細いです。このため、画面への没入感が高まり、制作に集中できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

MSI P65 Creator
天板です。MSIっぽい「ゲーミングPCらしさ」はなく、上品なノートPCという感じですね。筐体素材はほぼ間違いなく金属(アルミ合金)で、筐体色は「スペースグレー」です。PS 63 Modernの「カーボングレー」よりもかなり薄めの色です。

それと、この製品はアメリカのMIL規格「MIL-STD 810G」に適合する、堅牢な筐体になっています。

MSI P65 Creator
キーボードです。15.6インチサイズですがテンキーは装備されません。日本向けには日本語配列のものが用意され、バックライトはRGB(カラフルなもの)ではなく、シングルカラー(ホワイト)です。

MSI P65 Creator
MSIの得意技とも言える冷却システム「Cooler Boost」ですが、P65 Creatorには「Cooler Boost Trinity+」という、薄型ノート向けの最新システムが搭載されています。

また、MSIのゲーミングノートには「Dragon Center」という設定・システム管理アプリがインストールされていますが、この製品は「Creator Center」という名称のアプリが入っています。Dragon Centerとの機能の違いはわかりませんが、MSIの設定アプリはかなり多機能かつ強力なので、このアプリについても期待できそうです。

3.価格など

MSI P65 Creatorは5月17日の発売予定で、MSI指定販売店のPCショップアークではすでに予約注文を受け付けています。5月12日現在の価格は「P65-9SE-472JP(RAM16GB/FHDディスプレイ)」が税込み233,064円、「P65-9SE-473JP(RAM32GB/4Kディスプレイ)」が税込み288,144円です。

この製品は「高度(PCに高い処理性能を要求するという意味です)な制作をするクリエイター」に向くと言えるでしょう。イラストやマンガなどを描くという用途であればPS63 Modernでも大丈夫だと思いますし、「PS63 Modernだとパワー不足」というビジネスマンもごく少数なのでは?と思います。ただ、予算に余裕があるのなら、P65 Creatorにしておけば、購入時に想定していなかったような複雑な作業とかゲームにも使えると思いますので、ある意味「多目的マシン」として購入するのもいいかもしれません。

4.関連リンク

P65 Creator:MSI公式サイト
MSI P65 Creator:PCショップアーク

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑