Lenovo Yoga S940 - 13.9インチ、超薄型筐体に4Kディスプレイ、先進機能もついた高性能モバイルノート

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo Yoga S940
Lenovoが海外でYogaシリーズのクラムシェルノート「Yoga S940」を発表しました。型番から連想される通り、2018年末に日本でも発売された「Yoga S730」の上位モデルと考えられます。ウインタブでLenovoといえば(運営者の好みから)どうしてもThinkPad優先となりがちですが、このYoga S940はスペックが高いだけでなく、筐体構造にも優れ、新機能も搭載する、非常に魅力的な製品です。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo Yoga S940
まだ発売されていないため、詳細スペックがわからないところもありますが、Lenovoのニュースリリース英国サイトで公開されている製品ページを参照しつつ、予想を交えて書きます。OSはWindows 10 HomeとProですが、Yogaやideapadシリーズの場合、日本向けにはHome版しか設定されないことが多いので、日本発売の際にはHome版のみになるかもしれません。CPUは「最高で」Core i7-8565U(Whiskey Lake)という説明になっており、製品の格から見て、Core i7以外にはCore i5-8265Uが用意されるくらいか、と思います。

RAMも最大16GBとなっていて、16GBのほかには8GBという構成が用意されるでしょう。ストレージは最大1TBです。こちらも256GBとか512GBというものが設定されると思われます。

ディスプレイは13.9インチと、S730の13.3インチよりも一回り大きく、IPS液晶でFHD解像度と4K解像度があります。4K解像度のほうは500nitの高輝度にしてDolby Visionを採用するHDRディスプレイとなっています。HDRにせよDolby Visionにせよ、ウインタブで実機を試したことがありませんが、画質のほうはかなり期待できそうですね。

この製品は超薄型筐体になっていまして、入出力ポートはUSB Type-Cのみで、3つあるUSB Type-Cのうち2つはThunderbolt 3と高規格になっています。ただし、DC-IN端子はありませんので、USB Type-Cポートを使っての充電/給電ですし、HDMIなど映像出力専用ポートもありません。

サイズは「非常にコンパクト」であると言えます。13.9インチサイズですから実質的には「ほとんど14インチ」と考えていいと思いますが、横幅はかなり小さいですし、奥行きも20センチを切っているのはすごいと思います。というか、2018年だと横幅が20センチを切っている13.3インチサイズのノートPCはDELL XPS 13くらいしかなかったので。それよりも大きいディスプレイサイズでありながら、この筐体サイズに収めているのは驚異的だと思います。また、厚さも最薄部で12.2 mmしかないので、文句なしですね。

2.筐体

Lenovo Yoga S940
正面から見ると、Yoga S940がギリギリまでサイズを小さくしているのがわかります。先日紹介記事を掲載したASUS ZenBook S13と同様、上部ベゼルのWebカメラ付近が飛び出してしまっています。

スポンサーリンク

Lenovo Yoga S940
しかも、このカメラは新機能も搭載しています。Windows Helloの顔認証に対応するだけでなく、AIによる視線追従システムで「視線を動かすだけでコンテンツの切り替え」をしたり、「Yoga S 940から離れると、コンテンツの保存時にディスプレイが自動的に暗く」なり、プライバシーを保護したりと言ったことが可能です。

また、「ビデオチャット中に自分の背後にあるコンテンツのフォーカスを解除する」などといった機能もあります。「なんかすごい」ですよね。

Lenovo Yoga S940
「ベゼルを包み込むようなContour Glassを搭載」しているとのこと。Contuour Glassというのは和訳できませんでした。ちなみにContourというのは「等高線」とか「輪郭」という意味です。

Lenovo Yoga S940
筐体はアルミ製でサンドブラスト加工が施されています。また、筐体色は「アイアングレー」です。

Lenovo Yoga S940
すみません、キーボードの拡大画像が入手できませんでした。この製品はキーボード面の左右にスピーカーが装備されていて、Dolby Atmosスピーカーシステムとなります。

Lenovo Yoga S940
側面と入出力ポートの配置です。ご覧のようにかなりの薄型で、上に書いた通り入出力ポートはすべてType-C、ほかにはオーディオジャックのみが装備されます。

3.価格など

Lenovo Yoga S940は2019年5月の発売予定で、北米での価格は1,499ドル(約162,000円)から、となっています。日本での発売はアナウンスされていませんが、最近のLenovo製品を見ていると日本での発売はほぼ確実で、北米とのタイムラグも小さいものと思われます。

この製品はCPUにWhiskey LakeのCore i7(おそらくCore i5も)を搭載し、超薄型の筐体に4Kディスプレイを備えていることから、ビジネスマンやクリエイターには非常に魅力的なものになっていると思います。また、価格に関してもLenovo直販サイトは割引販売が常態化しているので、10%~20%くらいの割引率が設定されると予想されます。「だいたい15万円くらいから、4Kディスプレイを搭載するモデルも20万円を切るのでは?」というのが私の適当な予想です。日本発売が待ち遠しいですね。

4.関連リンク

LENOVO LAUNCHES ITS SMARTEST CONSUMER COMPUTERS YET:Lenovo ニュースリリース
Yoga S940:Lenovo(英国)製品ページ

スポンサーリンク

Comment

  1. 見習いプログラマー より:

    スピーカーが珍しい位置、ベゼルも細くて中々良さそうな機種ですね。
    日本で発売されるといいな。

    • wintab より:

      見習いプログラマーさん、こんにちは。多分ですね、日本発売があると予想しています。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑