ONEXPLAYER AMD版 - ストレージ2TB版が追加されました。とてもお得なキャンペーンも開催中!

ONEXPLAYER AMD版に2TBモデル追加
ONE-NETBOOK社の日本正規代理店、テックワンがゲーミングUMPC「ONEXPLAYER AMD版」にストレージ2TBのモデルを追加しました。PCゲームタイトルは容量100GBを越える重量級のものも多いので大容量ストレージ版が追加されたのは歓迎すべきことですが、それだけではなく、「発売記念キャンペーン」で本体価格が割引になるなどの特典もありまして、これがまた非常に魅力的です。

スポンサーリンク

なお、ONEXPLAYER AMD版についてはウインタブで紹介記事を掲載済みです。この記事では価格とキャンペーン情報に絞ってお伝えすることとしますので、製品詳細についてはこちらの紹介記事およびIntel版の実機レビュー記事をご覧ください。

ウインタブ紹介記事:
ONEXPLAYER AMD版 - 人気のゲーミングUMPCにRyzen 7搭載モデルが追加されました。価格も低く抑えられています
ウインタブ実機レビュー(Intel版):
ONEXPLAYERの実機レビュー - これってWindowsタブレットでは…?個性に溢れたゲーミングコンソール風Windows端末!

1.ONEXPLAYER AMD版 概要

スペック表

  ONEXPLAYER AMD
OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen 7 4800U
AMD Ryzen 7 5700U
外部GPU なし
RAM(メモリ) 16GB(LPDDR4x 4266MHz)
ストレージ 1TB/2TB M.2 SSD(PCIE3.0×4)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 8.4インチ(2,560 × 1,600)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB 3.2 Type-C × 2、USB 3.0、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ なし
バッテリー 15,300mAh / 58.9Wh
サイズ 288 x 130 x 21 mm
重量 819 g

バリエーションモデル

・Ryzen 7 4800U/16GB/1TB
・Ryzen 7 4800U/16GB/2TB(今回追加)
・Ryzen 7 5700U/16GB/1TB
※左からCPU/RAM/SSD

スポンサーリンク

コメント

ONEXPLAYER AMD版には2種類のCPU、Ryzen 7 4800UとRyzen 7 5700Uがあります。より新しいのはRyzen 7 5700Uのほうですが、ともにアーキテクチャは「Zen2」で、5700Uのほうがクロックスピードが高い、という以外は「劇的な差はない」とも言えます。実際、Passmarkが公表しているベンチマークスコアだと両者に差がないどころか、4800Uのほうが高いスコアになっています。

Ryzen 7 4800UとRyzen 7 5700U
これがPassmark公表値です(2月3日現在のもの)。また、一緒に記載しているRyzen 7 5800UはZen3アーキテクチャなので、より高いスコアになっています。なお、これはあくまでPassmarkという単一のベンチマークテストの結果なので、これをもって4800Uのほうが5700Uよりも高性能である、とは言えません。おそらく他のベンチマークテストでは5700Uのほうが高いスコアを記録しているものもあると思います。

で、今回「ストレージ2TB」が追加されたのは4800Uモデルのほうです。5700Uモデルには設定されていません。

2.キャンペーン内容

Ryzen 7 4800Uモデル、Ryzen 7 5700Uモデルとも、製品ページに10%OFFクーポンが用意されています。この結果、下記の価格で購入ができます。

Ryzen 7 4800U/1TB:136,620円
Ryzen 7 4800U/2TB:148,302円
Ryzen 7 5700U/1TB:148,302円
※10%OFFクーポン適用後の税込み価格

なお、Core i7-1195G7を搭載するONEXPLAYER 1Sにも10%OFFクーポンが出ており、こちらもRAM16GB/1TB SSDという構成で148,302円で購入可能です。セール価格のほう、4800Uモデルの1TB版については過去最安値には及びませんが、キャンペーンはこれだけではありません。Ryzen 7 4800Uモデル(1TB/2TB)のみの特典として

ONEXPLAYER キーボード
ONEXPLAYER キーボード
専用キーボード(カバー兼用、定価8,980円)がプレゼントされます。FPSゲーム用としてはもちろん、これがあれば本体に物理キーボードを内蔵していないONEXPLAYERがビジネスUMPCに早変わり(…いや、ちょっと言い過ぎか…)。超小型のデバイスを愛でるウインタブ読者には最高のプレゼントと言えるでしょう。たぶん、プレゼントされなくても普通にセット購入するであろうオプション品ですね。

キャンペーン期間は2月8日まで。世の中的には「第12世代(Alder Lake)だ、Ryzen 6000番台だ」という状況ではありますが、これら最新CPUがONEXPLAYERに搭載されるのはまだ先だと思いますし、この機会にお買い得なRyzen 7 4800U版を購入するのもいいんじゃないでしょうか。

3.関連リンク(ONE-NETBOOK公式サイト)

ONEXPLAYER AMD版 Ryzen 7 4800U 2TB版
ONEXPLAYER AMD版 Ryzen 7 4800U 1TB版
ONEXPLAYER 1S Intel版 (Core i7-1195G7)
ONEXPLAYER専用キーボード

スポンサーリンク