Onda OBook10 - デュアルブート版が追加され、価格も引き下げ!かなりいいかも?

Onda oBook 10
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回紹介する「Onda OBook10」については以前紹介記事を書いたことがあります。にもかかわらず再度記事にしているのは理由があります。ひとつは「デュアルブートモデルが追加」で、もうひとつは「価格が引き下げ」ということです。もともと中国タブレットの中でも割安感があったのですが、今回の変更(追加)で一段と魅力を増しました。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10、Windows 10 + Android 5.1
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,280 × 800)
ネットワーク:  802.11b/g/n、Bluetooth
カメラ: インのみ2MP
入出力: microUSB、microHDMI、DC電源アダプタ、オーディオ、microSD
     フルサイズUSB(キーボード側)
サイズ:
(タブレット) 25 x 16.48 x 0.8 cm / 重量 575 g
(キーボード) 25 x 17 x 1.5 cm / 重量 530 g
バッテリー: 6000mAh、最大稼働時間6時間
※キーボードは別売り

以前の紹介記事でも書きましたが、再度掲載します。スペック表を見るとCPUはCherryTrailのAtomですし、RAMは4GB、ストレージは64GBと十分な内容になっていて、中国タブレットとしてひとつだけ物足りない部分がディスプレイ解像度です。他の中国製品が1,920 × 1,200とか1,920 × 1,080になっていることが多いのでこの点は少しマイナスかな、と思います。でも後述しますがこれで2万円そこそこの価格なので、全然文句はないでしょう。

今回はOSに別バージョンが追加された、ということなのですが、デュアルブート機についてのニーズは人によって異なると思います。でもこの製品はシングルブート(Windows 10のみ)とデュアルブートを選べるようになっているのがうれしいところです。

2.筐体

Onda oBook 10 キーボード
この製品のセールスポイントは別売りのキーボードが用意されていることです。ヒンジがつき、タブレットと物理接続するタイプなので、日本でも人気のASUS TransBookシリーズやacer Aspire Switchシリーズによく似た感じになります。

ONDA oBook 10 キーボード接続
こんな感じで、デザインはいいほうだと思います。タブレット本体が575 g、キーボードが530 gということなので重量バランスもよく、キーボードを接続すればほぼ完全なノートPCとして使えそうです。画像を見る限り、ではありますが質感はかなりよさそうですね。Onda製品はこのへんのツボをしっかり押さえているように思います。

スポンサーリンク

Onda oBook 10 ディスプレイモード
もちろんこのようにタブレットとキーボードの接続のしかたを変えれば「4つのスタイル」も可能になります。

Onda oBook 10 ポート類
入出力ポート類の配置です。本体についているポートはすべてmicro規格になってしまいますが、キーボード側にフルサイズのUSBポートが用意されています。USB 3.0規格ではありませんが実用性は十分、と思います。

3.価格と発売時期

Onda oBook 10は中国の通販サイト「GEARBEST」でシングルブートモデルは販売中、デュアルブートモデルはプレセール(予約販売)中となっていて、プレセール終了は3月19日の予定なので、配送はそれ以降になります。価格はシングルブートモデルが169.99ドル(20,696円)、デュアルブートモデルが178.89ドル(21,780円)です。また、別売りのキーボードは39.19ドル(4,771円)となっています。価格は時期によって多少変動すると思いますが、この記事を書いている時点でシングルブートモデル+キーボードで25,467円、デュアルブートモデル+キーボードで26,551円なので、「さすが中国タブレット!」といっていいくらいに安いですね。

Onda oBook 10 天板
個人的にOnda製品は筐体の質感も高く、「日本人受けしそう」だと感じています。製品の信頼性や万一の際の保証など、日本向けの製品よりも心配な部分というのは確かにありますが、これだけの内容かつTransBookなどと比較してここまで価格差が大きいのであれば真剣に考えてもいいかもしれませんね。

4.関連リンク

Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC:GEARBEST
Onda Obook10 Keyboard:GEARBEST

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ちょっと持ち上げすぎではないでしょうか? 被害者が出ないことを祈ります。

    まず、asusと比較していますがキーボードは日本語対応ではないですよね。
    osは完璧に日本語バージョンになるのでしょうか?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントの返信が遅れてすみません。「中国タブレットはPC知識がない人、日本語キーボードしか使えない人、OSに中国語とか英語が残ってしまうのが嫌な人は買わないほうがいいです」くらいの注意書きが必要ですかねえ。

  2. 匿名 より:

    以前にこちらでobook10+キーボードを知りgearbest経由で購入したとき
    はありがとうございました>管理人さん
    特に問題なく‥といえば語弊がありますが、個人的には全然問題なく使用
    しております。メイン機はMacなのでほぼゲーム専用機ですが。。

    >OSは完璧に日本語バージョンに、、
     日によってログインパスワードを求められる欄に中国語の日と
     カタカナの日があったりします(笑)
     自分の設定が悪いのかなぁと思っていますが、たいした事ではないので
     放置しています。
     ですが、メールが読めない(文字化け)とか、そんなレベルの事は
     ありませんよ。

    >キーボードは日本語対応ではない、、
     日本語OSを入れていますが、入力はローマ字入力なので全く問題ないです。
     むしろ、私は英語キーボードを昔から好んで使っていましたので
     そう思うのかもしれませんが。

     購入した年始に比べて、若干円安なので割高な感じになりますね〜

    • wintab より:

      こんにちは、フォローコメントありがとうございます。また、返信が遅れてすみませんでした。中国タブレットの場合、日本製品と同一の品質、というのはなかなか難しいですね。「特に問題なく‥といえば語弊がありますが」というところ、中国タブレットを使ったことのある人なら同意できる表現ですねw

  3. 匿名 より:

    すみません 追加です。
     私のだけかもしれませんが、キーボード部のヒンジが120度くらいしか回転
     しません。思い込みで360度するのかな、、と思ってましたけど。

     トップの画像をよくみるとわかるのですが、接続部とモニタ部浮いてます。
     しかも若干ナナメってる。
     モニタ側とキー側を合わせると磁力?でカチャンと嵌る感じなのですが
     逆の画像のようにすると、反発するのです。

     自分にはキーボードいらなかったかな(笑
     BTキーボードでイライラするのがイヤだったのですけどね。