Lenovo Yoga Slim 750i Carbonの実機レビュー - 966gの超軽量ながらMILスペックの堅牢性を備えた、見た目も美しい13.3インチモバイルノート

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon トップ
こんにちは、オジルです。今回はLenovoの13.3インチモバイルノートPC、Yoga Slim 750i Carbonをお借りできましたので実機レビューをお届けします。Lenovoと聞いてThinkPadを連想する方は多いかと思いますが、Yogaもなかなかどうして、これは良いですとしか言えないくらい素敵。「Yoga」というより「Yoga Slim 750i Carbon」は質実剛健でありながらもスタイリッシュさを維持した新次元の製品に仕上がっています。もっと長く触っていたいと、つい返却するのが惜しくなってしまいました。

スポンサーリンク

1.スペック

  Lenovo Yoga Slim 750i Carbon
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB
ストレージ 512GB/1TB
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ液晶 2.5K(2,560×1,600) 
ネットワーク IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.0
入出力 USB 3.1 Type-C(Thunderbolt 4)× 2、USB 3.1 Type-C、
オーディオジャック
カメラ WEBカメラ(720p) IRセンサー搭載
バッテリー 稼働時間 最大約14時間
サイズ 約 295.9×208.9×14.25mm(最薄部)
重量 約 966g

Yoga Slim 750i Carbonは2つのモデルとMicrosoft Office Home & Business 2019の有無で計4パターンから選択できます。2つのモデルの違うところは以下のようになっていて、それ以外の構成は同じです。

■Core i5-1135G7/RAM 8GB/512GB SSD
■Core i7-1165G7/RAM 16GB/1TB SSD

CPUはいずれも第11世代(Tiger Lake)で、外部GPUは搭載しないもののグラフィックス性能が強化された「Iris Xe」を搭載します。ディスプレイは2.5KのノングレアIPS、4Kではありませんがバッテリー消費を抑えつつディスプレイサイズに合わせたバランスの良い設計になっていると思います。そしてサイズと重量ですが、966gの薄型軽量でありながらもMIL規格(MIL-STD-810G)準拠なので高い耐久性・堅牢性を実現しているところが本製品の大きな魅力といえます。一方その代償というか、唯一残念なのはポート類がだいぶ不足している点。3つのType-Cは全てPD/DC-in/Dispray-Port出力対応、うち2つはThunderbolt 4というのは使い勝手が良いと思うのですが、SDカードリーダーやUSB Type-Aが完全に排除されているとなると、対応した製品を使いたい際にドッキングステーションなどが必須になってしまうのはちょっと面倒ですね。

なお、今回のレビュー機はCore i7搭載モデルでした。初期状態は以下の通りです。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 初期状態1

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 初期状態2

2.筐体フォトレビュー

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 同梱品

同梱品:コンパクトなACアダプター(65W)とペーパー類のみ。貸し出し品につき参考まで


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 天板

天板:カーボン素材。真っ白なカラーリングに「YOGA」と「Lenovo」のみで、シンプルかつ上品


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 底面

底面:マグネシウム合金。スピーカーは下部の両脇に配置


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 左側面

左側面:左からUSB Type-C、電源インジケータ、USB Type-C。いずれもThunderbolt4


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 右側面

右側面:左からUSB Type-C、オーディオジャック、電源ボタン


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon ディスプレイ

ディスプレイ:一般的な製品よりも少し縦長の16:10、解像度は2,500×1,560の2.5K


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon キーボード

キーボード:スペース、エンター、バックスペース周りに若干のクセあり(後述します)


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon バックライト

バックライト:目に優しいリッチな光り方で、2段階切り替えのほか自動調整も可


Lenovo Yoga Slim 750i Carbon 最大開口

最大開口時:180°には僅かに届かないものの、ほぼフルフラットに開口可能

スポンサーリンク

3.使用感

ディスプレイ

2.5Kの解像度に加えてsRGB100%ですから言わずもがなとても綺麗で、クリエイティブ用途にも対応できるでしょう。視野角に関しても当然問題ありませんし、輝度についても300nitはとても高いわけではないですが光量として個人的に不満を覚えるようなこともありませんでした。画面の美しさはもちろんなんですけど、16:10になっていることでウェブ閲覧時などの際に表示領域が増えることによる恩恵からか、体感的に13.3インチ以上に見える気がして不思議でした。

キーボード

先ほど画像のところで「若干のクセあり」と書いたように、スペースキーには『変換』『無変換』、エンターキーには『」』、バックスペースキーには『¥』が隣接していて、そうすることでアルファベットなど主要なキーのキーピッチ(約19mm)を確保していると思われます。これ、一見すると少し嫌な感じがしますけど、実際にタイピングしてみると意外にもミスタイプはほとんどなく杞憂に過ぎませんでした。打鍵感についてはキーストロークが約1mmと浅く、力強くタイプしない限りほとんど音もならないため、イメージとしては「おしとやか」という表現になるでしょうか。評価に個人差が出そうですけど、静かな環境で利用することがメインで静音性にこだわりたい方になら、ここ最近で触れてきたどのノートパソコンよりも明らかに静かだったのでおすすめできます。

スピーカー

DOLBY ATMOS搭載ですし、実際に聴いている限りでは音質に不満を感じることはありません。ただ、強いて挙げるとすれば、やはりスピーカーの配置が底面というのが勿体なく感じました。設計上なかなか難しかったのかもしれない…と考える部分もあり、個人的な感想に留めます。いや、決して評価を下げるわけではなく、音質は今のままでも十分良いんですけどね。

バッテリー

明るさ最大、Youtube(作業用BGM)を流しっぱなしで時折ブラウジングを行ってみたところ、1時間で約20%の減少となりました。単純計算すれば約5時間の稼働が見込め、明るさを下げつつ重い負荷をかけなければ7~8時間くらいまでは伸ばせそう、と考えたら及第点ではないでしょうか。ちなみに公称14時間となっていますけど、これはLenovoがどうこうの話ではなく、限界まで負荷を減らしたらたとえ14時間動いても「画面が暗くてストレス」など稼働時間以外の不満が出てきそうですが…。

冷却ファン・発熱に関して

少し次項の性能テストにも関連する可能性があるため言及しておきます。まず、ファンはベンチマークテストなど高負荷な作業をする際にはそれなりの音量で動作します。ただし「サーッ」という不快感のない音なので私はそこまで気にはなりませんでした。それよりも、冷却が追いつかないのか、一度動作してからは止まるまでの時間が長いような気がします。加えて、普通に操作している分には何も感じませんけど、意識的にヒンジ部分を触るとそれなりに熱がありました。

4.性能テスト

PC性能関連

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon PCMARK10

クリックで拡大します

参考:
ASUS VivoBook S15 K513EA(Core i7-1165G7): 4,899
ASUS VivoBook S15 S533EA(Core i7-1165G7): 4,804
HP ENVY x360 13(Ryzen 5 4500U) : 4,678
ASUS ZenBook 13 UX325EA(Core i7-1165G7): 4,526
iiyama STYLE-17FH054-i7(Core i7-8750H) : 4,281
HP Spectre x360 13(Core i7-8565U): 4,223

PCMarkはブラウザやオフィスソフトなど、一般的な学生・ビジネスマンが利用するような動作について性能をテストします。結果としては参考データ中の同一CPUであるCore i7-1165G7と比べて低くなりましたが、そもそもスコア自体が高水準です。仕事などで使う分にはよほど特殊なことをしない限り、まずストレスを感じることはないでしょう。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon CINEBENCH

参考:
ASUS VivoBook S15 K513EA(Core i7-1165G7): 1,342、5,788
MSI GP65 Leopard(Core i7-9750H):1,077、5,999
ASUS ZenBook 14(Core i5-8265U):1,023、3,691
Microsoft Surface Laptop Go(Core i5-1035G1:1,006、3,559
HP Pavilion x360(Core i5-7200U)(注):790、1,740
※左から順にシングルコア、マルチコアのスコア

CPU性能に絞ってテストするCINEBENCHです。シングルコアでは良好だったものの、マルチコアに関しては同じCore i7-1165G7と比べて大きく下回る結果となりました。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon CyustalDiskMark

ストレージの読み書き速度を測定するCrystal Disk Markの結果は、さすがPCIe接続のSSD搭載といったところ。文句の付けようがない速さです。

3D・ゲーム関連

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon TimeSpy

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon FireStrike

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon WildLife

3Dグラフィックス性能をテストする3D MARKでは外部GPU非搭載のCore i7-1165G7搭載機とほぼ同水準のスコアになりました。重量級は厳しいですが、軽~中量級までのゲームであれば設定次第でプレイ可能です。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon FF14ベンチ

FF14ベンチに関しては高品質設定で「やや快適」となっていますが、動作中の挙動としては戦闘シーンで若干のカクつきが見られた程度。標準品質であれば気にせず遊べそうです。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon FF15ベンチ

FF15ベンチに関しては標準品質で「動作困難」との結果になりました。軽量品質に落としても恐らく厳しい判定になることが予想され、普通にプレイするのは難しそう。

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon ドラクエベンチ

ドラクエXのようなスペック要求の低いゲームであれば快適にプレイできそうです。

5.まとめ

Lenovo Yoga Slim 750i CarbonはLenovo直販サイトにて販売中で、2月27日現在の価格は以下の通りです。なお、Lenovo直販サイトは割引額が変わることが多いので、気になる方は少しの間ウォッチしてみるといいかもしれません。

■Core i5-1135G7/RAM 8GB/512GB SSD
・Officeなし:114,059円 ・Officeあり:135,945円
■Core i7-1165G7/RAM 16GB/1TB SSD
・Officeなし:145,515円 ・Officeあり:168,500円
※いずれもeクーポン適用後の税込価格

これまでは、私の思い込みなのかもしれませんが「軽くする=華奢になる」と「堅牢性を高める=ゴツくなる」は相容れないんだろうなと思っていました。本製品は女性が使えばかわいい、男性が使えばお洒落というユニセックスな魅力のあるデザインに留まらず、最新世代CPU搭載で2.5K、1kg切り、MILスペックと隙のない構成になっていて、きっと購入したら「愛でたくなる」製品です。モバイルノートを探されている方はぜひ検討してみてください。

6.関連リンク

Yoga Slim 750i Carbon:Lenovo

スポンサーリンク