Lenovo ThinkPad X1 Titanium - 13.5インチで厚さ11.9 mm、重さ1.15 kgと素晴らしいサイズ感の高性能コンバーチブル2 in 1

Lenovo ThinkPad X1 Titanium
レノボがThinkPad X1シリーズのニューモデル「ThinkPad X1 Titanium」を発売しました。「Titanium」というのは「タイタニウム」と表記するようです。ちなみにGoogle翻訳だと「タイタニューウム」と読んでました。英語の発音ルールだと確かにタイタニウムになりますけど、日本語読みだと「チタニウム」ですよねー。まあ、どうでもいいか…。

スポンサーリンク

この製品は「ThinkPad X1 Titanium Yoga」という名称でCES2021の折、紹介記事を掲載済みです。この記事では日本版の詳細スペックと価格についてご紹介します。
Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga - 13.5インチで厚さ11ミリ!ThinkPad X1シリーズに超薄型・軽量なコンバーチブル2 in 1が追加されます

1.概要

  ThinkPad X1 Titanium Yoga
OS Windows 10 Home / Pro
CPU Intel Core i5-1130G7/Core i7-1160G7/Core i7-1180G7
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB
ストレージ 256GB/512GB/1TB PCIe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.5インチIPS (2,256 x 1,504) タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1(4G/5G対応可)
入出力 USB 4 Type-C(Thunderbolt 4)× 2、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(720p)顔認証対応
バッテリー 44.5Wh(最大16.8時間)
サイズ 297.5 × 232.7 × 11.5 mm
重量 1.15-1.18 kg

OSはWindows 10 HomeもしくはProが選べます。CPUは第11世代(Tiger Lake)の「UP4」と呼ばれる超省電力タイプのCore i5/Core i7で、vProに対応するCore i7-1180G7も選べます。おそらく1180G7のほうが1160G7よりも若干パフォーマンスが高いと思われます(クロックスピードが若干高いです)が、1160G7から変更するためのコストが27,500円(定価ベース)と高額なので、個人利用の場合は選択肢には入らないだろうと思います。

RAMはCore i5モデルが8GBと16GBを選べ、Core i7モデルは16GBのみです。また、RAMはオンボードなので、購入後に増設・換装をするのは難しいでしょう。ストレージは256GBから1TBまで、ニーズに合わせて選べます。

スポンサーリンク

ディスプレイは13.5インチのIPS液晶で、解像度は2,256 x 1,504と高精細、コンバーチブル2 in 1筐体なのでタッチ対応もします。ところで先日ThinkPad X12 Detachableの紹介記事を掲載した際、「Surface Pro 7とディスプレイサイズも筐体サイズもそっくり」と書きました。X1 TitaniumのディスプレイサイズはSurface Laptop 3と全くの同サイズ、同解像度です。

通信周りではWi-Fi6(ax規格)に対応するほか4GB/5Gのモジュールを追加することができます。ただし、4G対応はプラス19,800円、5G対応はプラス56,100円(いずれも定価ベース)となっていて、特に5Gモジュールに関しては「パソコンもう一台買えるがな」とか「5Gスマホ買ってテザリングするほうがいいんじゃね?」というくらいに高いです。

サイズはコンパクトで、特に厚さが11.9 mmというのがすごいです。コンバーチブル2 in 1としては最薄クラスなんじゃないでしょうか。また重量も1.15-1.18 kgなので、「さすがタイタニウム」だと思います。

Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga
Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga
筐体はチタン製(いちいちタイタニウムって書くの疲れました)で、色名は「タイタニウムシルバー」です。ThinkPadらしからぬ色ですよね。ここは賛否両論ありそうです。

Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga
ペン入力も可能です。ペンの詳しい仕様は開示されていませんが、これまでのレノボ製品を見ていても、この製品の「格」を考えても、おそらく「ワコムAES方式、4,096段階の筆圧対応」という仕様であろうと思います。また、ペンはCore i7モデルには付属、Core i5モデルだとオプション(定価ベースで9,900円)です。購入の際にはこの点にご注意下さい。

Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga
この画像はレノボの海外サイトにあったものです。英語配列になっていますが、日本版では英語配列、日本語配列のいずれも選択可能で、ともにバックライト付きとなります。

「色」にはちょっと違和感がありますが、キーのレイアウトとかトラックポイントとか、ThinkPadそのものです。それと、両サイドにスピーカーがあります。配置的には非常に好ましいと思いますが、ThinkPadシリーズとしては珍しいですよね。

2.価格など

Lenovo ThinkPad X1 Titaniumはレノボ直販サイトで販売中で、2月11日現在の価格は税込み229,680円から、となっています(週末・休日用の価格です)。サイズ感は素晴らしく、コンバーチブル2 in 1筐体なので使い勝手も非常にいいと思います。一方で現状の価格は決して安価とは言えないですね。

同じX1シリーズにX1 Yoga(14インチ)があります。近日中にニューモデルになることが確実で、現行モデルだとCPUが第10世代にとどまり、サイズもやや大きいものの、こちらも金属筐体を採用し、カスタマイズ余地がより大きく、価格もX1 Titaniumと同等、もしくは割安に感じられますので、よく比較検討されることをおすすめします。

3.関連リンク

ThinkPad X1 Titanium:Lenovo

スポンサーリンク