Microsoft HoloLens - 「未来っぽさ」満点の3Dグラス、開発者向けエディションが発売

Microsoft HoloLens
Microsoftは10月6日のプレス向けイベントでHoloLensの「開発者向けエディションの発売」を発表しました。HoloLensについては、2015年1月にはその存在が発表されていたのですが、ここに来て将来的な実用化の可能性が少しづつ見えてきています。とは言いながら、革新的なデバイスということもあって、私なんかはまだピンと来ていません。

スポンサーリンク

1.HoloLensの概要

HoloLensをモニターに
HoloLensは「拡張現実ゴーグル」という名称で日本語訳されています。また、単なる外付けデバイスではなく、映像を3D化させるために必要な機能を備えた「それ自体がPC」でもあります。わかりやすく言うと「それをかけると視界に3Dホログラムが現れる」ということなんですが、Microsoftがたくさんの動画を公開しており、それを見ると「そのホログラムは操作可能」ということが分かります。上の画像はWindowsのスタート画面をホログラム化して、タッチ操作しているところです。

HoloLensでSkype
Skypeはイメージしやすいですね。ホログラムを使った未来のテレビ電話という感じ。

スポンサーリンク

HoloLensでゲーム
ゲームもわかりやすいです。自宅のリビングをゲームのキャラクターが走り回るようなのを楽しめます。

HoloLensで授業
医学部の授業風景です。みんなでHoloLensを装着すれば標本も不要になります。

ということで、HoloLensによってホログラムを映し出すだけでなく、そのホログラムをあたかも実態があるもののように操作できてしまうことによって、様々な実用上の可能性が出てくるんじゃないか、と思いました。

2.開発者向けエディションが発売

HoloLensを開発者向けに発売
Microsoftは「開発者向け」にHoloLens Development Edition」の予約を開始しています。販売の対象となるのは米国とカナダの開発者で、配送は2016年の第一四半期、価格は1ユニットで3,000ドルです。

価格が高いとか安いというよりは、HoloLens向けのソフトウェアを開発するための高い技術力とか豊富な経営資源が必要になるので、誰でも買える、っていう代物じゃないですね。

このスケジュールだと、私たち一般ユーザーがHoloLensを使えるようになるのはいつ頃なんでしょう?少なくとも2016年中には無理な気がしますが…。

でも、なんだか楽しみですね。スマートウォッチ(例えばBand)とHoloLensを使ってテレビ電話とか。子供のころに夢見た未来がそこにあるって感じです。

3.関連リンク

HoloLens: 米国Microsoft

スポンサーリンク