VORKE Notebook 15 - スタイリッシュな軽量15.6インチPCはポートも充実でコスパ最強、旧世代のCore i7搭載で4万円台!

VORKE-Notebook 15 laptop

スポンサーリンク

VORKEは2015年設立の比較的新しい会社です。VORKEのホームページを見ると工場はISO9001を取得していて品質管理に前向きな優良企業のようです。メインの製品はMini-PCやTV BOXの他にキーボードなどのアクセサリーをVORKEブランドとして販売するほかOEM提供もしています。ウインタブでも以前にVORKEのMini-PC をレビューした事があり、そのコストパフォーマンスの高さと品質を高く評価しています。

中国のミニPC・TV Box・周辺機器メーカーであるVORKEは中国の通販サイト「geekbuying」と同系列の会社(資本関係の詳細は...
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。2018年に入り、Jumper EZBook 3L Proを検証機として、中華ノートパソコン...

そのVORKEから、たぶん初となるノートパソコンが発売です。Mini-PC同様のコストパフォーマンスと品質に期待が高まりますが、どの様な仕上がりになっているのでしょうか。 まずは、スペックから確認していきましょう。

1.スペック

VORKE Notebook15-SpecSheet
CPUはKaby Lake Rのi5-8250Uを搭載しています。今となっては少し古めのものになりますが、同じCPUを使った製品は非常に多く、surface laptop 2やHUWEI MateBook D(2018)、ASUS VivoBook S15 S530UAなどがあり、ウインタブでも記事にしていますのでパフォーマンスの参考になると思います。

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はMicrosoft Surfaceシリーズのクラムシェルノート「Surface Lap...

同じ仕様でCPUをi7-4500U(これはかなり古いですね…)を乗せ、コストを抑えたモデルもラインアップしていますので、予算に合わせて選択するのも良いでしょう。 メモリーはここ最近スタンダードになりつつある8GBで、ストレージは256GB SSDを搭載。メインPCとして使うならせめて512GB位は欲しいところですが、価格を考えれば十分なスペックです。

VORKE-Notebook15-Fun

同じCPUを搭載していても放熱効果が高い方がパフォーマンスに優れる傾向にあるのは当然ですが、このVORKE Notebookは放熱効果の高いメタルボディーと高効率の冷却ファンが一つのセールスポイントのようです。これにより、CPUの性能をフルに発揮して(型落ちのCPUではありますが)スタンダードノートとして十分メインで使用できるスペックに仕上げていると言ってよいでしょう。

2/筐体

VORKE-Notebook15-1.78kg
本体の重さは1.78㎏と15.6インチのスタンダードノートとしては軽量の部類になりますね。フルメタルボディーで厚さ19mmとなかなかスタイリッシュでスリムに仕上がっています。この重さなら妥協のないフルスペックPCとしてモバイルに活用するのもありでしょう。

スポンサーリンク

ディスプレイはIPS FHDということで見やすくキレイな画面が期待できます。ベゼル幅は約5mmととなっており画面の左右と上のベゼルが非常にスリムになっています。カメラはベゼルに余裕のある画面下にあって、斜め下から映すアングルは鼻辺りが少し気になる所です。

VORKE-Notebook15-keyboard
キーボードはテンキーがあるタイプでしかもバックライト搭載です。ただ少し気になるのは、テンキーを含めたキーボードの中央にタッチパッドがあるので文字を入力する際にパッドに手のひらが乗ってしまうのではないかなという点。若干使いにくそうにも思えますが、実際に使って見ないとなんとも言えません。長文入力より表計算メインで数字をバリバリ入力する人ならテンキーがあるほうがメリットとして大きいかもしれません。

VORKE-Notebook15-spec
バッテリーは44Whrの容量があり長時間の使用を助けるとありますが、実稼働時間の記載がないのでどれ程の効果があるのかは読み取れませんでした。まあ、このサイズのノートPCなら常時電源を挿した使い方になると思うので問題はないかと思いますが、ギリギリ持ち歩ける位の重さに仕上がっているのでバッテリーだけでどれだけ持つかは気になる所です。

VORKE-Notebook15-port
このノートパソコンの魅力は、メインとしての使用に耐えうる入出力ポートの豊富さがあげられるでしょう。USB3.0と2.0で計4カ所に加えてType-CとHDMIがある充実ぶり。SDカードもフルサイズが使えそうです。 これなら、外部ティスプレイとキーボードを繋いでデスクトップPCの代わりとして使ってもいいのではないでしょうか。

3.価格など

VORKE Notebook 15は中国の通販サイト「Geekbuying」で販売中(Core i7-4500Uモデルはプレオーダー中)で、11月6日現在の価格はCore i5-8250Uモデルが479.99ドル(53,524円)、Core i7-4500Uモデルは11/9午前10時までのFlash Deals価格で409.99ドル(45,718円)となっています。

スペックを考えるとさすがVORKEとでも言いますか、非常にコストパフォーマンスの高いモデルです。CPUの世代が古いモデルもありますが、メインマシンとして十分なパフォーマンスを持っていると思われますから、フルメタルボディーでスタイリッシュなラップトップPCとしての魅力に加え、品質管理の良いメーカーという事もあり、非常に掘り出し物感があります。VORKE初のノートパソコンにしてスマッシュヒットも有りそうな気配がしますね。

4.関連サイト

VORKE Notebook 15 Laptop:Geekbuying

スポンサーリンク