マウス m-Book G - デスクトップPC用のCore iプロセッサーを搭載する高性能な15.6インチノート

マウス m-Book G
マウスコンピューターがCPUにデスクトップPC用のCore i3/Core i5/Core i7を搭載する15.6インチノート「m-Book Gシリーズ」を発売しました。マウス(マウスとiiyama)ではノートPCにデスクトップ用CPUを搭載する事例が多いのですが、今回はメインの製品ブランド「m-Book」で、しかも割安感のあるものに仕上げてきました。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book G
選択できるデスクトップ用CPUはCore i3/Core i5/Core i7の5型番で、それぞれのベンチマークスコアは下記のとおりです。

Core i3-8100: 8,063
Core i5-8400: 11,618
Core i5-8500: 11,880
Core i5-8600: 12,658
Core i7-8700: 15,130

Core i7-8550U: 8,315
Core i7-8565U: 9,279
Core i7-8750H: 12,466
※2月9日現在のPassmark公表値。数値が大きいほうが高性能

参考として掲載しているCore i7-8550UはKaby Lake Rで、現在でもノートPCの上位モデルに搭載されているもの、Core i7-8565UはWhiskey Lakeの最新モデルで、徐々に上位ノートに搭載が進んでいるもの、そしてCore i7-8750HはCoffee Lakeの高性能ノート用CPUで、ゲーミングノートではスタンダードと言えるものです。

これを見ると、この製品のCore i3モデルは一般的なノートPCのCore i7クラス(それより若干性能が低め)、Core i5モデルとCore i7モデルはゲーミングノート並みかそれ以上の性能になります。Passmarkの公表値がPC性能のすべてを説明できるわけではありませんが、「なーんだ、Core i3か、たいしたことないなあ」というのはこの製品に関しては当てはまりません。

なお、この製品にはいくつかのベースモデルが用意されていて、Core i3を標準搭載するモデルはCore i3/Core i5の3型番の合計4種類、Core i5を標準搭載するモデルはCore i5-8500/Core i5-8600/Core i7-8700の3種類、Core i7を標準搭載するモデルはCore i7のみ、という選択肢になります。

RAMはベースモデルによって最低容量が異なりますが、4GB(Core i3モデルのみ)から最大で32GBまでとなります。ストレージは2基搭載可能で、SSD + HDDあるいはSSD + SSDとすることができます。ちなみに搭載可能な最大容量は「2TB SSD + 2TB SSD(Core i7モデル)」です。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、IPSなのかTNなのかは開示されていません。入出力ポートは合計で4つのUSB、2つの映像出力専用ポート(HDMIとD-sub)、有線LAN、そしてフル規格のSDカードリーダーを備えていて、マウスらしく充実しています。

CPUをデスクトップ用にしたということで少し気になるのがバッテリー稼働時間です。この製品の稼働時間は約8.5時間となっていて、15.6インチスタンダードノートとして長いほうではありませんが、「話半分(ウインタブではJEITAの測定方式を全く信用していません)」としても実用性がないというわけでもありません。モバイルノートではないので、このくらい使えるのなら、あまり気にしなくていいのかもしれないですね。

サイズは特に小さいほうではなく、むしろ最新の15.6インチの上位クラス製品と比較してやや大きいと思います。「よくある15.6インチ」と考えていいでしょう。

2.筐体

マウス m-Book G
マウスとしては珍しく、正面からのアングルの画像が公開されていません。しかし、サイズを見ればナローベゼルということはなく、ごく普通のスタンダードノートであることは容易に想像できますし、実際この画像を見てもそんな感じです。やや厚みがありますね。

スポンサーリンク

マウス m-Book G
天板です。筐体素材については開示されていません。ブラック基調のシンプルなデザインだと思います。ただ、背面とか側面後方の通気口は少し目立つというか、ゲーミングノートっぽいゴツさがあります。

マウス m-Book G
キーボードです。「日本語キーボード (107キー/ ピッチ約18mm/ ストローク約1.8mm)」ということなので、特に狭苦しさを感じることはないでしょう。また、先日別製品の紹介記事で、マウスの15.6インチ用キーボードについて「右側のShiftキーが小さいのは致命的」という趣旨のコメントがありましたが、この画像を見ると確かに小さいですね。私はこのタイプのキーボードを試用したことがあり、使い始めのうちこのShiftキーでミスタイプをしてしまいましたが、「致命的」とまでは思っておらず、慣れれば特に問題ないと考えます。

タッチパッドには物理クリックボタンが2つあり、タッチパッドを常用する人には使いやすそうに思われます。なお、バックライトの有無については開示されていませんが、マウス系の他製品での経験上、おそらくバックライトなしだと思います。

マウス m-Book G
側面と入出力ポートの配置です。ポートの数と種類については文句なしだと思います。スペック説明のところで「よくある15.6インチ」のサイズ感である、と書きましたが、こうしてみると結構厚さはありますね。

マウス m-Book G
マウス系ノートのいいところである「着脱式バッテリー」です。注文用の画面(カスタマイズ画面)だと予備バッテリーの同時購入はできないようなのですが、この構造であれば、2、3年経ってバッテリーがヘタってきても困りませんよね。

3.価格など

マウス m-Book Gシリーズはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、2月9日現在の価格は74,800円(税込み80,784円)から、となっています。ただし、最低価格のベースモデルは「Core i3/RAM4GB/500GB HDD」という構成なので、わざわざデスクトップPC用のCPUを搭載する製品としてふさわしいであろう「Core i3/RAM8GB/128GB SSD + 500GB HDD」という構成にすると88,400円(税込み95,472円)となります。何回かカスタマイズを試してみましたが、だいたい10万円から12万円くらいでかなり満足の行く構成にすることができました。興味のある人は試してみてください。

この製品はCPU性能に関してはノートPCとしてハイエンドと言えるでしょう。一方で外部GPU(GeForceやRadeon)の搭載はできないので、ゲーミングマシンとしては(そこそこ使えると思いますけど)あまり向きません。ただ、モバイル利用を前提とせず、自宅やオフィスで半据え置き型として使うPCとしては非常に性能が高く、しかもお買い得な製品だと思います。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

15.6型 m-Book G シリーズ
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑