Lenovo ThinkPad P1 - 15.6インチでスタンダードノートよりも小さくて軽いワークステーションがThinkPadの仲間入り!

Lenovo ThinkPad P1
超高性能なノートPCといえばゲーミングノートをイメージする人が多いと思います。よりなめらかにゲーム画面を遷移させ、コンマ何秒かのタイムラグも許さないハイエンドなゲーミングノートは、上級ゲーマーだけでなく、ハイスペックなノートPCを求める人には最適の選択肢と言えるでしょう。しかし、今回紹介する「ThinkPad P1」はゲーミングノートではありません。「モバイル・ワークステーション」という位置づけの製品です。性能という点ではゲーミングノートに一歩も譲らない実力がありますが、利用シーンは異なります。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo ThinkPad P1
この記事を書いている8月21日現在、Web直販モデルは未発売で、「販売代理店モデル」のみスペックが公開されています。8月下旬にWeb直販モデルが発売される予定になっていますが、ここでは販売代理店モデルのスペック表をもとに説明します。

OSはWindows 10 ProとWindows 10 Pro for Workstationsです。前者はいいとして、後者は「なにそのfor Workstationsって?」と思いますよね。Microsoftの説明によれば「データ処理やストレージ性能の強化、障害を発見して修復する新しいファイル システムの採用、次世代 PC ハードウェアのサポート (最大4個のCPU および最大6TBのメモリ) という特徴を備えた、これまでで最もパワフルな Windows です。」とのことで、「4個のCPU」とか「6TBのメモリ」と言われても一般人的には呆然とするレベルではありますが、要は超高性能なPC(ワークステーション)の仕様に合わせ、障害修復機能も盛り込んだハイエンドなWindows、ということです。

CPUはCoffee Lake世代のCore i5とi7、そしてXeonが搭載されます。しかし、Core i5とi7に関しては型番が「8400H」だったり「8850H」だったりと、ゲーミングノートに使われているものと異なるものが含まれています。「8400H」「8850H」そしてXeon E-2176MはいずれもvPro(企業などでPCを一元管理する際に役立つ機能)対応になっています。また、Xeonについては一般のPC向けCPUではなく、マルチソケット(つまり複数のCPUを搭載すること)やECCメモリ(データ修復機能付きのメモリ)に対応していたりと、ハイエンドなパフォーマンスだけでなく、金に糸目をつけずにパワーアップするような手法とか、よりセキュアなPC環境を作り出すために使われます。ただし、ThinkPad P1には複数のCPUは搭載できません。

GPUはNVIDIAのGeForceではなくQuadroが搭載されます。GeForceがDirect Xに最適化されているのに対し、QuadroはOpen GLに最適化されており、GeForceはゲーム向き、Quadroはクリエイター(CAD、動画編集、画像編集など)向きと言われています。ただ、すみません、私は両方のGPUを搭載する製品を並べて比較したことがないので、両者の実用面での具体的な違いを体感したことがありませんし、その機会に恵まれたとしても、おそらくゲームくらいしか体感差を理解できる場面はないだろうと思います。一応「ゲーム用ならGeForce」というのは知っておいたほうがいいと思います。

RAMは8GBから32GBまでの範囲で選択でき、Xeon搭載モデルにはECCメモリが使用されます。また、搭載できる最大のRAM容量は64GBです。ストレージは販売代理店モデルだと256GB SSDもしくは512GB SSDとなりますが、おそらく物理ストレージは2基搭載可能で、SSD + HDDやSSD + SSDといった構成が可能なのではないか、と思われます。

スポンサーリンク

ディスプレイは15.6インチでFHD解像度(非タッチ液晶)もしくは4K解像度(タッチ液晶)の2種類です。特に4K解像度のものは「Adobe RGB 100%」品質となっていて、動画や画像の編集、3Dモデルの制作などに向きます。

で、サイズです。これはちょっと「びっくり」するレベルですね。横幅361 mmというのは15.6インチのスタンダードノートとして見ても十分にコンパクトというか、最小クラスになります。また、重量がXeon + 4K液晶モデルですら1.84 kgしかない、というのもすごいです。「持ち歩けるラボ」という感じ。

2.筐体

Lenovo ThinkPad P1
この製品は15.6インチですがテンキーはありません。おそらく横幅をギリギリまで小さくした関係でテンキーを装備してしまうと「ワークステーションとして窮屈な配列」になってしまうことを嫌ったのではないかと思います。

この画像は英語配列になっていますが、販売代理店モデルは「89キー、JIS配列、バックライト付き」となります。他のThinkPad同様、直販モデルだと日本語配列と英語配列を選べるものと思います。

また、この製品ではIRカメラ(Windows Helloの顔認証に対応)の設定もありますが、キーボード面の右側に指紋センサーも見えますので、ダブルでの生体認証が可能です。

あと、さすがにベゼルもかなり細くなっていますね。ワークステーションという文言から連想される「どっしりした」イメージは全然ありません。

Lenovo ThinkPad P1
天板です。正直このアングルから見たThinkPadというのは「どれもほとんど同じ」です。しかし、この製品の場合、ThinkPadロゴが黒く染められていて(普通はシルバーです)、ちょっと異色な感じがしますね。タダモノではない雰囲気があってカッコいいです(実際にタダモノじゃないですしね)。

しかし、これでワークステーションですからねー。デザイン的にはThinkPadそのものですし、サイズ感も「むしろコンパクト」ですし…。

3.価格など

Lenovo ThinkPad P1は8月下旬からLenovo直販サイトで販売が開始されます。8月21日現在の「販売代理店モデル」の価格は315,000円(税込み340,200円)から540,000円(税込み583,200円)となっていますが、いつもウインタブで書いている通り、「Lenovoの定価に意味はない」ので、直販モデルの実売価格はこれよりもずっと安くなると予想します。だいたい30%OFFくらいでしょうか(あくまで予想)。

ThinkPad P1は超高性能PC(ワークステーション)ですが、使用目的をはっきりさせないと購入しても手に余ると思います。また、オンラインゲームを主目的として購入すると後悔することになるでしょう。私を含め一般ユーザーにはあまり縁のないところでスペックが充実しているので、クリエイターなど専門職の人、また同等のPC知識のある人に任せておいたほうがいいかもしれませんね。

4.関連リンク

ThinkPad P1:Lenovo直販サイト

スポンサーリンク

Comment

  1. 名無し より:

    ワークステーションでこの軽さと価格は安すぎな気がする。冷却性能が気になるけど、しっかり冷却されるならオンライン販売きたら買ってみようかな。
    あと、Pro for WorkstationをProと差別化するために、わざわざProからReFSフォーマット機能を削除したのが気に食わない……(愚痴)

    • wintab より:

      名無しさん、こんにちは。ということはクリエイター?それとも科学者?私なんかはXeonもQuadroも宝の持ち腐れになっちゃいそうですけど、それでもお金があれば欲しい、というのが正直なところ。

  2. 匿名 より:

    Windowsをあまり使わん者からするとOpenGLに強い方が嬉しいんだけどなぁ。
    もっと安めでquadro載っけてくれないかなぁ

    • wintab より:

      こんにちは。おお、ここにも専門家っぽい人が…。私は実用面でGeForceとQuadroの体感差も理解できてないです…。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑