Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel) - Core i5-12500H/Core i7-12700Hを搭載する高性能な16インチノート、ディスプレイも高精細です

Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)
レノボが16インチノート「IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel) 」の直販を開始しました。この製品とよく似た名称の「Lenovo IdeaPad Slim 570 (14, AMD)」について先日紹介記事を掲載していますが、今回ご紹介する製品はそれとはサイズもCPUも全く違います。

スポンサーリンク

IdeaPadシリーズは「格安で購入でき、コストパフォーマンスが高いノートPC」というイメージがあります。もう少し具体的に書くと「筐体品質はそれなりだが、搭載CPUから見た価格が非常に安い」という感じでしょうか。しかし、今回ご紹介する製品は製品名に「Pro」がついていて、「筐体品質がそれなり」ということはなく、メインノートとしても十分に満足できるものだと思います。

1.IdeaPad Slim 570i Pro スペック

  IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i5-12500H / Core i7-12700H
外部GPU なし
RAM 16GB (LPDDR5, オンボード) 
ストレージ 512GB/1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 16インチIPS(2,560 x 1,600)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)、USB2.0 Type-C、USB3.2 Gen1 × 2、HDMI、オーディオジャック、SDカードリーダー
カメラ Webカメラ(1,080p)顔認証対応
バッテリー 75 Wh(最大約19時間)
サイズ 356.0 x 251.0 x 16.9 (最薄部)mm
重量 1.95 kg

バリエーションモデル

・Core i5/512GB SSD
・Core i7/1TB SSD

コメント

CPUは第12世代(Alder Lake)のCore i5-12500H/Core i7-12700Hです。このCPUはゲーミングノートにも使われている高性能タイプ(H型番)ですが、この製品には外部GPU(GeForceシリーズなど)は搭載されていません。RAMは16GBと余裕のある容量です。ただし「オンボード」なので、購入後の増設や換装はできません。SSDはCore i5モデルが512GB、Core i7モデルが1TBのM.2 NVMe SSDで、こちらも容量に余裕があります。

ディスプレイは16インチのIPS液晶、解像度は2,560 × 1,600と高く(一般的なスタンダードノートは1,920 × 1,080解像度)、100%sRGBの発色品質になっています。ウインタブの経験上、IdeaPadシリーズのディスプレイは発色品質が低めなものがあるのですが、この製品については心配いらないでしょう。ただし、リフレッシュレートは60 Hzなので、ゲーム仕様ではありません。

スポンサーリンク

入出力ポートは16インチ(15.6インチクラス)のスタンダードノートとしては悪くないと思います。USB Type-Cポートが2つ(うち1つはThunderbolt 4)、USB Type-Aポートも2つ、HDMIにSDカードリーダーも装備しています。SDカードリーダーはmicro規格ではなくフル規格なので、デジカメとの相性もいいと思います。また、Webカメラは1080p(FHD)で顔認証にも対応します。

サイズはスペック表を見る限りスタンダードノートとしてはかなりの薄型だと言えますが「最薄部が16.9 mm」ということなので、実機をチェックしてみないとなんとも言えないかな、と思います。また重量については「普通」くらいですね。

2.IdeaPad Slim 570i Pro 筐体

Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)
上下左右ともベゼル幅が細く、とてもカッコいいと思います。IdeaPad Slim 570i Proはシステムスペックも高くなっていて、それにふさわしい筐体デザインだと思います。

Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)
天板です。ここは他のIdeaPadシリーズと共通のシンプルなデザインです。筐体素材は不明ですが、ウインタブの直近のレビュー経験上、少なくとも天板は金属製ではないかと思われます。

Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)
キーボードです。このサイズの製品としてはオーソドックスにテンキー付きのものです。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、バックライト・キーボード」と開示されています(「84キー」にテンキーは含みません)。キートップの下側がラウンドした、レノボらしい形状です。

Lenovo IdeaPad Slim 570i Pro(16, Intel)

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。個人的には「あと有線LANポートが欲しかった」と思いますが、ポート構成としては概ね十分かな、と。

3.IdeaPad Slim 570i Pro 価格など

Lenovo IdeaPad Slim 570i Proはレノボ直販サイトで販売中で、7月31日現在の価格はCore i5モデルが税込み109,727円、Core i7モデルが税込み132,810円となっています。なお、この価格は週末セール価格です。

IdeaPadシリーズの場合、ウインタブのレビュー経験では「価格から見たパフォーマンスは素晴らしいが、筐体がちょっと安っぽくてディスプレイの発色もイマイチ」と感じることが多かったのですが、上位クラスのIdeaPadについてはそのような先入観を払拭する出来になっていました(昨年11月にレビューしたIdeaPad Slim 560 Pro(16)がその一例です)。

この製品についてもウインタブ読者のメインノートにふさわしいものになっていると思います。現状、PCの価格がじわじわと上昇していることもあり、その意味では「依然お買い得」とも言えるでしょう。

4.関連リンク

IdeaPad Slim 570i Pro(16型 第12世代インテル):Lenovo

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    10万切ったら欲しいなと思う
    i5-12500H/Core i7-12700Hはあまり違わないみたいです

    • wintab より:

      こんにちは。私なんかはベンチマークテスト以外の場面で、Core i5とCore i7の性能差はあまり体感できません。日頃の仕事がCPU性能を要求しないものがほとんどなので…。なので、個人的にはCore i5-12500Hでも十分すぎるくらいです。IdeaPadシリーズの場合、注文時にカスタマイズができず、この製品だとCore i5モデルは512GB SSD固定、Core i7モデルは1TB SSD固定、というのがちょっとつらいところですね。