MSI GL63 8SE レビュー - みんな待ってた!MSI品質そのままに価格を抑えたRTX2060搭載、「買えるMSI」(実機レビュー:takumi)

MSI GL63-8SE レビュー
こんにちはtakumiです。今回はMSIの「GL63-8SE-017JP」をレビューしていきます。この製品はRTX2060を搭載しながら、筐体のコストダウンを行い価格を抑えた、MSIとしては珍しいコストパフォーマンスに優れたモデルになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

MSI GL63-8SE ペック表
スペックは上記のとおりです。MSIは基本的に構成の変更が出来ませんが、指定販売店では若干の変更が可能です。OSは標準でWindows 10 Home、オプションでProへの変更ができます。この製品はラインアップが2つありますが、CPUの違いのみであり、CPUはCoffee Lake-Hで6コア12スレッドのCorei7-8750Hか、4コア8スレッドのCorei5-8300Hとなります。GPUにはNVIDIAのGeforce RTX2060のフル版が搭載されています。また、VRAMは6GBです。このスペックならほぼすべてのゲームが高設定で動かすことが可能だと思います。なお、CPUとGPUはカスタマイズできません。

RAMは標準で16G(8GB×2)で、最大32GBまで増やすことも出来ます。ストレージはシステム用に250GB NVMeSSD(M.2接続)とデータ用の1TB HDD(SATA接続)を標準で備えています。こちらはこのままでも十分だとは思いますが、もし多くのゲームを並行して遊びたい、という場合には、SSDやHDDを増量した方がいいでしょう。また、M.2ストレージに空きが1つあるので、予算度外視で速度重視でSSD+SSD+SSD(!)という組み合わせにもできます。

その他、光学ドライブは非搭載で、SDカードスロットが搭載されています。ディスプレイは15.3インチのフルHDサイズ(解像度1920×1080)で、リフレッシュレートは120Hzとなります。他モデルでは144Hzもありますが、正直なところ、120と144の体感的な違いは、極端なシーンでない限りほぼありません。

MSI GL63-8SE レビュー
MSI製品は一貫して音響システムに「Nahimic」を搭載しており、ヘッドセット装着時はもちろんのこと、搭載されているスピーカーでも十分効果を実感できます。また、用途ごとにプリセットが用意されているので、どのように設定を進めればいいのかわからない、という方にも安心してお使いいただけると思います。

MSI GL63-8SE レビュー
レビュー機は全て標準構成と同一(RAM16GB)となっています。OSもWin10 Homeです。今回は上位モデルなので、Core i7が搭載されています。

MSI GL63-8SE レビュー
ストレージも標準構成です。この製品はNVMeタイプのSSDを搭載しています。

MSI GL63-8SE レビュー
GPU情報です。ドライバーバージョンは記事執筆時点で最新の419.67です。

MSI GL63-8SE レビュー
内蔵SSDの速度を「Crystal Disk Mark」で測定してみました。エントリーモデルの製品ですが、充分なスピードが出ています。

2.外観

MSI GL63-8SE レビュー
ここからは外観を詳しく見ていきます。まずは天板です。左右対称的に斜めにスリットが入っており、中心にMSIバッジが装着されています。

MSI GL63-8SE レビュー
ヒンジを開けたところです。画面上部にはカメラ(720p30fps、WindowsHello非対応)と、その脇にマイクが配置されています。画面のベゼルは特段細いというわけではなく、ごく一般的です。

MSI GL63-8SE レビュー
キーボード面右上端の小さなボタンが電源ボタン、その隣の左ボタンがクーラーブーストボタン、右のボタンがユーティリティツール(MSI Dragon Center)ボタンとなっています。タッチパッドは一般的な左右にボタンが独立したタイプとなっています。

MSI GL63-8SE レビュー
筐体左側面には、セキュリティロックスロット、有線LAN(KILLER製チップセット搭載。無線はIntel製)接続端子、フルHDMI端子、USB3.0Type-A端子、miniDisplayPort接続端子、USB Type-Cポート、イヤホン、マイクジャックが搭載されています。イヤホン、マイクジャックは、ノイズ低減のために金メッキ加工がされています。

MSI GL63-8SE レビュー
筐体右側面には、ACアダプタIN端子、SDカードスロット、USB3.0 Type-A×2端子が搭載されています。

MSI GL63-8SE レビュー
キーボードです。MSIの中位以上のモデルで採用されている「SteelSeries」製のキーボードになります。押し心地も非常に軽く、スラスラとタイピングをすることが出来ます。キーの配置スタイルはキーが全て独立している所謂「アイソレーション」タイプです。また、このキーボードは元々英語配列のものを日本語配列にしているので、スペースの長さが短かったり、右側のテンキー周りが凄くゴチャゴチャしていますので、ここら辺は慣れがいるでしょう。また、ゲーミング用途を意識しているため、左側のWindowsキーがファンクションキーに変更されています。キーピッチは手採寸で18.5mm程です。

MSI GL63-8SE レビュー
バックライトは赤色単色になっており、価格を抑えています。「SteelSeries Engine 3」を別途インストールすると、光量、パターンの他、キーの有効無効化やマクロの設定をすることが出来ます。さらにポーリングレートやキーボード地域の設定を変えることも出来ます。変更後は、プリセットを登録する形になるので、仮に何か弊害が起こった場合にはデフォルト設定に簡単に戻せます。

MSI GL63-8SE レビュー
背面はポート類は配置されておらず、左右に排熱用の通気口が設置されています。強度アップのためか、ヒンジの無い中央部分は出っ張るような設計になってます。

MSI GL63-8SE レビュー
裏面です。ここから吸気して冷却を行います。冷却機構は、公式画像では「デュアルファン+ヒートパイプ7本」となっています。背面はプラスチック製です。前世代と比べて吸気口が大きく、デザインチックなものになっています。また最下部左右にスピーカーが設置されています。

MSI GL63-8SE レビュー
正面の画像です。中央にインジゲーターランプが搭載されており、左から無線LAN、電源、HDDアクセスとなっています。

MSI GL63-8SE レビュー
ヒンジを最大まで開いてみました。目視で約135°程度まで開きます。通常のノートPCとほぼ同じくらいです。

MSI GL63-8SE レビュー
同梱物です。レビュー機ではACアダプター一式・マニュアル類一式が同梱されていました。専用ACアダプターは重量約700g程のものが採用されています。

3.使用感

ディスプレイ

15.3インチの画面ですが、パネルは、公式では公表されていませんが、IPSレベル相当のパネルだと思われます。視野角が広く、発色も鮮やかです。また、非光沢仕様なので映り込みも気にならず、ゲームに没頭できます。リフレッシュレートは120Hzです。FPSも全く問題ありませんが、プレイスキルによっては辛く感じるかもしれません。それ以外のゲームジャンルも何ら問題は無いと思います。MSIの上位モデルでは、色覚を調整できる「MSI TrueColor」ソフトが使えますが、この製品は廉価モデルのためか対応していないようです。

スピーカー

MSIのマシンで数少ない短所を上げるとするなら、スピーカーの音量が低く、また高音も出にくい、という部分だと思います。このモデルでは価格を抑えるために仕方ないかもしれませんが…。しかし音響ソフトが優秀なので、バーチャルサラウンドとイコライザを設定すれば、FPSできっちり足音の方向もわかりますし、ゲームに限ればそれなりに力を発揮してくれます。

冷却面

MSIは昔から冷却にはこだわってきました。2つのファンと7本のヒートパイプを組み合わせた「Cooler Boost 5」を搭載しており、これらをシステムと連携して動かしているので通常使用であれば冷却ファンの音はほぼ聞こえませんし、ゲームプレイ時にも風量を自動で調節してくれるので、騒音をそこまで気にせずに遊ぶことが出来ます。右上の「クーラーブースト」ボタンを押すと、風量を最大にすることが出来るので、ゲームのパフォーマンスを保つことが出来ます。但し、さすがに音が大きくなるので、ヘッドセットを付けてプレイする方が良いでしょう。

ユーティリティ

MSI GL63-8SE レビュー
MSIの専用ツール「Dragon Center」では、マシンのファン回転速度や画面解像度だけでなく、CPUやGPU、メモリ状況のモニタリングや、「Nahimic」と連携したボイス調整、ゲーミングモードでは対応アプリに合わせてパフォーマンスやキーボードマクロの最適化を行ってくれます。さらに、スマートフォンに専用アプリを導入すれば、スマートフォンからパソコンのパフォーマンスをリモートコントロール出来ます。

スポンサーリンク

4.性能テスト

この製品はCPUに第8世代のCore i7-8750H、GPUにGeForce RTX2060を搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」そして「PC Mark」をやってみました。また、せっかっくのGeforceRTX搭載製品なので、普段ウィンタブでは取り扱わない「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」とゲームの実働テストで「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」「Quake Champions」「Forza Horizon4」をテストしてみました。

MSI GL63-8SE レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,045
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 17,833
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 17,549
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 17,153
マウス NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,951
ドスパラ GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,865
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 16,820
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,441
ドスパラ GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,156
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 15,923
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 15,598
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 14,964
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 13,727
ドスパラ GALLERIA QSF965HE2(Core i7-6700HQ、GTX965M): 12,830
ドスパラ GALLERIA QF960HE(Core i7-4710MQ、GTX960M): 12,791
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 12,285
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 12,172

MSI GL63-8SE レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 10,875
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 10,828
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070MaxQ): 10,551
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 9,951
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 9,462
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 9,364
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 9,284
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 9,124
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 8,979
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 8,867
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 8,780
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 8,568
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 7,235

MSI GL63-8SE レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,280、14,030、30,686
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,257、13,233、29,845
ドスパラ GALLERIA GCF1060NF(Core i7-8750H、GTX1060): 3,965、10,506、29,442
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,808、9,888、26,344
GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,717、9,989、24,824
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 3,703、9,743、26,843
GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,625、9,784、24,233
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 3,583、9,276、22,203
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,518、9,207、23,689
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 2,528、6,776、17,005
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 2,523、6,802、20,045
GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,492、6,858、18,179
NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,449、6,852、20,453
GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): –、5,344、16,987
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 1,826、5,553、17,109
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 1,797、5,230、14,052
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

個人的にRTX2060のテストは今回が初ですが、概ねGTX1070のスコアを超えてきています。ただVRAMの容量が少ないので、高画質の場合はスコアを下回ることがあります。ただGPUそのもののスペックが不満となるシーンはまず無いでしょう。

MSI GL63-8SE レビュー

クリックで拡大します

PCMarkなのですが、GPUそのものか、はたまたビデオドライバーの相性問題か、最後のグラフィックテストが完走できず、総合スコアが記録されませんでした。その為今回は、中二つのテストスコアのみの記載とさせていただきます。使用中、動作が大きくもたつくということはほぼありませんでした。

MSI GL63-8SE レビュー
参考(高品質):
ドスパラ GALLERIA ZZ(i7-8700K RTX2080Ti) 12532
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(i7-8750H GTX1070) 6691
MSI GS65(i7-8750H GTX1070 Max-Q) 5821
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(i7-8750H GTX1060) 4675
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(i7-8750H GTX1050Ti) 2914
MSI GF75 Thin(i7-8750H GTX1050Ti Max-Q)2990

FF15ですが、高画質でも問題なく快適に動きます。GTX1070よりフレームが高いですが、VRAMが少ないので微々たる差です。

MSI GL63 トゥームレイダー

トゥームレイダーですが、50fps前後で平均をとっています。もう少し出てほしかったなあというのが正直な感想です。

MSI GL63-8SE レビュー
MSI GL63-8SE レビュー
トゥームレイダーの初期設定です。高設定ですので、少し画質を下げて安定化を図ったほうがいいかもしれません。

MSI GL63 Quake

QuakeChampionsです。スペック的には申し分ないはずですが、録画環境のせいか100fpsを下回っています。録画なしでの状態で試していないため、詳細な原因が分かりません。ごめんなさい。

MSI GL63-8SE レビュー

クリックで拡大します

初期設定では、Mediam設定+アルファといった感じです。もしかしたらRTX向けの最適化がゲーム側で行われていない可能性もあります。

MSI GL63 Forza

Forza Horizon 4ですが、設定ウルトラでfpsが60前後となっています。ここの辺りはVRAM容量が関係していると思われます。

MSI GL63-8SE レビュー
MSI GL63-8SE レビュー

初期設定ではプリセットが「ウルトラ」になっています。少し設定を落として60fps安定化を狙ったほうがより楽しめるかもしれません。

5.DXRとDLSSテスト

今回搭載されているGPU「RTX2060」は、NVIDIAの新技術「リアルタイムレイトレーシング」に対応しており、それを動かすためのエンジン「DXR(DirectXRaytracing)」と、同じく新技術「ディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)」に対応しています。「DXR」は主に影や光の表現を従来のものよりより現実的なものにし、「DLSS」は従来のアンチエイリアシングと比較して高いパフォーマンスを維持できるようになります。今回は有料版「3DMark」内で、DXRテストの「Port Royal」と、DSLLテストをそれぞれ実行してみました。

MSI GL63-8SE レビュー
※画像は通常(WQHD解像度)時。

ドスパラ GALLERIA GCF2070NF:4198
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E: 2955

本テスト上では純粋にGPUの性能が測られるようなので、型番差で順当にスコアに差が出ています。

MSI GL63-8SE レビュー
DLSSのテストです。スコアとかが出るわけではありませんが、テスト結果を見ていただければ、DLSSがどれだけゲーム上で効果的か、というのはご理解していただけるかと思います。

MSI GL63 BFV DXR

DXRの効果を「バトルフィールドV」(画質設定:中)で実際に試してみました。あまりゲームをプレイされない方は分かりづらいかもしれませんが、明暗の差や、光と影の表現などに注目してもらえると、従来の表現との差を感じていただけるかと思われます。(今回は時間がなくて用意できませんでしたが、次回以降は従来モデルとの差も比較できればと思います。)

6.まとめ

MSI GL63-8SE-017JPは、パソコンショップアーク他にてセール価格・標準構成・送料税込み199,584円(5/12まで)にて販売しています。

MSIは基本的に値段を高くし、製品品質や中身の機能を充実させるという手法を取っているメーカーですが、今回はあえて価格を抑える方向に転換し、「MSIのマシンなのに安い」という点で注目を集めています。もちろんマシン自体に大きなマイナス点は無く、価格と品質のバランスを程よくとってきた、という印象ですので、「MSIのマシンは気になってたけど手が出さなかった」という人にうってつけの1台となっています。また、Corei5-8300Hを搭載したGL63-8SE-070JPも、標準価格で送料税込み20万を下回っているので、仮にセールを逃してしまっても、こちらのモデルで全然問題はないと思います。非セール時にはこちらも是非チェックしてみてくださいね。

価格を押さえながらも品質への妥協なし。私含め皆さんが待っていた「買えるMSI」。大きな購入候補になるはずです。

7.関連リンク

MSI GL63:公式サイト
MSI ゲーミングノート GL63 8SE:パソコンショップアーク

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    実際にSteelSeries Engine 3を入れてみましたが非対応のようです。
    私のほうでは全く認識しなかったのでコメント書いておきます。
    SteelSeries Engine 3が使えるのであれば、導入の仕方とかを教えていただけると助かります。

    • 匿名 より:

      書き忘れていましたが、私が確認したパソコンの型番はMSI GL63 8SE(GL63 8SE-017JP)です