Lenovo Legion Y7000 - 15.6インチで購入しやすい価格の「赤いゲーミングノート」、デザインが個性的でカッコいいです!

Lenovo Legion Y7000
Lenovoがゲーミングブランド「Legion」から、15.6インチノート「Y7000」を発売しました。システムスペックや、注文時に構成のカスタマイズができないことなどから見て、エントリー~中級ゲーマー向けの製品と思われます。しかし、全体的にバランスが取れ、これからゲーミングノートを購入したい、と考えている人にピッタリの製品と言えます。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo Legion Y7000
Y7000は注文時に構成をカスタマイズできず、下記の3つのバリエーションモデルから選ぶことになります。

Core i5/GTX1650/RAM8GB/512GB SSD:119,973円
Core i7/GTX1650/RAM16GB/256GB SSD + 1TB HDD:140,992円
Core i7/GTX1660Ti/RAM16GB/1TB HDD:165,059円
※価格は6月29日現在のLenovo直販サイトのもの(税込み)

Core i5モデルはエントリーゲーマー向け、Core i7モデルはGPUにGTX1660Tiを選べますので中級(あるいは上級)ゲーマー向けという感じでしょうか。なお、より上位のGPUであるGeForce RTXシリーズの設定はありません。価格も掲載していますが、3モデルとも割安感があり、ゲーミングノートとしては購入がしやすいと言えます。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度で、リフレッシュレートは144 Hzです。最近のゲーミングノートは高リフレッシュレートのものが増えていますが、エントリークラスの製品だと依然として60 Hzのものが多いです。このクラスの製品にもしっかり高リフレッシュレートのディスプレイを搭載するあたり、さすがLenovoだと思います。

入出力ポートも比較的充実しています。USBポートが合計で4つある上、Type-Cポートは映像出力にも対応します。他に映像出力専用ポートとしてHDMIとminiDPも装備されていますので、マルチディスプレイの運用もしやすいと思います。ただし、SD(microSD)カードリーダーは装備されませんし、有線(無線も)LANポートのパーツはKILLERなどの「ブランドもの」ではありません。

2.筐体

結論から言うと、この製品は同じLenovoの「Legion Y540」と同一筐体だと思われます。ただし、「味付け」はかなり異なります。

Lenovo Legion Y7000
すみません、正面からの画像がないです。横幅が360 mmということもあり、ベゼルはかなり細くなっています。

Lenovo Legion Y540
参考までに同一筐体と思われるLegion Y540の画像を掲載します。ベゼル幅とかキーボード面の厚みなどは共通だと思います。

Lenovo Legion Y7000
Y7000とY540の大きな相違点として、キーボードバックライトの色が挙げられます。Y540はホワイトですが、Y7000はレッドです。しかもかなり派手なレッドなので、目立つでしょうね、いろんな意味で…。

また、画像では英語配列になっていますが、6月29日現在、当初英語配列だったLegion Y540と合わせ、この製品も日本語配列のものが日本で販売されています。

スポンサーリンク

Lenovo Legion Y7000
天板と底面です。天板はY540よりも明らかに派手です。ロゴマークも赤くなりました。この画像には底面も写っていますが、底面の通気口もかなり大型のものになっていて、場所としては目立ちませんが、デザインアクセントになっていると言えるでしょう。

また、入出力ポートは背面が主体となります。

Lenovo Legion Y540

クリックで拡大します

参考までにY540の側面と背面の画像を掲載します。

Lenovo Legion Y7000
Lenovo Legion Y7000
側面の造形は(当たり前ですが)Legion Y540と同じく、非常に個性的です。また、他のLenovo製品と同様に、この製品もヒンジは水平(180度)位置まで開口できます。

3.価格など

Lenovo Legion Y7000はLenovo直販サイトで販売中で、すでに記載済みですが、6月29日現在の価格は下記のとおりです。

Core i5/GTX1650/RAM8GB/512GB SSD:119,973円
Core i7/GTX1650/RAM16GB/256GB SSD + 1TB HDD:140,992円
Core i7/GTX1660Ti/RAM16GB/1TB HDD:165,059円
※税込み

気になるのが同一筐体のLegion Y540との比較ですが、Y7000の119,973円のものと同一構成にした場合、Y540は税込み125,496円となりました。ここだけ見るとY540のほうが割高に思われますが、「カスタマイズができることによる手間賃」くらいに考えていいのでは?と思います。

Y7000とY540は同一筐体ながらアクセントカラー(キーボードバックライトやロゴの色)が異なりますので、外観の雰囲気も別物と感じられます。これまでゲーミングPCを使ってきた人ならカスタマイズ余地のあるY540のほうがよさそうに思われますが、初めてゲーミングPCを購入する人なら、レディーメードで若干割安なY7000のほうが魅力的に感じられるかもしれないですね。

最後にちょっとだけ。ライターのtakumiさんが担当したゲーミングノートの実機レビュー記事とか、プロゲーマーの方々の話(何度かトークセッションを聴いています)によれば、「最近、一部のゲームでRAM8GBだと不足を感じることがある」ということです。また、MSIの方ともお話したことがあり、「今後は一部の低価格モデルを除き、できるだけRAM16GBを標準装備にしたいです」とのことでした。なので、これからゲーミングノートを購入される場合は、CPUやGPUをご予算に応じて選ぶとしても、RAMは16GBにしておいたほうがよさそうです。

4.関連リンク(Lenovo)

Legion Y7000(GTX 1650搭載)
Legion Y7000(GTX 1660Ti搭載)

スポンサーリンク