MSIがAlder Lake搭載のゲーミングノート4機種を発表!すでに予約注文がスタートしています!

MSIの2022年1月発表モデル
MSIがいち早く第12世代(Alder Lake)搭載のゲーミングノート4機種を国内発表しました。発売日は「2月3日から順次」となっていますが、MSIストアではすでに予約販売がスタートしています。

スポンサーリンク

いずれも先日開催されたCES 2022(@ラスベガス)に合わせ、海外で発表済みで、ウインタブでも一部モデルの紹介記事を掲載しています。この記事では国内版のシステム構成と価格情報を中心にお伝えしていきます。

1.Raider GE76 12U

MSIの2022年1月発表モデル

スペック表

  Raider GE76 12U
OS Windows 11 Home/Pro
CPU Intel Core i7-12700H / Core i9-12900HK
外部GPU NVIDIA GeForce RTX 3070Ti(8GB)
RTX3080(8GB)/ RTX3080Ti(16GB)
※すべて”Laptop”
RAM 32GB(最大64GB)
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD
M.2 NVMe SSD空きスロットあり
光学ドライブ なし
ディスプレイ 17.3インチ (2,560 x 1,440) 240Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)、USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen 2、USB 3.2 Gen1 × 2、MiniDisplayPort、HDMI、LAN(RJ45)、オーディオジャック、SDカードリーダー
カメラ Webカメラ(207万画素)
バッテリー 99.9Whr / 6,250mAh
サイズ 397 × 284 × 25.9 mm
重量 2.9 kg

バリエーションモデルと価格

12UGS-218JP:Pro/Core i7/RTX3070Ti:359,800円
12UH-219JP:Pro/Core i9/RTX3080:449,799円
12UHS-222JP:Core i9/RTX3080Ti:489,800円
※左からOS/CPU/GPU
※1月24日現在のMSIストアでの税込み予約価格

MSI製品ページ:
Raider GE76 12U

MSIストア製品ページ:
予約受付特設サイト

ウインタブ紹介記事:
MSI GE76 Raider 11U - ハイエンドなCPUとGPUを搭載するゲーミングノートに「4K・120Hz」ディスプレイ搭載モデルが追加されました
※従来モデルの紹介記事です

2.Vector GP76 12U

MSIの2022年1月発表モデル

スペック表

  Vector GP76 12U
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i7-12700H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX 3080(8GB)
※”Laptop”
RAM 16GB(最大64GB)
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD
M.2 NVMe SSD空きスロットあり
光学ドライブ なし
ディスプレイ 17.3インチ (1,920 x 1,080)144Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen1 × 3、MiniDisplayPort、HDMI、LAN(RJ45)、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 65Whr / 4,160mAh
サイズ 397 × 284 × 25.9 mm
重量 2.9 kg

バリエーションモデルと価格

12UH-225JP:Home/Core i7/RTX3080:339,799円
※左からOS/CPU/GPU
※1月24日現在のMSIストアでの税込み予約価格

スポンサーリンク

MSI製品ページ:
Vector GP76 12U

MSIストア製品ページ:
予約受付特設サイト

ウインタブ紹介記事:
MSI Vector GP66 12U / GP76 12U - 第12世代CoreとGeForce RTX3080搭載、コスパにも期待できる高性能ゲーミングノート

3.Katana GF76/GF66 12U

MSIの2022年1月発表モデル

スペック表

  Katana GF76/GF66 12U
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i7-12700H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX 3070Ti(8GB)
※”Laptop”
RAM 16GB/32GB(最大64GB)
ストレージ 512GB/1TB M.2 NVMe SSD
M.2 NVMe SSD空きスロットあり
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ (1,920×1,080)144Hz
15.6インチ (1,920×1,080)240Hz
17.3インチ (1,920 x 1,080)144Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen1 × 2、USB 2.0、HDMI、LAN(RJ45)、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 53.5Whr / 4,562mAh
サイズ GP66:359 × 259 × 24.9 mm
GP76:398 × 273 × 25.2 mm
重量 GP66:2.25kg / GP76:2.6kg

バリエーションモデルと価格

・GF66(15.6インチ)
 12UGS-043JP:Home/Core i7/RTX3070Ti/16GB/512GB:249,800円
 12UGS-042JP:Home/Core i7/RTX3070Ti/32GB/1TB:279,800円
・GF76(17.3インチ)
 12UGS-032JP:Home/Core i7/RTX3070Ti/16GB/1TB:269,800円
※左からOS/CPU/GPU
※1月24日現在のMSIストアでの税込み予約価格

MSI製品ページ:
Vector GP76 12U

MSIストア製品ページ:
予約受付特設サイト

4.まとめ

1月24日国内発表分は17.3インチサイズのモデルが3機種、15.6インチサイズのモデル(Katana GF66)が1機種です。このうち、Raider GE76は「ウルトラハイエンドモデル」と位置づけられており、Core i7+RTX3080Tiという、現時点で考えうる最高のスペックを選択できます。

Vector GP76は昨年のモデルでは「GP76 Leopard」という名称だったので、「名前が変わりました」。ウインタブでは昨年15.6インチ版のGP66 Leopardを実機レビューしています。入出力ポートの構成やバッテリー容量、また筐体のイルミネーションなどがRaider GEシリーズから簡略化されているものの、GPUにRTX3080を搭載するハイエンドマシンです。パフォーマンス優先でコスパのいい製品を探している上級ゲーマーに向く製品ですね。

Katana GF76/GF66は今回発表製品の中では最も低価格ですが、スペックは非常に高く、Alder LakeのCore i7はもちろん、GPUも最新型番であるRTX3070Tiを搭載しています。筐体は「キーボードがRGBバックライトではない」など、Vector GP76よりもさらに簡素化されていますが、15.6インチモデルのGF66ではディスプレイのリフレッシュレートも240 Hzを選べるなど、こちらも上級ゲーマーのニーズに合う製品だと思います。

現在MSIストアでは会員限定の「新商品予約特別割引クーポン」を発行しています。MSIストアの会員登録は無料なので、これらニューモデルの購入にあたっては必ず会員登録を済ませるようにしましょう(私も会員なので、価格を確認してみましたが、一般には公開されていない情報なので、ここに掲載するのは控えます)。

5.関連リンク

2022年1月先行予約キャンペーン:MSI Store

スポンサーリンク